ハリケーン「ハービー」被害額は?ダウやドル円為替の影響は?

ハリケーン被害

アメリカテキサス州湾岸部を直撃した大型ハリケーン「ハービー」の被害額は「ここ最近のどのハリ ケーンよりも、はるかに大きくなる公算が大きい」「最も深刻な洪水被害を受けている一部地域は住宅 密集度が非常に高い。そのため、財産や自動車の損害が非常に大きいと見込まれる」と言われています。

アメリカを襲ったハリケーン「ハービー」による被害額は?ダウ平均やドル円為替相場への影響はどうなるのか?まとめました。

【追記】2017年9月11日



ハリケーン「ハービー」被害総額は史上最大1900億ドル(約21兆円)予想

ハリケーン「ハービー」の被害総額は全米史上最高となる最大1900億ドル(約21兆円)に達するとの予想を米ワシントンポスト紙は報じました。

その規模は、12年前にジャズ発祥地ニューオリンズを襲った大型ハリケーン「カトリーナ」の史上最高の被害総額1100億ドル(約12兆円)を超えるとのことです。

09月09日 08時25分 【Market Winコラム】米自動車販売10万台超の復興需要

12年前にジャズ発祥地ニューオリンズを襲った大型ハリケーン「カトリーナ」の史上最高の被害総額1100億ドル(約12兆円)を今回の「ハービー」が凌駕し史上最大1900億ドル(約21兆円)に達するという。

だがかつてUSTR次席代表を務めワシントンに幅広い人脈を有する在NY金融筋は「大型ハリケーン『ハービー』が、債務上限問題で膠着状態のワシントン政治を突き動かし政府機関閉鎖とデフォルトを回避、減少が懸念された自動車販売が最低10万台以上の復興特需により販売増が見込まれる等米景気押し上げ要因となろう」と「災い転じて福」と解説する。

「ハービー」は8月25日深夜にテキサス州沿岸部に上陸し、沿岸部やヒューストンへの記録的豪雨を伴って大規模な洪水被害をもたらした。短期的には企業業績にも影を落とす。米テキサス州ヒューストンの空港閉鎖を受け航空大手ユナイテッド・コンチネンタルは6日、約7400便の欠航等が収益を圧迫するとして7-9月期の業績見通しを下方修正した。日用品大手ニューウェル・ブランズもこの日、17年12月期の1株利益見通しを引き下げた。

今後、判明する損害などを含め米ワシントンポスト紙は「ハービー」被害総額は最大1900億ドル(約21兆円)に達するとの予想を報じた。降水量や被害地域がカトリーナを凌ぐ他、全米第4の大都市を襲ったことも被害を拡大させた。ちなみに、カトリーナの被害総額は1110億ドル(約12兆円)だった。

出典:Dow Jones 

 

【追記】2017年9月14日

ハリケーン「ハービー」被害総額は最大1080億ドル(約12兆円)に修正予想

ムーディーズの推計によれば、ハービーの経済損失は860億~1080億ドル(約9兆5000億~11兆9000億円)で、中央値は970億ドル。一方、イルマの損失は580億~830億ドル、中央値は705億ドルと見込まれている。

同社の分析によると、ハービーは住宅や商業不動産への損害がはるかに大きかったため、被害額も膨らんだ。

09月14日 05時47分 DJ-ハリケーンの経済損失、「ハービー」の方が甚大=調査会社 

 ムーディーズ・アナリティックスによると、大型ハリケーンによる米国経済への打撃は10日にフロリダ州に上陸した「イルマ」より、先月にテキサス州ヒューストン一帯に大規模な水害をもたらした「ハービー」の方が大きいもようだ。

 ムーディーズの推計によれば、ハービーの経済損失は860億~1080億ドル(約9兆5000億~11兆9000億円)で、中央値は970億ドル。一方、イルマの損失は580億~830億ドル、中央値は705億ドルと見込まれている。

 同社の分析によると、ハービーは住宅や商業不動産への損害がはるかに大きかったため、被害額も膨らんだ。一方、経済生産への影響はイルマの方がやや大きかった。イルマは、避難者数がハービーより多く、米南東部では依然として数百万に上る世帯が停電に見舞われている。

出典:Dow Jones 

 

アメリカハリケーン「ハービー」被害額は?ダウ平均やドル円為替相場の影響は?

