ドイツのメルケル首相 連立政権は移民難民問題が原因で崩壊の危機?

ドイツ移民問題

ドイツ連立政権内で、移民・難民問題の対立が発生しており、ドイツのメルケル首相の連立政権が崩壊の瀬戸際に立たされています。

メルケル氏のキリスト教民主同盟(CDU)と70年近く統一会派を組んできた姉妹政党のキリスト教社会同盟(CSU)が、移民政策を巡る対立が解消しなければ連立を離脱する可能性もあると示唆しているためです。

ドイツのメルケル首相による連立政権が崩壊し総選挙となれば、為替相場はユーロ安への動きが予想されます。

 

【追記】2018年7月3日

目次



メルケル首相 連立政権崩壊を回避!移民難民問題で反対派と合意

連立政権崩壊の危機を迎えていたドイツが、危機を回避しました。

メルケル首相は、7月2日、移民反対派で「要求を認められなければ内相とCSU党首を辞任する」と表明したゼーホーファー内相と会談し、難民らの流入抑制策で一致しました。これにより、「合意できなければ辞任」する意向を示していたゼーホーファー氏は内相に留任となりました。

今回の合意で、最悪の事態である「ドイツ政権崩壊」や総選挙は回避されました。

 → メルケル首相 連立政権崩壊を回避!移民難民問題で反対派と合意

メルケル首相 連立政権崩壊を回避!移民難民問題で反対派と合意

 

ドイツのメルケル首相 連立政権は移民難民問題が原因で崩壊の危機?

メルケル氏は7月2日、「要求を認められなければ内相とCSU党首を辞任する」と表明したゼーホーファー氏と会談し、事態の収拾を探ります。

交渉が決裂しゼーホーファー氏が辞任した場合、閣僚交代で事態が好転する可能性はある一方で、メルケル氏率いるキリスト教民主同盟(CDU)とCSUの亀裂が決定的となる恐れもあります。

CSUが連立から離脱すれば、政権与党は過半数割れとなります。

その場合、メルケル氏は連立組み替えや、解散・総選挙につながる可能性のある信任投票などの検討を迫られます。

前週末からは、

  • 1)ゼーホーファー氏が内相と党首の辞任を申し出た
  • 2)一方で同氏は国と連立政権の利益のために合意が成立することを期待し、CDUとさらに協議するため辞任自体は保留とした
  • 3)同氏は「メルケル政権の崩壊を避けたい」と発言した

といった動きが見られています。

移民難民問題に関して、一定の歩み寄りがあるとユーロ高と円安、協議の泥沼化や問題先送りになるとユーロ安と円高という、波乱含みの展開が想定されます。

メルケル首相の求心力が低下するなか、独メディアでは、政権崩壊や総選挙の可能性も取り沙汰され始めたているようです。

07月02日 18時52分 ドイツ 政権分裂回避へ調整、 内相 進退懸け首相と対決

時事通信によると、ドイツへの難民の流入抑制策をめぐり対立している連立与党2党は2日、政権分裂回避に向けぎりぎりの調整を続けた。強硬な対策を求めるキリスト教社会同盟(CSU)党首のゼーホーファー内相は進退を懸けて、メルケル首相に政策修正を迫る方針。危機が収束するかは、予断を許さない状況だ。

交渉が決裂しゼーホーファー氏が辞任した場合、閣僚交代で事態が好転する可能性はある。一方、メルケル氏率いるキリスト教民主同盟(CDU)とCSUの亀裂が決定的となる恐れもある。CSUが連立から離脱すれば、政権与党は過半数割れする。その場合、メルケル氏は連立組み替えや、解散・総選挙につながる可能性のある信任投票などの検討を迫られる。

出典:FXニュースレター

07月02日 18時11分 メルケル政権、崩壊の瀬戸際 70年来の友党と移民で溝=日経

日本経済新聞によると、ドイツのメルケル連立政権が崩壊の瀬戸際に立たされている。メルケル氏のキリスト教民主同盟(CDU)と70年近く統一会派を組んできた姉妹政党のキリスト教社会同盟(CSU)が、移民政策を巡る対立が解消しなければ連立を離脱する可能性もあると示唆しているためだ。メルケル氏は2日、要求を認められなければ内相とCSU党首を辞任すると表明したゼーホーファー氏と会談し、事態の収拾を探る。

メルケル氏はEUやほかの加盟国との連携を重視し、ドイツが単独で難民らの流入抑制を進めることには慎重だ。2日の党首会談でゼーホーファー氏を納得させられる妥協策を見いだせるかはなお不透明といえる。

メルケル氏がCSUに歩み寄りすぎれば、親欧州の立場をとるSPDとの関係がきしみかねないという問題もある。SPDは難民・移民問題を欧州全体で解決するように主張しており、ゼーホーファー氏に批判的だ。

