ハリケーンフローレンス現在の規模と大きさ、勢力はどのくらい?

ハリケーンフローレンス勢力

ハリケーン フローレンスが現地時間14日(金)朝7時にノースカロライナ州に上陸しました。

現在のフローレンスの規模と大きさ、勢力、今後の進路についてまとめました。



■フローレンス現在の勢力と大きさは?

フローレンスの勢力は5段階で最も小さい「カテゴリー1」と、週初の「カテゴリー4」から弱まって上陸。最大風速は42メートル。

国際宇宙ステーション(ISS)から見ても圧倒される大きさで、NHCによると直径は約400マイル、つまり直径645キロ。なんと!東京から青森県までの距離に近い。

ハリケーンフローレンス64年ぶり

17日現在は勢力を弱め、熱帯低気圧になっています。

■被害の規模はどのくらいになる?

米国立気象局(NWS)の気象予報士はノースカロライナ州について、2~3日間で最大8か月分の降雨量を記録すると予想しています。

既に、サウスカロライナ、ノースカロライナ両州では豪雨や突風が発生しており洪水の被害も出ています。ノースカロライナ州のクーパー知事は記者会見で、「歴史的」な規模であることから、州のほとんが冠水する可能性があると警告しました。フローレンスの影響は約1000万人に及ぶ可能性があるとされています。

 → ハリケーン「フローレンス」生命に危険を及ぼす暴風雨と洪水の恐れ…

ハリケーン「フローレンス」生命に危険を及ぼす暴風雨と洪水の恐れ…

■フローレンス今後の進路は?

ハリケーンフローレンス

 ※出典:NATIONAL HURRICANE CENTER

ハリケーンフローレンスの最新の進路予想では、サウスカロライナ州に上陸後、進路を北北東に変更し、現地時間18日にはペンシルベニア州、ニューヨーク州を通過する進路をとると予想されています。

 → ハリケーン フローレンスの進路予想が急変!今後ニューヨークを通過?

ハリケーン フローレンスの進路予想が急変!今後ニューヨークを通過?

 

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*