米テキサス州湾岸部を直撃した大型ハリケーン「ハービー」は米国に経済損失をもたらすことになるが、具体的な被害額は洪水の範囲が今後どの程度拡大するかに左右される。ムーディーズ・アナリティックスのシニアエコノミスト、アダム・カミンズ氏は「損害はここ最近のどのハリ ケーンよりも、はるかに大きくなる公算が大きい」と指摘。「最も深刻な洪水被害を受けている一部地域は住宅密集度が非常に高い。そのため、財産や自動車の損害が非常に大きいと見込まれる」と述べ過去最大規模の被害額になると予想しました。

08月29日 12時13分 DJ-【焦点】ハリケーン「ハービー」、損失は数百億ドルに

米テキサス州湾岸部を直撃した大型ハリケーン「ハービー」は米国に経済損失をもたらすことになるが、具体的な被害額は洪水の範囲が今後どの程度拡大するかに左右される。

 ハービーの直接的な脅威が去り、あふれた水が引いても、被災地では数百億ドルの物的損害に向き合わなければならないほか、米国最大級の製油所の一部では生産が阻害され、数百万人の労働者の仕事にも支障が及ぶことになる。

 ムーディーズ・アナリティックスのシニアエコノミスト、アダム・カミンズ氏は「損害はここ最近のどのハリ ケーンよりも、はるかに大きくなる公算が大きい」と指摘。「最も深刻な洪水被害を受けている一部地域は住宅 密集度が非常に高い。そのため、財産や自動車の損害が非常に大きいと見込まれる」と述べた。

 また、湾岸部には大規模な製油施設が集中しているため、米国経済全般に影響が及ぶ可能性がある。テキサス州コーパスクリスティとヒューストン、ルイジアナ州レイクチャールズの3カ所の製油所が米国の石油精製能力全体に占める割合は約30%に上る。

 ムーディーズによると、1日当たり約200万バレルの製油能力(米国全体の約10%)が現在、稼働していない状態にある。製油所がいつ再開できるかは、プラントや港が甚大な洪水被害に持ちこたえられるかどうかにかかっている。しかし、被災地以外の地域の製油所が生産を拡大し、減少分を相殺できる可能性もある。

 28日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)では、ガソリン先物が前週末比7セント高の1ガロン=1.74ドルに上昇した。ガソリン価格の上昇は消費者購買力を損なうことになるが、影響は一時的なものにとどまる公算が大きい。

 調査会社S&Pグローバル・プラッツ傘下の分析会社PIRAエナジーの国際石油担当マネージングディレクター、リック・ジョスウィック氏によると、ガソリン価格は通常、大型暴風雨の被害から2週間以内に1ガロン当たり20~80セント上昇し、ピークに達することが多い。そして大抵の場合、2~4週間で暴風雨前の水準か、それをやや下回る水準に戻るという。

 ジョスウィック氏は「ガソリン価格は今後2週間ほどで同程度に上昇し、ピークに達する見通しだ」と述べた

 暴風雨で最も痛手が大きいのは保険会社と住宅などの資産所有者だ。ムーディーズの暫定試算によると、ハー ビーによる財産被害額は300億~400億ドル(約3兆2600億~4兆3500億円)になる見通し。カミンズ氏は、こうし た初期の推定値は被害の拡大状況によって大幅に変わる可能性があると警告した。

