iPhoneでGmail使うならGmailアプリがおすすめ!

gmailアプリiphone3

iPhoneでGmailを使う方法は2つあります。

  • iPhoneのメールアプリ
  • Gmailアプリ

しかし、ある2つの理由から私は「Gmailアプリ」をおすすめします!

設定できないで困っている方のために「Gmailアプリ」の設定の手順も分かりやすくまとめたので、あわせてご覧ください。



「Gmailアプリ」のメリット

iPhoneでGmailを使うなら「Gmailアプリ」が絶対おすすめです。

「Gmailアプリ」を「iPhoneのメールアプリ」よりおすすめする2つの理由は、

  1. Gmailをリアルタイムで受信できる
    「iPhoneのメールアプリ」では最短でも15分以上タイムラグが発生
  2. パソコンで送受信しているGmailを、iPhoneと同期できる

という点です。

「Gmailアプリ」なら、「パソコン」と「iPhone」でGmailを同期できますし、メールの受信はプッシュによる「リアルタイム受信」なので「フェッチ通知」で受信が遅い…という心配もありません。

では具体的に説明します。

■1、Gmailをリアルタイムで受信できる

「iPhoneのメールアプリ」では「プッシュ」によるリアルタイム受信ができないので、「フェッチ」による最短でも15分間毎の通知となります。(最低でも15分のタイムラグが発生)

それにより、どういうことが起きるかというと…、

例えば、たった今、送信されたメールがあなたのスマホに届くのが「15分以上も後」になるということです。(さすがに、これでは受信が遅いですよね?)

「iPhoneのメールアプリ」はリアルタイムで受信できない…

ですので、8時の待ち合わせに遅れそうな友人が、7時55分に「到着が8時5分ごろになります」というメールをあなたに送ったとします。

でも、そのメールをあなたが受信するのは、15分後の「8時10分頃」。(遅い…)

その頃には、友人は到着しているでしょう…。 これでは意味がありませんね…。

一方、「Gmailアプリ」ならGmailをリアルタイムで受信することが可能ですので、このような問題はもちろん起こりません。

■ 2、パソコンで送受信しているGmailを、iPhoneと同期できる

「Gmailアプリ」では、Googleのサーバー上にある「メール」を読みに行きます。つまり、パソコンやiPhoneに、メールをダウンロードするわけではありません。

分かりやすくまとめると、こんな感じです。

  • 自宅のパソコン → Googleのサーバー上にある「メール」を見る
  • 外出先のiPhone → Googleのサーバー上にある「メール」を見る

つまり、パソコンからもiPhoneからも、1つの同じ「メール」を見ているのです。

ですので、iPhoneからメールを送信したり、削除したり、既読にしたり…。そういうアクション全てが、パソコンでもリアルタイムで同期されるわけです。

Gmail以外のメールも「Gmailアプリ」で見れる!

しかも、「Gmailアプリ」で先日から新機能として、Gmail以外のメールアカウントを追加できるようになりました!

例えば、

  • プロバイダーメールアドレス(OCN、BIGLOBE、niftyなど)
  • 「Yahoo!メール」や「iCloud」や「Outlook」などのフリーメール
  • 「独自ドメイン」のメールアドレス

が驚くほど簡単な手順で設定できるようになったのです!

私の場合、「OCN」と「独自ドメインのメールアドレス」をパソコンのoutlookで送受信していて、Gmailだけブラウザで開いてみるのも面倒だったので、一元管理したくて、Gmailもoutlookにわざわざ設定していました。ですので、メールをチェックするのはパソコンを開かないと無理だった…わけです。

しかし、スマホのGmailアプリにこの新機能が追加されたおかけで、今では「OCN」も「独自ドメインのメールアドレス」もGmailで送受信していますし、それをパソコンでも同期しているので、メール全てがGmailでできるようになり本当に便利です!

iPhoneでもパソコンでも、メール全てがGmailで見れるようになり快適になりました。

スマホ(iPhone、Android)での設定手順を分かりやすくまとめた記事はこちら。もし「設定できない」で困っているならこちらの手順で設定してみて下さい。以前の設定方法と比べて、驚くほど簡単な設定になりました!
  → GmailアプリでGmail以外のメールも見れるようにする方法

