トランプ大統領がアメリカの利上げ反対発言で円高ドル安へ

アメリカ利上げ

トランプ米大統領が「連邦準備制度理事会(FRB)が利上げをやめることを望む」と発言したことを受け、為替相場は円高ドル安に反応。113円台から112円前半へ大きく下落しました。



トランプ大統領がアメリカの利上げ反対発言で円高ドル安へ

ドナルド・トランプ米大統領は19日、連邦準備制度理事会(FRB)が利上げをやめることを望む、との考えを示した。米国の大統領がFRBに注文をつけるのは異例の事態。トランプ氏は同日のCNBCテレビとのインタビューで「それ(利上げ)はうれしくない」と語った。

この発言を受け、為替増場は円高ドル安に反応。113円台から112円前半へ大きく下落。

FRBは今年に入り、3月と6月の2度にわたり利上げを実施。政策金利の誘導目標を1.75~2.00%に引き上げた。さらに年内に2回の追加利上げを想定している。2月にFRB議長に就いたジェローム・パウエル氏は、トランプ氏が昨年11月に指名しています。 

トランプ氏、FRBに異例の注文 利上げ「うれしくない」

ドナルド・トランプ米大統領は19日、連邦準備制度理事会(FRB)が利上げをやめることを望む、との考えを示した。米国の大統領がFRBに注文をつけるのは異例の事態。

 トランプ氏は同日のCNBCテレビとのインタビューで「それ(利上げ)はうれしくない」と語った。

 FRBは今年に入り、3月と6月の2度にわたり利上げを実施。政策金利の誘導目標を1.75~2.00%に引き上げた。さらに年内に2回の追加利上げを想定している。2月にFRB議長に就いたジェローム・パウエル氏は、トランプ氏が昨年11月に指名している。

 中銀当局者は長年、FRBは政治的圧力から無縁であるべきだと主張してきた。1993年には当時のクリントン政権の高官が、FRBの判断に表立って異議を唱えないという規則をホワイトハウス内で定めた。このルールは続くジョージ・W・ブッシュ政権とバラク・オバマ政権でもおおむね継承された。

 だがトランプ氏はこの日のインタビューで、金融政策について発言して暗黙の決まりを破ることなど「全く構わない」と語った。パウエル議長については「好人物」だと話した。

 ジョンソン政権がウィリアム・マクチェスニーFRB議長に、ニクソン政権がアーサー・バーンズFRB議長に、それぞれ金融緩和政策の採用を迫ったことが1970年代のインフレの要因だとされている。

 パウエル議長は指名が確認されてからトランプ氏と言葉を交わしていない。先週にはアメリカ公共メディア(APM)のラジオ番組「マーケットプレース」で、ホワイトハウスからの政治的圧力は心配していないとしたうえで、「われわれにはあらゆる政治的関心から独立して政策を実行してきた長い伝統がある。FRBは詳細な分析に基づき、厳密に政治色のない方法で作業を行う。それを透明性のある形で記録する」と語った。さらに、この非政治的な姿勢は「FRBのDNAに深く根ざしている」と述べた。

出典:Dow Jones(THE WALL STREET JOURNAL)

■ドル円チャート日足 レンジ相場から9月上旬に114円予想

下のチャートを見て下さい。
例題として教科書に載りそうなぐらいの見事なレンジ相場!

下値が、

  • 2017年4月17日「108.133」
  • 2017年9月8日の「107.321」

と刻んだと、計3度114円台をつけています。

2018年1月からの円高ドル安相場の原因は、

  • アメリカの税制改革
  • ムニューシン アメリカ財務長官のドル安容認発言
  • 麻生財務相の円高容認発言

となっています。

まだ底値は分かりません。もしかしたら、円高ドル安のトレンドがまだ続き、再び106円、105円をつける可能性もありますが、いずれにしてもその後の反動が期待でき、9月上旬には114円を目指すレンジ相場の展開が予想されます。

110円台から円安ドル高へのトレンド転換がみられたら、ドル買いを狙ってみるのが良いかもしれません。

ドル円チャート

今後は底値からの反転が予想され、目先のレンジ相場から、9月上旬に向かって114円を目指す展開が予想されます。チャートから見てもレンジ相場の中でトレンドがドル高円安に向かうと予想され、今後のドル円は上昇の動きに注目です。

【まとめ】トランプ大統領がアメリカの利上げ反対発言で円高ドル安へ

トランプ米大統領が「連邦準備制度理事会(FRB)が利上げをやめることを望む」と発言したことを受け、為替増場は円高ドル安に反応。113円台から112円前半へ大きく下落しました。

 

【追記】2018年8月21日

再びトランプ大統領が「利上げ反対」発言でドル円は109円台へ下落しました。

 → トランプ大統領がFRBの利上げに不満表明でドル109円台に下落へ

トランプ大統領がFRBの利上げに不満表明でドル109円台に下落へ

■ドル円 関連記事

「ドル円」関連記事まとめ(今後のドル円の見通しと為替予想)

 → 円安ドル高いつまで続く?上昇相場7年の法則が2018年で終息?

 → 円高ドル安いつまで続く?チャートからドル高への反転を予想

 → 来週のドル円予想 米利上げ観測でドル高トレンドへ転換か?

 → 2018年のドル円見通しは120円越え?その理由と予想レンジは?

 → アメリカ経済の今後はどうなる?2018年の景気動向をズバリ!

 → アメリカ利上げいつ?2017年12月利上げ後、次の利上げは3月?

 → いつ利上げ?アメリカ、ユーロ、イギリス利上げ時期に注目

 → FRBバランスシート縮小で円安ドル高の為替相場へ

■ FRB、FOMC、アメリカ利上げ 関連記事

 → 2018年のアメリカ利上げ時期はいつ?6月のFOMCでFRBが決定?

 → いつ利上げ?アメリカ、ユーロ、イギリス利上げ時期に注目

 → FRBバランスシート縮小で円安ドル高の為替相場へ

 → 米FRB「資産縮小計画」テーパリングで短期金利を引き上げへ

 → 2018年のアメリカ利上げは3回or4回?次回利上げ時期は9月か?

 → 【注目】FOMC利上げ後には円高ドル安が進むジンクスあり

 → 米FRBによる利上げは2018年6月FOMCで決定。次は9月と予想

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → ポンドドル中長期見通し ポンドドルをおすすめする2つの理由

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*