 一方、米国立ハリケーンセンターの試算によると、2008年にテキサスとルイジアナ両州を襲ったハリケーン「 アイク」と2005年に米南東部を直撃したハリケーン「リタ」の被害額はそれぞれ約290億ドルと120億ドル。2005 年に米南東部を襲ったハリケーン「カトリーナ」の被害額は1000億ドルを超えており、ムーディーズの試算が正 しければ、ハービーの被害額はそれを大幅に下回る見通しだ。また、2012年に米北東部を直撃したハリケーン「 サンディ」の被害額は推定710億ドル。

 ハービーの経済的影響のほとんどはヒューストン周辺に集中しそうだ。同地域は米国で4番目に大きい大都市経済圏で、約310万人の労働者が1年間の経済活動で生み出す付加価値は5000億ドルを超える。

 ヒューストンやその他テキサス州の住民がどのくらいの期間、店舗の閉鎖や職場の業務停止・立ち入り不能に対処しなければならないかはまだ不明だが、ムーディーズの試算によると、今後数週間の生産損失額は60~80億ドルになる見通し。これは、19兆ドルを超える米国内総生産(GDP)のごくわずかを占めるにすぎない。

 最大級の暴風雨でも通常、米経済全般に恒久的なダメージをもたらすことはない。これは、暴風雨によって建設ブームが誘発され、数万人が清掃や復興業務に雇用されることが一因だ。経済成長の指標となるGDPには財産被害は計上されないが、復興活動で生み出される付加価値は計上されるため、暴風雨後のGDPは拡大することがある。

 他の経済指標は向こう数週間は影響を受ける可能性がある。過去のハービー級の暴風雨では、最初の数週間は失業保険の申請件数が増加することがあった。例えば、カトリーナの発生後には、失業保険の申請件数が1週間当たり10万件も増加したが、その水準は長くは続かなかった。

 JPモルガン・チェースのエコノミスト、マイケル・フェローリとダニエル・シルバーの両氏はメモで、停電の影響が現れる工業生産統計のほか、個人消費統計にはハービーの影響が現れる可能性があると述べた。

 時間給労働者にとっては、所得の損失が大きくなる可能性がある。労働省のデータによると、被災地に認定されたテキサス州の郡では約400万人を雇用しており、その四半期の賃金総額は約580億ドル、週当たり約45億ドルに上る。

出典:Dow Jones

 

【追記】2017年8月31日

08月30日 22時13分 米ハリケーン、総雨量が観測史上最多か、死者は30人=朝日

朝日新聞によると、米国立気象局(NWS)は29日、米南部を直撃したハリケーン「ハービー」による降り始めからの総雨量が、米本土に達したハリケーンとして観測史上最多となった可能性が高いと発表した。

テキサス州にある全米第4の大都市ヒューストンなどで深刻な冠水被害が起きており、ニューヨーク・タイムズ紙によると、死者は少なくとも30人になった。
NWSの予備データによると、州の一部で降雨量が1317ミリに達し、それまでの最高の1219ミリ(1978年)を超えた。

出典:FXニュースレター

 

【追記】2017年9月1日

09月01日 17時10分 「ハービー」の洪水被害は最大370億ドル、米情報分析会社=ロイター 

ロイター通信によると、米南部を25日に直撃した大型ハリケーン「ハービー」に伴う洪水被害は、保険付きと無保険の損害を合計すると250億─370億ドルに上る見通しだ。米情報分析会社コアロジックが1日、試算を明らかにした。

テキサス州とルイジアナ州で発生した洪水による被害のうち、保険付きの財物損害は65億─95億ドル前後になるという。コアロジックは、ハービーによる洪水被害の70%は保険でカバーされていないとした。

出典:FXニュースレター

 

【追記】2017年9月6日

09月06日 07時25分 米に再び大型ハリケーン、フロリダ州など非常事態宣言

 米ハリケーンセンターは、カリブ海の大型ハリケーン「イルマ」が6日にも米自治領プエルトリコ付近を通過するとの予想を発表した。週末には米本土の南部フロリダ州に上陸する可能性があるという。
 イルマの勢力は5段階中、最大の「カテゴリー5」に分類され、プエルトリコやフロリダ州などは非常事態宣言を発令し、住民に避難を求めている。