「Gmailアプリ」の設定手順

まず、iPhoneで「Gmailアプリ」をダウンロードします。

iPhoneの画面から「App Store」のアイコンを探してください。

「App Store」をタップ

gmailアプリiphone1

「App Store」から「Gmailアプリ」をダウンロード

gmailアプリiphone2

iPhoneで「App Store」をタップし「Gmailアプリ」をダウンロードして下さい。
 ※App Storeからアプリをダウンロードするには「Apple ID」が必要です。

「Gmailアプリ」がすぐ見つからない場合は、「App Store」の画面右下にある「検索」をタップし、「Gmailアプリ」と入力して下さい。

ダウンロードすると、iPhoneの画面に「Gmail」のアイコンが表示されます。

「Gmailアプリ」をタップして起動

gmailアプリiphone3

「メールアドレス」と「パスワード」を入力

ログイン画面でGmailの「メールアドレス」と「パスワード」を入力し「ログイン」をタップして下さい。

 

これで設定完了です。

 

「Gmailアプリ」の画面が表示され「受信メールの一覧」(受信フォルダ)が表示されます。

gmailアプリiphone4

今表示されているのは「受信フォルダ」なので、他のフォルダを選択したい場合は…、

 

画面左上の「三」をタップ

Gmailアプリ1

「三」をタップすると、フォルダ一覧が表示されます。(下図参照)

gmailアプリiphone5

次回以降は、「Gmail アプリ」をタップするだけ(パスワードなど入力不要)で、「Gmailアプリ」が起動し画面には「受信メールの一覧」(受信フォルダ)が表示されます。

【まとめ】iPhoneでGmail使うならGmailアプリがおすすめ!

iPhoneで「Gmailアプリ」を設定する手順をまとめました。この手順通り進めれば「設定できない」ことは無いので安心して下さい。

「Gmailアプリ」は、

  1. Gmailをリアルタイムで受信できる
  2. パソコンで送受信しているGmailを、iPhoneと同期できる

というメリットがあります。

Gmail以外のメールも「Gmailアプリ」で見れる!

さらに「Gmailアプリ」の新機能として、Gmail以外のメールアカウントが追加できるようになりました!

例えば、

  • プロバイダーメールアドレス(OCN、BIGLOBE、niftyなど)
  • 「Yahoo!メール」や「iCloud」や「Outlook」などのフリーメール
  • 「独自ドメイン」のメールアドレス

に届くメールも「Gmailアプリ」から見れるので、超便利です!

私の場合、「OCN」と「独自ドメインのメールアドレス」をパソコンのoutlookで送受信していたのですが、「Gmailアプリ」にこの新機能が追加されたおかけで、今では「OCN」も「独自ドメインのメールアドレス」もGmailで送受信しています!

しかも、iPhoneとパソコンで同期しているので、メール全てがGmailでできるようになり本当に便利になりました!

スマホ(iPhone、Android)での設定手順を分かりやすくまとめた記事はこちら。もし「設定できない」で困っているならこちらの手順で設定してみて下さい。以前の設定方法と比べて、驚くほど簡単な設定になりました!
 → GmailアプリでGmail以外のメールも見れるようにする方法

 

Gmailアドレスの取得手順

「Gmail」の取得方法を図解でわかりやすくまとめました。
 → 無料でメールアドレスを取得する方法(Gmail作成方法)

Gmailならアドレス追加が簡単

さらに、Gmailならメールアドレスを増やすのが簡単。 たった5秒ほどでできてしまいます。
やり方はこちらにまとめたので読んでみてください。 ホントに超便利なんでビックリしますよ!
 → Gmailアドレスを簡単(5秒)に追加する方法【超便利】

Gmailアプリ、Gmail関連記事

 → iPhoneでGmailアプリにログインできない時の解決方法

 → 【解決】AndroidのGmailアプリにログインできない時

 → 【保存版】Gmailにログインできない原因と解決策まとめ

 → Gmailが不正アクセスされていないか確認する方法

 → Gmailのパスワード忘れた…でも大丈夫!ログインできますよ!

 → Gmailで「メールがブロックされました」の原因と対処法

 → Gmailでメールの一斉送信テスト。30名までならOK

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*