Facebookのプロ激白「みんな使い方間違ってんだよ」

Facebookの使い方

「みんな使い方間違ってんだよな~」

先日、Facebookに関しては知らないことは無く、
周りからはFacebookのプロと呼ばれている
コンサルタントのMさんに話を聞いたんですが、
はっきり言って衝撃を受けました。

私自身、Facebookに関してド素人で、

  • 「Facebookってどう使うの?」
  • 「ツールとしてどうなの?」
  • 「どうやったら『いいね』増えるのかな?」

そんな事ばかりが気になっていました。

ただ、Mさん曰く
Facebookですることは「たった1つ」
なんだそうです。

まぁ、話を聞くと確かに「その通り」なんですが、
実際には今世間で利用されているFacebookの利用実態とは
あまりにもかけ離れていて驚きました…。

とても勉強になりました。
そして、あなたにも共有したら喜ばれるだろうと思い、
記事にまとめたので是非読んでください。

 



Facebookのプロに聞いた衝撃の事実「みんな使い方間違ってんだよな~」

Facebookの使い方1

Facebookのプロと周りから一目置かれているMさん曰く、
Facebookですることは本来「たった1つ」なんだそうです。

Mさんが言うには、

みんな
「Facebookってどう使うの?何ができるの?」
「どうやったら『いいね』増えるの?」
「集客アップするにはどうすればいいの?」

って事ばかり聞いてくるんだけど、
Facebookでやることは「たった1つなんだよ」
それ以上でもそれ以下でもない。

のだそうです。

その「たった1つのこと」とは…。

 

Facebookは交流して濃い友達を増やす。たった、それだけ…

Facebookの使い方2

結局はこれだけなんだそうです。

 友達の「数」を増やすこと、「いいね!」がいっぱいあることが、
 自慢だと思っている人が多いようですが、
 そんなものに価値など全くない。

とMさんは言っていました。

確かに、
友達1,000人いて、本当の交流できます?
リアルだって、そんないないでしょ?
っていうか、
そんなにたくさんいたら体もたないよね…?

だから、本当に友達になりたい人をまず一人。
自分が投稿したら必ず見てくれて必ず反応してくれるような友達。

そういう友達をまず一人作る事だけに専念する。
それが重要!ということでした。

薄っぺらい関係の交流を100人、1000人と増やしていっても
何にもならない。

確かに、そう言われればそういう気がする…。

じゃぁ、そのために、どんな事をすれば良いのか?
2つの重要なポイントを挙げてくれました。

1、仲良くなりたい人と「まめ」にコメントなどのやり取りをする

『Facebookの関係はリアルの人間関係と同じ』

とにかく、
あなたの投稿を毎日楽しみにしてくれる人をまず一人作る。

そのためには、
仲良くなりたいその人と「まめ」にやり取りをする

ことだとMさんは教えてくれました。

その人と本気で向き合わないと現実には友達にはなれません。
それはFacebookでも同じです。

その人と仲良くなりたいのには理由があるはずです。
趣味や、考えや、興味などが共感できるから
友達になりたいのではないでしょうか?

であれば、
その人の投稿を見て感じたことをコメントして交流を深めましょう。

それって、とても楽しいことですよね?

2、ありきたりなコメントを残さない

『仲良くなりたい人と「まめ」にやり取りをする』ために、
くだらないコメントを残しても意味がありません。

「こんにちは。また遊びに来ます!」

こんなコメントもらって嬉しいでしょうか?

誰にでも書いているような、そんなコメントもらって嬉しいですか?
嬉しくないですよね?

その人のFacebookの投稿を見て、あなたが何を思ったか?
を正直に書いてください。

「えっ、別に何も書くことないなぁ~」
となるなら、あなたは本当にその人と友達になりたいのでしょうか?
それをよく考えてみて下さい。

趣味や、考えや、興味などが共感できるから
友達になりたいのではないでしょうか?

であれば、自然とコメントしたい言葉が湧き出てくるのではないでしょうか?

 

「Facebookでいいねを増やす方法」なんてゲスの極み

Facebookの使い方3

ネット上には、
「Facebookでいいねを増やす方法」なんてのが
出回っていますが、そんなもの本当にゲスの極みです。

【追記】2017年2月22日

Mさんから聞いたセミナーの話です。これ読むと思わずMさんの凄さに「う~ん」と唸っちゃうと思いますよ…。(Facebookの本質が理解できます!)
 → Facebookで「いいね」増やす方法プロが教えてくれた

100人に「いいね」してもらうと自分の承認欲求は満たされて、
人気者になったような気分になるのかも知れませんが、
本当のところ、そこには価値が無いことに、
実はあなたも気づいているはずです。

義理でとりあえず「いいね」してくれただけで、
それはもはや「いいね」という感情の伴わない、
「見たよ」というボタンなんではないでしょうか?

それが真実だと、あなたも気づいているはずです。
なぜなら、あなた自身が他人に「いいね」する時に
そう思っているでしょうから。

 

【まとめ】Facebookでは交流して濃い友達を増やすこと

今回Mさんと話をさせていただく機会を得て分かった事があります。

1、Facebookを始めたらアクセスが増える(顧客が増える)というのは幻想

ネット上で表現されている「Facebook」はツールとしての
側面が多いような気がしませんか?

ネットからの情報だと、
集客できるツール、儲かるツール
などの情報が散乱していて誤解を与えているような気がします。

私自身、ツールという認識をしていたんですが、
どうやら「Facebook」はツールでは無いんだな。
と感じました。

では、どう感じたかと言うと…。

2、Facebookは「ツール」では無く「場」

Mさんと話すまでの私は、
「Facebookってどう使うの?」
「ツールとしてどうなの?」
という事ばかりが気になっていて、
「Facebook」をはじめたら何が実現できるんだろう?
ということばかり期待していました。

しかし「Facebook」そのもので何かを得られるというよりも、
「Facebook」はただの「場」に過ぎない。
という感覚を持ちました。

「Facebook」は仲の良い友達と会って接する「場」であり、
友達になれそうな人を新たに見つける「場」なんだなと。

3、「いいね」を増やすことが目的ではない

正直、「Facebook=いいね」という先入観が強すぎて、
「Facebook」やるのに「いいね」が少ないと
寂しいとか、恥ずかしい。という感覚があったけど、
結局のところ、
自分が相手からの見返りを期待して「義理」で「いいね」したり、
「いいね」と全く思ってもないし興味もないのに「いいね」してもらったり…。
そんなの単に時間の無駄じゃん。と思いました。

【追記】2017年2月21日

私が有楽町マルイのスタバで体験した実話です。
Facebookの使い方を間違えると大変なことになる…!背筋がゾッとするような体験を記事にしました。
→ この子のFacebookうざい!と罵る女子見てゾッとした

 

Mさんには、
とても有意義なお話しを聞かせていただいた御礼に、
私は専門分野であるECサイトのコツや販売ノウハウをお話しして盛り上がりました。

お互いの得意な分野の情報をgive&takeできて非常に有益でした。

【追記】2017年2月22日

Mさんから聞いたセミナーの話です。これ読むと思わずMさんの凄さに「う~ん」と唸っちゃうと思いますよ…。(Facebookの本質が理解できます!)
 → Facebookで「いいね」増やす方法プロが教えてくれた

関連記事

 → Facebookとブログ連携(連動)してアクセス数アップ

 → 【アクセス増】Facebookとブログ連動で4つの好影響

 

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*