出典:FXニュースレター

 

【追記】2017年9月7日

09月06日 09時15分 大型ハリケーン「イルマ」、米南部接近へ、フロリダ非常事態宣言=ロイター

ロイター通信によると、米国立ハリケーン・センター(NHC)は5日、カリブ海の大型ハリケーン「イルマ」が同日夜から6日朝にかけて米自治領プエルトリコ付近を通過するとの予想を発表した。週末までには米南部フロリダ州に上陸する可能性があるという。

NHCはイルマを5段階中最強の「カテゴリー5」に引き上げ、プエルトリコの東に位置するリーワード諸島、米領バージン諸島、英領バージン諸島、プエルトリコ、ドミニカ共和国に暴風と豪雨、高潮への警戒を呼び掛けた。

フロリダ州のスコット知事は非常事態を宣言。トランプ大統領にも「上陸前」の非常事態宣言を発令するよう求めたことを明らかにした。

出典:FXニュースレター

 

【追記】2017年9月8日

09月07日 18時17分 大型ハリケーン「イルマ」 死者8人に=NHK 

NHKニュースによると、カリブ海では大型のハリケーン「イルマ」の影響で、周辺の地域で死者が出るなど大きな被害が出ている。ロイター通信などによると、これまでにカリブ海の島で少なくとも8人が死亡した。今後、カリブ海諸国や先週ハリケーンの被害にあったばかりのアメリカでも被害が拡大するおそれがあり、警戒が続いている。

「イルマ」は現在、ハリケーンの強さを示す5つの段階のうち、最も強い「カテゴリー5」に発達し、今後、カリブ海のハイチやキューバを通過して、日本時間の週明けとなる11日未明には、アメリカ南部のフロリダ州に到達する見込み。

出典:FXニュースレター

【まとめ】アメリカハリケーン「ハービー」被害額は?ダウ平均やドル円為替相場の影響は?

米国立ハリケーンセンターの試算によると、2008年にテキサスとルイジアナ両州を襲ったハリケーン「 アイク」と2005年に米南東部を直撃したハリケーン「リタ」の被害額はそれぞれ約290億ドルと120億ドル。また、2012年に米北東部を直撃したハリケーン「 サンディ」の被害額は推定710億ドル。

12年前の2005 年にジャズ発祥地ニューオリンズを襲った大型ハリケーン「カトリーナ」の被害額は史上最高の被害総額1100億ドル(約12兆円)を超えていました。ムーディーズの試算が正しければ、ハリケーン「ハービー」の被害額はそれを大幅に下回る見通しでした。

しかしながら、9日に報道された米ワシントンポスト紙の最新情報によると、ハリケーン「ハービー」の被害総額は全米史上最高となる最大1900億ドル(約21兆円)に達するとの予想が報じられました。

JPモルガン・チェースのエコノミスト、マイケル・フェローリとダニエル・シルバーの両氏はメモで、停電の影響が現れる工業生産統計のほか、個人消費統計にはハービーの影響が現れる可能性があると述べました。今後の、ドル円為替相場での影響が心配です。

ハリケーン関連記事

 → ハリケーン「ハービー」被害額は?ダウやドル円為替の影響は?

 → 【速報】ハリケーン「イルマ」被害額?ダウやドル円為替影響は? 

関連記事

 → 2017年は10年に一度の経済パニックと大暴落が起こる?

 → 「夏枯れ相場」7月後半から8月。夏の円高、通貨危機に注意

 → 2017年は世界的株安や不動産バブル崩壊からの円全面高に注意

 → ハリケーン「ハービー」被害額は?ダウやドル円為替の影響は?

 → vix指数である投資家が話題!読み通りなら300億円近い利益

 → ジャクソンホール会議って何?どこで誰が何について話し合うの?

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → 【自信あり】ポンドドル予想 チャート推移から長期見通し判明

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*