Gmailは危険性が高いって本当?仕事で使うのはどうなの?


Gmailはフリーメールだから危ないでしょ?と思っている方が多いようですが、Gmailに関して言えば危険性は高くありません。

Gmailのセキュリティはとても強固で安全性が高いので、仕事などの業務利用で使ってももちろん問題ありません。



Gmailの危険性ってどうなの?

gmail危険性

Gmailのセキュリティは強固なセキュリティとなっており、ユーザーがGmailを送信する際にはデータは「暗号化」されています

Gmailはフリーメールだから危ないでしょ?と思っている方が多いようですが、他のフリーメールの中には危険度が高いものもあると思いますが、Gmailに関して言えば危険度は高くありません。

ですので、私用(プライベート)メールに関しては、Gmailであれば安全に利用することができますのでGmailの危険性を心配する必要はありません。

Googleのサイトに下記のような記載がありました。

Gmail の暗号化でメールのプライバシーを保護

Gmail は当初から接続の暗号化をサポートしているため、悪意のある人が送信内容を読むことはより困難となっています。

また、暗号化されていない接続からメールを受信した場合など、セキュリティ上の危険性がある場合は警告が表示されます。

 → 情報のセキュリティ | Google はユーザーデータをどうやって守っているか

Gmailを仕事で使うのは危ない?安全?

基本的にGmailはフリーメールの中でもセキュリティが高く安全なので、 そのまま使っても問題ないのですが、 セキュリティ状態は最大限、つまりMAXな状態にしたい!危険性をきるだけ排除したい!というあなたのために 抜群の効果を持つ最強のセキュリティ対策を解説します。

Gmailを仕事で使う場合など、さらに強固なセキュリティ対策をしたい!のであれば、

  1. 安全なパスワードに変更する
  2. Google アカウントの2段階認証機能を設定する

この2点をすれば、Gmailを仕事でも安全に使うことができます。

1、安全なパスワードに変更する

まずは、パスワードを変更しましょう。

他のwebサイトやアプリケーションなどで使っていないものに変更し、パスワードはなるべく複雑なものにしましょう。悪意のある第三者にパソコンを乗っ取られたら最悪です。

安全なパスワードを作るには、

  • アルファベットと数字を組み合わせる
  • 辞書にあるような単語を使わない
  • 誕生日や名前など個人が特定できるものを使わない

のが理想的です。

2、Google アカウント 2段階認証

Googleで推奨されているセキュリティ機能である 「2段階認証」を設定しましょう。

実はこの「2段階認証」という機能。 以前から知っていたんですが、 そこまでセキュリティ強化しなくても大丈夫でしょ! と思って設定していませんでした。反省です…。

あと、1つ気づいたことがあります。

この「2段階認証」って、毎回ログインの際に 携帯から「認証コード」をメールで取得して、 それを入力する必要があるのかと思っていたんですが、 それは最初の1度だけでよく、 その後は通常通りのログイン方法となんら変わらない。 という事を知りました。

ですので、改めて言いますが 「2段階認証」は絶対にやっておいた方がいいですよ!最高のセキュリティ強化になります。

Google アカウント 2段階認証設定手順

手順をまとめましたので、こちらを見ながら今すぐにでも 設定することをおすすめします!

これで安心!Googleアカウント2段階認証の設定手順

こちらも参考になるので是非、読んでおいてくださいね。
 → 【解決!】Google2段階認証の確認コードが届かない時

 → Googleバックアップコード(8桁)の取得とログイン方法

Gmailを業務利用する時のリスクは?

フリーランスで仕事をしている方や、サラリーマンで副業をしようと考えている方などは、Gmailを業務利用できないか?と検討されているかもしれませんね。

結論から言うと、Gmailは問題なく業務利用できます

しかし、Gmailがいかに素晴らしいセキュリティ対策をしていると言っても、あなたのPCやスマホの環境が危険性の高い状態であれば意味がありませんので、十分注意して下さい。

つまり、どういうことかというと、あなたのPCやスマホ環境が下記のように安全性が高く、リスクの無い状態になっているか?念のため、今すぐ確認してみて欲しいのです。

チェック項目として4つあります。 順番に見ていきましょう。

1、パソコンのセキュリティ状態が安全である

パソコンにセキュリティソフトは入っていますか?

また、ブラウザーやオペレーティングシステムなどは最新のパッチを適用し、 セキュリティの問題のない最新の安全性の高い状態にしておきましょう。

2、安全なパスワードの設定

悪意のある第三者にパソコンを乗っ取られたら最悪です。 パスワードはなるべく複雑なものにしましょう。セキュリティ上、非常に重要なことです。

安全なパスワードを作るには、

  • アルファベットと数字を組み合わせる
  • 辞書にあるような単語を使わない
  • 誕生日や名前など個人が特定できるものを使わない

のが理想的です。

3、安全でないネットワークは使用しない

特に暗号化されていない公衆 Wi-Fiなどを使うのは安全ではないので避けましょう。セキュリティが高くないので決して安全性が高いとは言えません。スマホなどで接続するのも危険です。注意して下さい。

ご家庭でも無線LANを使用する場合、パスワードの設定を忘れないでくださいね。

4、パソコンから離れる際は必ずログアウトする

例えば会社など、他人があなたのパソコンに触れることができる環境の場合に、 パソコンが乗っ取られる可能性が一番高いです。

基本的なことですが安全は自分で守りましょう。会社で席を離れる際は、パソコンを必ずログアウトして、パスワードを入力しないとログインできない安全な状態にしておきましょう。

他にも例えば、カフェなどでちょっとした作業をするためにパソコンを開く場合。この時も、ちょっと電話をするために席を外したりトイレなどに行く場合は、必ずパソコンを必ずログアウトして、パスワードを入力しないとログインできない状態にしておきましょう。

いつ誰に狙われているかわかりません。安全第一です。

以上、
この4つが守られていれば、
Gmailであろうと危険性を心配する必要はありません。

Gmailだと個人情報が危険じゃないの?

