ポンド円が144.8円へ急上昇。英小売売上高発表受け

ポンド円急上昇

ポンド円が144.8円へ急上昇。英小売売上高の数値に反応。

クロス円は一時的に安値が出て来ていて 絶好の買い頃と言えます。

今後の相場展開予想について詳しく解説します。

ポンド円が144.8円へ急上昇。英小売売上高発表受け

ポンド円が144.8円へ急上昇。英小売売上高の数値に反応。

05月18日 17時32分 英指標発表受け、ポンド/ドルが1.30ドル台乗せ

英国の4月小売売上高が前月比+2.3%、前年比+4.0%と事前予想を大幅に上回る好結果となったことを受け、ポンド買いが活発化、ポンド/ドルは1.3000ドルを突破し、1.3020ドル台に一段高となっている。

出典:FXニュースレター

ポンド円、豪ドル円は今が買い時

東京市場は早朝から円買いの動きが活発でドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円など、クロス円は下落しましたが、 欧州時間になり戻してきています。
 
→ ポンド円、豪ドル円などクロス円は今が買い

以前の記事で今週はクロス円が強いと予想しましたが、
 → 来週の相場展望-FRBによる6月利上げ注目 クロス円は強い

本日は、ドル円下落の影響で、クロス円も一時的に安値が出て来ていて 絶好の買い頃と言えます。

ドル円急落の原因はトランプ大統領弾劾懸念

ドナルド・トランプ米大統領が弾劾されるのではないか との懸念が浮上したことを受け海外市場でドルが急落しました。

ドル円は一時110円54銭と4月25日以来の安値を更新しました。買い局面です。

 

今後の豪ドル見通しと投資戦略プラン

豪ドル円のトレンドは先日の記事
豪ドルの見通し好転、IMFの世界成長予想引き上げ  の通り買いトレンド。

84円台に突入していた豪ドル円は、本日一時的に83円台になっており、
現時点では83円台と非常に買いやすい局面となっています。

まさに今、83円台で豪ドルを余裕資金の一部で買い建てて長期で持ちスワップを狙うのは良い戦略だと思います。
   → 豪ドル円83円台へ下落も下値ではビッドも厚く買い頃か

豪ドル円はスワップ狙いで長期投資

市場では先週末頃から豪ドルも下げ止まりが見られる」との声が上がってきており、
豪ドルもユーロやポンドのような上昇が期待できるかもしれません。

 豪ドルはスワップの高さと比較的変動が少ない相場が魅力です。
だからこそ、安値をきっちり拾って長期で持ちスワップを長期間獲得する戦略が良いと考えます。

 

今後のポンド円見通しと投資戦略プラン

4月17日の安値135円台から、5月10日の148円まで急上昇し、計12円強も上昇してきたポンド円。
今回の動きは上昇相場の一服と見ています。

ポンド円は相場の強さが感じられますし、円安トレンドにも乗れば 今後も更なる上昇が続くと予想されます。
 → ポンド円146円 リスクオンの強気相場で目標は155円

ポンド円の目標は155円

中長期目標は1年前につけた、155円と見ています。
今買って、10円近くの上昇幅を期待するのはいかがでしょうか?

今のポンド円は非常に勢いがあるので、ファンダメンタルズ等を何も考えずに上昇相場にリスクオンで乗ってしまうのも良いかもしれません。

 

【まとめ】ポンド円が144.8円へ急上昇。英小売売上高発表受け

ポンド円が144.8円へ急上昇。英小売売上高の数値に反応しています。
クロス円は一時的に安値が出て来ていて 絶好の買い頃と言えます。

 

関連記事

 → ポンドどうなる イギリス保守党連立政権 3つのシナリオ

 → ポンド円2円急落も今後は155円へ強気の中長期見通し

 → ポンド円148円予想 米モルガン・スタンレーはポンド買い推奨

 → ポンド円146円台へ上昇 カーニー英中銀総裁のタカ派発言で

 → ポンド円140円台へ急落 カーニー英中銀総裁のハト派発言で

 → イギリス総選挙結果 与党保守党が過半数割れポンド安へ

 → イギリスEU離脱(ブレグジット)でポンド高は厳しい現実

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*