出典:FXニュースレター

07月02日 21時43分 独連立政権内の難民政策対立、泥沼化と歩み寄りにらむ

今週はドイツでメルケル首相率いる与党キリスト教民主同盟(CDU)と、統一会派を組むキリスト教社会同盟(CSU)との間で、難民政策を巡る対立の調整が予定されている。

6月末のEU首脳会議では難民・移民問題で一定の歩み寄りがあり、CDUはこの合意を支持する構えだ。一方、CSUは連立政権で内相を務めるゼーホーファー党首が、「ドイツ国境で難民の強制送還を開始する」という一段の強硬策に固執し、CSU内部でも意見対立が囁かれている。

前週末からは、1)ゼーホーファー氏が内相と党首の辞任を申し出た、2)一方で同氏は国と連立政権の利益のために合意が成立することを期待し、CDUとさらに協議するため辞任自体は保留とした、3)同氏は「メルケル政権の崩壊を避けたい」と発言した、といった動きが見られている。週明け東京市場段階では、ユーロ安やリスク回避の円高には波及していない。
今週は一定の歩み寄りがあるとユーロ高と円安、協議の泥沼化や問題先送りになるとユーロ安と円高という、波乱含みの展開が想定される。

出典:FXニュースレター

ドイツ メルケル首相の権力弱める移民・難民政策への反発

米ウォールストリート・ジャーナル紙は6月27日、「メルケル首相の権力弱める難民政策への反発」、「バイエルン州の反乱で脆弱な連立政権は崩壊の危機に」と報じています。

ドイツのメルケル首相が数千人の難民に対して国境を開いた2015年の晩夏、最南部バイエルン州の人々は一斉に援助の手を差し伸べました。州当局は一時、衣料品や食料など援助の申し出を断らなければならないほどでした。

しかし今日、難民の数が千人単位から100万人以上に増え、移民問題が欧州の政治地図を塗り替えた結果、バイエルン州はメルケル氏の首相の座を脅かす反乱の温床となっています。

欧州とドイツ、移民・難民などの政治不安残る=円高やユーロ安材料にも

EU主要加盟国は24日、移民や難民の受け入れに関する協議を行ったが、各国の主張の隔たりは大きく、議論は平行線を辿った。28-29日にはEU首脳会議で中心議題となるが、ドイツとイタリアの意見対立などが見られており、協議紛糾となればリスク回避の円高やユーロ安の要因となりやすい。

同時に移民・難民問題では、ドイツのメルケル首相が窮地に立っている。

週には連立を組むキリスト教社会同盟(CSU)の党首でもある内相との対立が報じられ、内相は「解任の場合は連立から離脱も」と脅しをかけた。同問題に関しては世論調査で「メルケル首相は辞任すべき」といった国民不満も高まっており、今週以降もリスク回避の材料として警戒されます

ドイツ世論調査でメルケル首相辞任の声が急上昇

ドイツでは、メルケル首相の辞任支持が急上昇しています。

理由は、難民受け入れ問題で、即時に辞任すべきか問う世論調査の結果として、全体の43%が「そう思う」と回答したとのこと。

メルケル首相の求心力が低下するなか、独メディアでは、政権崩壊や総選挙の可能性も取り沙汰され始めたているようです。

06月25日 06時47分 独首相、世論調査で43%が「辞任すべき」と回答=通信社

ドイツのDPA通信は、メルケル首相について、難民問題による混乱を受けて即時に辞任すべきか問う世論調査の結果として、全体の43%が「そう思う」と回答したことが分かったと報じている。

出典:FXニュースレター

ドイツ連立政権が移民難民問題で崩壊と総選挙の可能性 為替はユーロ安へ

市場では、ドイツのアンゲラ・メルケル首相が退陣に追い込まれる可能性は現時点で低いとしつつ、もし現実となればユーロは1.15ドルまで下げる公算が大きく、その水準を割り込むこともあり得るとみています。

もしドイツ連立政権が崩壊、総選挙となればユーロ・EU圏内における影響力は大きく、ユーロ為替相場もユーロ安になることが予想されます。

ユーロ、ドイツメルケル政権崩壊なら1.15ドル割れも

ユーロ相場は今のところドイツの政治的問題に反応せず、足元では対ドルで前週末比横ばいの1ユーロ=1.1614ドル、対スイスフランでは小幅安の1ユーロ=1.1558スイスフラン前後での取引となっている。

 だがBKアセットマネジメントは、アンゲラ・メルケル首相が退陣に追い込まれる可能性は現時点で低いとしつつ、もし現実となればユーロは1.15ドルまで下げる公算が大きく、その水準を割り込むこともあり得るとみる。

 BKは「(移民政策を巡る)対立は激しく、市場はメルケル政権の崩壊を真剣に懸念しつつある。ドイツは事実上、ユーロ相場のいかりの役割を果たしており、(政権崩壊は)甚大な悪影響をもたらすだろう」と指摘した。

出典:Dow Jones(THE WALL STREET JOURNAL)

ドイツメルケル連立政権 移民・難民問題で崩壊危機の可能性?

