充電のやり方、間違えてませんか?iPhoneバッテリーの寿命が縮む…

iPhoneバッテリー寿命

「自宅や会社にいるときは常に充電ケーブルをiPhoneに差して充電100%にして、その状態で使用している」

これが私のスマホの利用スタイルですが、このやり方は間違っており、私は自分の無知から「iPhoneバッテリーの寿命を縮めていた」のです…。

iPhoneショップの店員さんに聞いた「iPhoneバッテリーの寿命を延ばす」正しい充電のやり方をまとめましたので、是非あなたも間違った充電方法で「バッテリーの寿命を縮めていないか?」今すぐ確認してみて下さい。



■充電のやり方を間違えると…iPhoneバッテリーの寿命が縮む

iPhoneバッテリー寿命

実は、今まで私は充電のやり方を間違えていました。

先日、iPhoneショップに行った際に店員さんに「正しい充電のやり方」を教えてもらったんですが、その方法が私のこれまでの「充電方法」とは真逆で、バッテリーの寿命を縮めていた…。という事に気づいたんです。

友人に話したところ、やはり友人も誤解をしていたので、実は結構「正しい充電のやり方」を知らずにバッテリーの寿命を縮めている人が多いのでは…?と思い、備忘録もかねて記事にまとめることにしました。

■iPhoneショップ店員さんに教わった「正しい充電のやり方」

まず、そもそも私の

「自宅や会社にいるときは常に充電ケーブルをiPhoneに差して充電100%にして、その状態で使用している」

というやり方は間違った充電方法でした…。

iPhoneショップの店員さんから聞いた「正しい充電のやり方」はこうです。

  • 充電100%にこだわる必要は無い
  • 逆に、バッテリー残量が80%~20%の状態で利用する方が良い
  • 充電しながらの使用はできるだけ避ける

つまり、

  • 自宅や会社にいても iPhone を充電する必要は無く、20%近くまでバッテリー残量が減ったら充電する
  • 充電中は できるだけiPhoneを使用しない
  • 80%ぐらいまで充電したら、充電をやめる

基本的にこのような運用をするのがiPhoneバッテリーに優しく、長持ちさせる充電方法という事でした。

もちろん、これからしばらく外出で充電する時間がないかも…という時は、100%の満タン状態にして外出する。など状況に応じて判断すれば良いわけで、100%が絶対ダメ。という訳ではありません。との事でした…。

■ iPhoneは熱に弱い…

あと、もう1つ重要な事。として教えてもらったのが「iPhoneは熱に弱い…」という事…。

iPhoneは温度が高い状態だとバッテリーが劣化しやすく、バッテリーの寿命を縮めることになるそうです。

それなのに…。私は…、

「夏の高温になった車内に何度もiPhoneを置き忘れた事があります…」

車に置き忘れたiPhoneは、持てないぐらい高温でチンチンになっていて、勝手にシャットダウンされていました…。

今年の夏は、これで相当…iPhoneバッテリーを劣化させてしまいました…。最悪ですね…。反省です。

【まとめ】正しい充電方法でiPhoneバッテリーの寿命を延ばす!

私はいつも「自宅や会社にいるときは常に充電ケーブルをiPhoneに差して充電100%にして、その状態で使用」していました。

しかし、それが「iPhoneバッテリーの寿命を縮めていた」なんて夢にも思いませんでした…。

これからiPhoneは、

  • 20%近くまでバッテリー残量が減ったら充電する
  • 充電中は、できるだけiPhoneを使用しない
  • 80%ぐらいまで充電したら、充電をやめる

このルールに沿って、iPhoneバッテリーに優しい・長持ちさせる充電方法を実践していきたいと思います。

あと「iPhoneは熱に弱い…」ので、もう絶対に車内にiPhoneを置き忘れるような事はしません!

■ iPhoneバッテリー関連記事

  • 「最近、バッテリーがへたってきたんだよね…どうしよう…」
  • 「まだまだ今の iPhone 使いたいし、バッテリー交換しようかな…」

という方は、「バッテリー交換」が年内なら3,200円(2019年1月1日からは、3,200円から5,400円へ値上げ)なので早目にバッテリー交換するのがおすすめです。
 → iPhoneバッテリー交換費用が2019年1月1日から値上げ!

iPhoneバッテリー交換費用が2019年1月1日から値上げ!

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*