ギリシャ国債3年ぶりに発行再開 欧州通貨危機ユーロ混乱から3年

ギリシャ国債

かつて欧州通貨危機を招き、ユーロを大混乱に巻き込んだギリシャが、実に3年ぶりに国債を発行すると発表しました。

国際通貨基金(IMF)が20日に条件付きでギリシャへの融資再開を決めたのを受け、市場復帰が可能だと判断したもようです。

ギリシャ通貨危機から3年ぶりに国債発行再開へ 

ギリシャ政府は、5年物国債を発行すると発表した。25日に条件を決めるという。これは実に、ギリシャが3年ぶりに国際債券市場へ復帰することとなる。国際通貨基金(IMF)が20日に条件付きでギリシャへの融資再開を決めたのを受け、市場復帰が可能だと判断したもようだ。2019年に償還期限を迎える国債について22年償還の新発債への入れ替えを目指す考えだ。

07月25日 07時17分 ギリシャ、3年ぶりに国債発行再開へ

 ギリシャ政府は、5年物国債を発行すると発表した。25日に条件を決めるという。
 同国の国債発行は2014年以来3年ぶりで、国際通貨基金(IMF)が20日に条件付きでギリシャへの融資再開を決めたのを受け、市場復帰が可能だと判断したもようだ。

出典:FXニュースレター

07月25日 18時56分 DJ-【市場の声】ギリシャ国債、ECBは18年に買い入れ開始か

 ギリシャが債券市場に復帰し25日に国債を発行するが、バークレイズは欧州中央銀行(ECB)が資産買い入れ策の下でギリシャ国債の購入を始めるのは2018年になるとみている。

 ECBの買い入れはギリシャ国債にとって大きな下支えになりそうだ。

 バークレイズのエコノミスト、アントニオ・ガルシア・パスクアル氏はリポートで、今年中または来年の「大規模な債務削減」を見込んでいるとし、「現在はギリシャ関連のリスク選好が高まっている」と指摘。ギリシャへの融資再開で資金調達リスクが抑えられている他、国内経済も回復していると述べた。

出典:Dow Jones

07月25日 18時50分 ギリシャ2年債利回りが7年ぶり低水準付近、債券市場復帰控え=ロイター

ロイター通信によると、25日の欧州金融債券市場では3年ぶりの国債市場復帰を控えたギリシャの2年債利回りが2010年以来の低水準付近で推移している。

序盤は3.29%と急低下した前日の3.21%からほぼ変わらずとなった。

ギリシャは25日、新発5年債の価格を決定する。

出典:FXニュースレター

07月25日 00時22分 DJ-ギリシャ、債券市場に復帰へ 3年ぶり

 ギリシャが3年ぶりに国際債券市場へ復帰する。2019年に償還期限を迎える国債について22年償還の新発債への入れ替えを目指す考えだ。

 ギリシャは24日、19年償還の国債保有者に対し、売却の選択肢も提示した。借換債へ十分な需要が集まれば売却に応じる。19年償還債のクーポンは4.75%。借換債の価格など条件は未定で、決定は25日になる見通し。

 今回は新たな資金調達はしないとみられる。借り換えによる償還期間の延長は財政への自信を示すとともに、19年に迫る多額の債務返済を乗り切る手段ともなる。

出典:Dow Jones

関連記事

 → 2017年は10年に一度の経済パニックと大暴落が起こる?

 → 夏の円高、通貨危機に注意。7月後半から8月は「夏枯れ相場」

 → 2017年は世界的株安や不動産バブル崩壊からの円全面高に注意

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → 【自信あり】ポンドドル予想 チャート推移から長期見通し判明

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*