ドイツのアンゲラ・メルケル独首相は18日、連立を組むキリスト教社会同盟(CSU)との移民政策問題をめぐる対立で、合意に向けて2週間の猶予を確保した。政権崩壊の危機は一時的に回避された。

メルケル氏は先週、長年にわたる連立相手CSUのホルスト・ゼーホーファー党首と衝突。内相を務めるゼーホーファー氏はメルケル氏が拒否したにもかかわらず、一部移民を強制送還する計画を実行すると主張していた。

両者が数日にわたり協議を重ねた結果、ゼーホーファー氏は計画を保留すると発表。メルケル氏が近隣諸国と移民政策をめぐって合意を結べるよう、交渉する猶予を与えた格好だ。

だが問題は決着したわけではなく、結論が先延ばしされたにすぎない。メルケル氏はゼーホーファー氏が2週間後にどのような判断をしても、それが自身の同意を受けていないものであれば首相の権限に歯向かう行為だと述べる。メルケル氏は周辺諸国との協議がなければ、一方的に移民を送還したり、その費用を相手国に負担させたりすることは決定できないとしている。

首相の求心力が低下するなか、独メディアでは、政権崩壊や総選挙の可能性も取り沙汰され始めたという。

メルケル独首相、政権崩壊を一時回避 移民政策めぐり

【ベルリン】ドイツのアンゲラ・メルケル独首相は18日、連立を組むキリスト教社会同盟(CSU)との移民政策をめぐる対立で、合意に向けて2週間の猶予を確保した。政権崩壊の危機は一時的に回避された。

 メルケル氏は先週、長年にわたる連立相手CSUのホルスト・ゼーホーファー党首と衝突。内相を務めるゼーホーファー氏はメルケル氏が拒否したにもかかわらず、一部移民を強制送還する計画を実行すると主張していた。

 両者が数日にわたり協議を重ねた結果、ゼーホーファー氏は計画を保留すると発表。メルケル氏が近隣諸国と移民政策をめぐって合意を結べるよう、交渉する猶予を与えた格好だ。

 だが問題は決着したわけではなく、結論が先延ばしされたにすぎない。メルケル氏はゼーホーファー氏が2週間後にどのような判断をしても、それが自身の同意を受けていないものであれば首相の権限に歯向かう行為だと述べる。

 メルケル氏は周辺諸国との協議がなければ、一方的に移民を送還したり、その費用を相手国に負担させたりすることは決定できないとしている。

 ベルリンで会見を開いたメルケル氏は、「欧州の近隣諸国と良好な関係を築いた上で、移民を管理することがドイツにとって重要だ」とし、「調整もしないで移民を追い返せば、欧州統合の意義すら問う行為になるかもしれない」と語った。

 ドナルド・トランプ米大統領もこの論争について18日にツイートを投稿。「すでに脆弱なドイツの連立政権が移民政策で揺れる中、ドイツ国民が指導部に背を向けている」と書き込んだ。

出典:Dow Jones(THE WALL STREET JOURNAL)

ドイツ内相が造反、連立崩壊危機も=時事

時事通信は、反難民感情がくすぶるドイツで、難民に融和的なメルケル首相と、強硬派ゼーホーファー内相の対立が深刻化している、と報じている。内相は18日には、首相が反対する難民政策の厳格化を、担当相として即時に決めると警告。首相の求心力が低下するなか、独メディアでは、政権崩壊や総選挙の可能性も取り沙汰され始めたという。

出典:FXニュースレター

■ 2018年、今後のユーロはどうなる?週足チャートから分析

下のユーロドルの週足チャートを見て下さい。

ユーロドルチャート週足

今後のユーロドルの相場変動のトレンドとしては、上手の「水色」の斜めに引いた補助線に注目して下さい。

かなりざっくりとした大局的な予想になりますが、1.28ドル辺りを天井にして、大きなレンジ相場を形成する展開が予想できます。長期的には下落相場トレンドとなり、2018年に限って言えば、1.15ドル辺りへの半値戻し程度は手堅い線かな?と予想します。

上記のチャートを見ると、

  • 2008年は1.60ドルから1.25ドルへ「0.35ドル」の下落
  • 2010年は1.50ドルから1.20ドルへ「0.30ドル」の下落
  • 2012年は1.35ドルから1.20ドルへ「0.15ドル」の下落
  • 2014年は1.40ドルから1.05ドルへ「0.35ドル」の下落
  • 2016年は1.15ドルから1.03ドルへ「0.12ドル」の下落

