これで安心!Googleアカウント2段階認証の設定手順

googleアカウント2段階認証

「突然、Googleアカウントが乗っ取られた!」

もし、あなたに起こったらどうしますか?

この記事では、実際に私に起こった
「Googleアカウント乗っ取り事件」
と、その時の出来事、解決までの全てをまとめました。

そして、今後のセキュリティ対策として
Googleで推奨されているセキュリティ機能である
「2段階認証」機能を設定する時の設定手順と、
注意事項をまとめました。

実際の設定画面の画像を用いて、
まるで説明書のように丁寧に分かりやすくまとめたので
この記事の通りにやれば簡単に設定できますよ。



突然、Googleアカウントが乗っ取られた!

実はこの「2段階認証」という機能。

以前から知っていたんですが、
なんか面倒くさそうだし、
そこまでセキュリティ強化しなくても大丈夫でしょ!
という勝手な理由から設定していませんでした。
反省です…。

そんな私にバチが当たったのか…。

先日(2017年1月2日)、
突然、Gmailやコンソール(Google Search Console)に
ログインできなくなり
本当に困りました…。

ネットでググっても解決策にたどり着けず、
結局、偶然的に解決できたのですが、
一歩間違えたら大損害でした。

しかも…。
その原因はなんと…不正アクセス!

これがその時、
Gmailに届いたメールです。

Googleアカウント乗っ取り事件発生!

見てください…。
衝撃のメールです!  

不正アクセス

 

「他のユーザーがあなたのパスワードを使用しました」

ほっ、ほんとに…。
不正アクセスだっ…。

そこで、
Googleで推奨されているセキュリティ機能である
「2段階認証」機能を設定することにしたのです。

その時の設定手順と注意事項をまとめたので、
あなたも、この記事を見ながら今すぐ
「2段階認証」機能を設定することをおすすめします。

私みたいに不正アクセス受けたら最悪ですからね…。

当時の「不正アクセス」事件に関する詳細は、こちらの記事をご覧ください。

Googleアカウントに突然ログインできない時の解決策

 

2段階認証の設定手順

まず、Googleのアカウントにログインします。

Googleのサービスなら何でも構わないので、
例えば、

など、
どれでも良いのでログインしてください。

ログインしたら、
右上のアイコンをクリックし
「アカウント」をクリック 。

 

Gmailセキュリティ設定画面1
  

画面左にある、
「ログインとセキュリティ」をクリックします。

 
Gmailセキュリティ設定画面2
  

画面を下にスクロールして、
「2段階認証プロセス」をクリックします。

 
Gmailセキュリティ設定画面3

 

画面右下の
 「開始」をクリックします。

 
Gmailセキュリティ設定画面4

 

下記画面の赤枠内に
スマートフォン(もしくは携帯)の電話番号を入力し、
「試す」をクリックします。
※「コードの取得方法」は「テキストメッセージ」のままで結構です。 


Gmailセキュリティ設定画面5 

すると、
先程入力した電話番号宛にショートメールが届きます。

そのメール内に記載された「確認コード」
下記画像の赤枠内に入力し
「次へ」をクリックします。

 
Gmailセキュリティ設定画面7

 

「オンにする」をクリックして設定完了です。 

Gmailセキュリティ設定画面8

 

以上になります。

 

ログインするときに、1ステップ追加

手順1、パスワードを入力します

いつもは、Googleのアカウントにログインする時
パスワードを入力して、ログイン完了しましたよね?
ここまでは同じです。

2段階認証の場合は、 もう1ステップ追加されます。

手順2、コードまたはセキュリティ キーを求められます

毎回あなたの電話番号宛にショートメールが届きます。
そのメール内に記載された「確認コード」(6桁のコード)を入力してログイン完了です。

グーグルアカウント2段階認証1

 

2段階認証の設定、想像以上に簡単でビックリ…

えっ、毎回「確認コード」を入れなきゃいけないの? って思ったかもしれませんが、そんなことはありません。

ログインする際に、
以降は特定のパソコンで 2 段階認証プロセスを使用しないように設定できます。
そうすれば、以降はそのパソコンでログインする際にパスワードの入力しか求められません。

それでセキュリティは大丈夫なの?
と思うかも知れませんが安心してください。

他のパソコンから、
あなた(または別のユーザー)があなたのアカウントにログインする場合は、
2 段階認証プロセスが必要になるからです。

つまり…、この場合は
「確認コード」を入れるのは、最初の1回だけでOKです。

なぜ、そうなるかと言うと、
同じパソコン(同じIP)からのログインであれば、
不正アクセスで無いという判断で、
毎回「確認コード」を入れる必要はないよね。
ということのようです。

ですので、
同じパソコンで無い場合やIPがいつもと変わる場合、
例えば、出張先からGmailにアクセスする場合は、
「確認コード」の入力が必要になります。

【まとめ】これで安心!Googleアカウント2段階認証の設定手順

実はこの「Googleアカウント2段階認証」という機能の事は、
以前から存在は知っていたんですが…。

なんとなく設定とか面倒くさそうだし…、
そんなにセキュリティ強化しなくても大丈夫でしょ!
ってことで設定していませんでした。

面倒くさそうだなって思ったのは、
毎回ログインの際に携帯から「認証コード」をメールで取得して、
それを入力するのが面倒くさいよなって勝手に思ってたんですが、
実は、そんな必要はなかったという事がやってみて分かりました。

「認証コード」の入力は最初の1度だけでよく、
その後は、通常通りのログイン方法となんら変わらない。
という事が分かり、
「なんだ、早くやっときゃ良かった…。」
って思ったぐらいです。

ですので、改めて言いますが、
「Googleアカウント2段階認証」の設定は絶対にやっておいた方がいいですよ!

私みたいに不正アクセス受けたら最悪ですからね…。

今すぐにでも 設定することをおすすめします!

【追記】2017年2月8日

突然、Googleアカウントの2段階認証の「確認コード」が携帯メールに届かなくなるというトラブルが発生。一応、電話対応にして解決したんですが、その時の一部始終をまとめました。

 → 【解決!】Google2段階認証の確認コードが届かない時

 → Googleバックアップコード(8桁)の取得とログイン方法

Googleアカウント 関連記事

 → 「覚えている最後のパスワードを入力してください」の対処法

 → Googleアカウントのログインページ変更

Gmail 関連記事

 → Gmailでメールの一斉配信テスト。30名までならOK

 → 【解決】AndroidのGmailアプリにログインできない時

 → 【保存版】Gmailにログインできない原因と解決策まとめ

 

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*