ハリケーン「フローレンス」最新情報【9月20日】今後の進路は?

ハリケーンフローレンス

「フローレンス」は現在、ハリケーンの強さを示す5つの段階のうち、2番目に強い「カテゴリー4」から「カテゴリー1」に弱まり、現在は熱帯低気圧になっています。しかし依然として破壊力があり、洪水のリスクが高いとして警戒を強めています。

「9月14日」に予想通り東海岸に上陸しました。今後の進路についてまとめました。



■9月14日に上陸 今後の進路は?

ハリケーンフローレンス

 ※出典:NATIONAL HURRICANE CENTER

米東部時間の9月13日午後8時の時点では最大風速63メートルで、ハリケーンの強さを示す5つの段階のうち、2番目に強い「カテゴリー4」から現在は「カテゴリー2」でした。進路はノースカロライナ州の南東160キロの海上をゆっくり北西に。

9月13日にハリケーン直撃が予想されているエリアは、南部の、

  • バージニア州
  • ノースカロライナ州
  • サウスカロライナ州

大規模な洪水や氾濫への警戒がでていました。

 → ハリケーン「フローレンス」生命に危険を及ぼす暴風雨と洪水の恐れ…

ハリケーン「フローレンス」生命に危険を及ぼす暴風雨と洪水の恐れ…

■9月18日にニューヨークを通過

しかし、最新の進路予想では、サウスカロライナ州に上陸後、進路を北北東に変更し、現地時間18日にペンシルベニア州、ニューヨーク州を通過する進路をとりました。19日は再び大西洋に進路をとる予定です。

トランプ米大統領はツイッターで「東海岸の人々へ。ひどい嵐になりそうだ。十分な備えをしてください」と訴えました。

 → ハリケーン フローレンスの進路予想が急変!今後ニューヨークを通過?

また、トランプ大統領はフローレンスの影響を考慮し、14日にミシシッピ州ジャクソンで予定の遊説を中止しました。

■避難命令が発動

  • ノースカロライナ州では 約25万人 125万人に対し避難命令
  • サウスカロライナ、バージニア両州を併せると170万人以上に避難命令

避難命令後、既に高速道路では避難する車で渋滞が出始めています。町を脱出する住民のためにハイウェーは各所で一方通行となっています。

1週間ほどの衣服や飲食物を積んで家族とともに非難する車もあります。近隣のスーパーなどでは飲料水を中心に在庫不足に。

■「フローレンス」は「カトリーナ」を上回る?

現在、フローレンスは5段階で2番目に強い「カテゴリー4」の勢力で西北西に進んでいます。 今後、さらに強力な最大の「カテゴリー5」に強まる可能性があります。 上陸時には「カテゴリー1」に弱まっていました。

国際宇宙ステーション(ISS)から見ても圧倒される大きさで、NHCによると直径は約400マイル、つまり直径645キロ。なんと!東京から青森県までの距離に近い。

ハリケーンフローレンス64年ぶり

2005年に米本土を襲い、1800人が死亡する最悪の被害を出したハリケーン「カトリーナ」の上陸時の勢力は「カテゴリー3」でした…。もし「フローレンス」が「カテゴリー4」で上陸した場合、これを1段階上回る強さになります…。

 → ハリケーン「フローレンス」は64年ぶりの超大型?記録的な被害の恐れ…

■過去のハリケーン被害は…?

アメリカでは2017年8~9月に大型ハリケーン「ハービー」「イルマ」「マリア」が南部を直撃。洪水被害などで多くの犠牲者が出たほか、ガソリンの高騰や多くの車両被害につながっています。

米国立ハリケーンセンターの試算によると、過去にアメリカを襲ったハリケーンの被害総額上位は、

  • 2005年 ハリケーン「カトリーナ」被害総額1100億ドル(約12兆円)
  • 2012年 ハリケーン「 サンディ」被害総額710億ドル(約8兆円)
  • 2017年 ハリケーン「ハービー」被害総額1900億ドル(約21兆円)※全米史上最高

となっています。

 → 過去のアメリカの大型ハリケーン被害総額・死亡者数まとめ

過去のアメリカの大型ハリケーン被害総額・死亡者数まとめ

また、ハリケーンによる死者数では、2017年9月にアメリカ自治領プエルトリコを襲ったハリケーン「マリア」の死者数が約3000人になるという発表があり、過去最大のハリケーン「カトリーナ」でなく「マリア」となることが判明しました。

 → ハリケーン「マリア」の死者数は約3000人

過去最大のハリケーン「マリア」の死者数は約3000人

■フローレンスに続き「ヘレン」と「アイザック」「ジョイス」も発生?

ハリケーンヘレンアイザックジョイス

 ※出典:NATIONAL HURRICANE CENTER

また、フローレンスに続き、「ヘレン(HELENE)」と「アイザック(ISAAC)」「ジョイス(JOYCE)」もハリケーンに発達しています。

しかし、NHCによると、アイザックは現在最大風速30メートル強で、カリブ海のウィンドワード諸島近辺を進行中。ヘレンはアフリカのカーポベルデに向け進路を取っており、アメリカに上陸する可能性は低いとのこと。

 → ハリケーン フローレンスに続きアイザック、ヘレン、ジョイスも発生…

ハリケーン フローレンスに続きアイザック、ヘレン、ジョイスも発生…

【まとめ】ハリケーン「フローレンス」今後の進路予想は?

直撃が予想されるアメリカ南部のノースカロライナ州などで非常事態宣言が発令され125万人に避難命令が出ており、既に10日から沿岸住民の避難が始まっていました。

14日(金)の上陸から16日(日)までのおよそ3日間で、サウスカロライナ州では記録的大雨が続き洪水被害が各地で起きています。

18日(火)にペンシルベニア州、ニューヨーク州を通過し、19日(水)には再び大西洋に進路をとる予定です。

■ハリケーン被害総額は…?

また、ハリケーン「フローレンス」の被害総額は最大で270億ドル(約3兆円)に上ると予想されています。今後のダウ平均やドル円為替相場への影響がどうなるのか?まとめました。

 → ハリケーン「フローレンス」被害額予想は3兆円!ダウやドル円の影響は?

ハリケーン「フローレンス」被害額予想は3兆円!ダウやドル円の影響は?

 → 大型ハリケーン上陸で為替はどうなる…?ドル円は円高ドル安傾向あり

■過去のハリケーン被害は…?

 → ハリケーン「ハービー」被害額は?ダウやドル円為替の影響は?

 → 【速報】ハリケーン「イルマ」被害額?ダウやドル円為替影響は?

 → ハリケーン「イルマ」死者23人に 10日にフロリダ州上陸

 → ハリケーン「ハービー」被害総額は全米史上最高21兆円と予想

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*