Gmailに限らず、パソコンやスマホを利用してネットワークにつながっている限り、不正アクセスなどを受ける可能性はゼロではありません。つまり「Gmail」だからとか「プロバイダーの有料メール」だから個人情報が危険とか安全とかは全く関係が無いのです。

逆に、「Gmail」なら個人情報が危険にさらされていないか?をチェックする方法、すなわち、Gmailに不正アクセス  がされていないかを調べる方法があります。

では、確認の手順を説明します。

Gmail画面の右下にある「アカウントアクティビティの詳細」をクリック

Gmailアカウントアクティビティへのリンク

 

これまでのアクセス履歴が表示されます。

下記画像の赤枠内にある「ロケーション(IPアドレス)」欄に、 もし見慣れない「IPアドレス」からのアクセスがあった場合、 不正アクセスの可能性が高いです。

 ※「ロケーション(IPアドレス)」は、あなたのGmailアカウントへのアクセス情報です。

Gmailアカウントアクティビティ

画面の一番下(赤枠内)に「このパソコンは IP アドレス ****** を使用しています。」 というような表示がされます。

上記の画像では「 ****** 」にはボカシを入れてますが、
実際の画面ではここに数字の羅列が並んでいます。(例、 123.456.789.012 )
この数字の羅列があなたが今使用しているIPアドレスになります。

ですので、「ロケーション(IPアドレス)」欄のボカシを入れた箇所には、 これと同じ番号が表記されているはずです。

もし「ロケーション(IPアドレス)」欄に見慣れない「IPアドレス」からのアクセスがあった場合、 不正アクセスの可能性が高いです。

Gmailは危険性が高いのか?それとも安全…?

これは私の体験談なのですが、
私のGoogle アカウントに、なんと!2017年1月1日に不正アクセスがあり 下記のように表示されました。

不正アクセス2

結果としては、Gmailの高いセキュリティのおかげで、私の個人情報が危険にさらされることもなく、無事にその後もGmailを安全に使用できています。

このように、Gmailは安全なのでご安心を!

当時の「不正アクセス」事件に関する詳細は、こちらの記事をご覧ください。参考までに是非一度読んでおいた方が良いと思います…。
 →  Googleアカウントに「不正アクセス」突然ログインできない時の解決策

【まとめ】Gmailは危険性が高いって本当?仕事で使うのはどうなの?

Gmailはフリーメールだから危ないでしょ?と思っている方が多いようですが、Gmailに関して言えば危険性は高くありません。

Gmailのセキュリティはとても強固で、ユーザーがGmailを送信する際にはデータは「暗号化」されており安全性が高いので、私用(プライベート)メールに関しては、Gmailであれば安全に利用することができるためGmailの危険性を心配する必要はありません。

さらに、Gmailを仕事などの業務利用で使う場合には、さらに強固なセキュリティ対策である2点、

  1. 安全なパスワードに変更する
  2. Google アカウントの2段階認証機能を設定する

をすれば、Gmailを仕事でも安全に使うことができます。

ただし、 前提として、あなたのパソコンやスマホの利用環境が安全性の高い状況にあり、リスクの無い安全な状態でなければ、 そもそもフリーメールだろうが、有料のプロバイダーメールだろうが 安全に使うことはできません。

ですので、最低限この4つのチェック項目は守ってくださいね。

  1. パソコンのセキュリティ状態が安全である
  2. 安全なパスワードの設定
  3. 安全でないネットワークは使用しない
  4. パソコンから離れる際は必ずログアウトする

この4つが守られていれば Gmailであっても安全性を心配する必要はありません。 

「Gmail」の取得方法を図解でわかりやすくまとめました。
 → 無料でメールアドレスを取得する方法(Gmail作成方法)

  → Gmailアドレスを簡単(5秒)に追加する方法【超便利】

メール関連記事

実際には「プロバイダメールアドレス」と「フリーメール」の使い分けに悩まれている方は多いです。
そのあたりを分かりやすく使い分けのポイントを記事にまとめました。(人気記事です)
 → 【プロ直伝!】賢いメールアドレスの使い分け

Gmail 関連記事

 → Gmailのセキュリティってどう?迷惑メールが来ないって本当?

 → Gmailで「メールがブロックされました」の原因と対処法

 → Gmailでメールの一斉配信テスト。30名までならOK

 → 【解決】AndroidのGmailアプリにログインできない時

 → 【保存版】Gmailにログインできない原因と解決策まとめ

 → iPhoneでGmailアプリにログインできない時の解決方法

 → Gmailで他社のメールアカウントに来たメールを送受信できる!

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*