というように、西暦の末尾1桁が偶数の年は大きな下落相場が展開されています。

逆に、西暦の末尾1桁が奇数の年では急上昇相場が起きています。

  • 2009年は1.25ドルから1.50ドルへ「0.25ドル」の上昇
  • 2011年は1.30ドルから1.50ドルへ「0.2ドル」の上昇
  • 2013年は1.30ドルから1.40ドルへ「0.1ドル」の上昇
  • 2015年は1.05ドルから1.15ドルへ「0.1ドル」の上昇
  • 2017年は1.03ドルから1.20ドルへ「0.17ドル」の上昇

このように、ユーロドルの値動きは非常に激しく、大きな変動が起きています。
 → 2018年は2年に一度のユーロ相場の大暴落が起こる?

2018年は2年に一度のユーロドル相場の大暴落が起こる?

 

6月5日追記】2018年のユーロドルは大暴落?

2018年6月に1.15ドルを付けたユーロドル。

今後は上げ下げを繰り返しながら、2019年1月に1.100ドルをつけるのではないかと予想します。

今後のユーロドルの相場変動のトレンドとしては、長期的にはユーロドルは下落相場トレンドとなり、2018年に限って言えば、1.15ドル辺りへの半値戻し程度は手堅い線かな?という予想です。

 ※【追記】2018年6月5日チャート更新しました

ユーロ週足

 

ユーロドル売りを強くおすすめする2つの理由

最近のユーロドル相場は、ドル全面安の流れの中でドル売りユーロ買いが進みユーロ高となっている状態です。

今後のユーロドル相場ですが、私はユーロドルポンドドルの売りを強くおすすめします。その理由として、

  • 今後の見通しとして長期的な下落相場が期待できる
  • スワップが高くて魅力的

という2つの理由があります。

今後ユーロ安ドル高になる理由は?

今後ユーロ安ドル高になるのではないか?と予想する理由は、

  • ユーロ圏の利上げは2019年まで据え置かれる見込み
  • 2017年のユーロ相場はファンダメンタルズ以上の過剰なユーロ高

という印象があり、2018年にはその過剰なユーロ高の調整局面となり、ユーロ安になるのでは?というのが予想理由です。

実態よりも、上がりすぎの感があるユーロ。
2018年のユーロ予想は、やはり長期的なユーロ安ドル高です。

では、次にチャートを見ながら、いくらぐらいまでユーロ安ドル高が進むのか理由とともに説明します。まずは、ユーロドルの値動きから見ていきましょう。

下のユーロドルの日足チャートを見て下さい。

 ※【追記】2018年6月5日チャート更新しました

ユーロ日足

現時点ではどこまでの下落相場になるかは予想がつきませんが、一度、1.18~1.20ドルに戻してから、再度1.15ドルをつけ、その後2019年1月頃には1.100ドルへ向かうのではないかと予想します。

私自身、含み損があと少しで解消ですが、今は待ち相場です…。

【まとめ】ドイツのメルケル首相 連立政権は移民難民問題が原因で崩壊の危機?

ドイツ連立政権内で、移民・難民問題の対立が発生しており、ドイツのメルケル首相の連立政権が崩壊の瀬戸際に立たされています。

メルケル氏のキリスト教民主同盟(CDU)と70年近く統一会派を組んできた姉妹政党のキリスト教社会同盟(CSU)が、移民政策を巡る対立が解消しなければ連立を離脱する可能性もあると示唆しているためです。

ドイツのメルケル首相による連立政権が崩壊し総選挙となれば、為替相場はユーロ安への動きが予想されます。

 

ドイツ 関連記事

ドイツ選挙2017結果 極右政党「ドイツのための選択肢AfD」躍進

2018年のユーロは波乱の見通し…イタリア選挙とドイツ政権に注目

ドイツで連立合意に反発?再選挙の可能性浮上でユーロが急落?

ドイツで連立政権協議がついに合意。総選挙から4カ月経過

ドイツメルケル連立政権 移民・難民問題で崩壊危機の可能性?

ユーロ関連記事

 → ユーロ高の原因は何?謎のユーロ高の2つの理由を解説します

 → 2017年ジャクソンホール会議の注目はECBドラギ総裁発言

 → ユーロ高なぜ?経済指標やECB発言無しで謎の上昇いつまで続く

 → 【急騰】ユーロ高円安、早朝から3円以上ユーロ高の原因は何?

 → ECBドラギ総裁 量的緩和段階的縮小(テーパリング)へ

 → ドラギECB総裁タカ派発言でユーロ円は1年ぶり高値更新

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → ポンドドル中長期見通し ポンドドルをおすすめする2つの理由

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*