来週のポンド予想 6月8日の英国議会選挙予測次第で大荒れも

ポンド展望

来週のポンドは、6月8日の英国議会選挙での与党保守党の圧勝見通しが後退した影響が続きそうです。

今後の選挙予測次第ではポンド円の下落基調が続くかもしれません。逆に与党勝利の観測が強まると、ポンドは再上昇となる可能性もあります。

その辺のポンド予想について詳しく解説します。



ポンドは6月8日に控えた英国議会選挙前の予測次第で大荒れ相場予想

来週のポンド予想は、6月の英国議会選挙での与党保守党の圧勝見通し後退の影響が続きそうだ。

次なる世論調査や実際の選挙を見極めるまでは下値リスクが意識される。その分だけ5月のフランス大統領選選挙と同様、波乱なく与党勝利の観測が強まると、ポンドは再上昇となる可能性も。

05月27日 06時55分 来週の相場展望=5月29日の週

来週の注目は欧州での物価指標を始めとした経済指標だ。欧州では景気改善や政治リスクの一服などにより、6月ECB理事会での年後半に向けた超金融緩和策の縮小地ならしが焦点となっている。先行きの緩和縮小や終了、利上げという「出口戦略」のイベント材料が潤沢に残されていることで、利上げペース鈍化の観測が高まる米国との対比で、ユーロ高・ドル安の圧力が強まってきた。

もっとも欧州の経済指標については、ユーロ高や米国と中国の成長減速などもあり、追随鈍化となる可能性も無視できない。ユーロは対ドル、対円で中長期的な上昇余地が残るものの、短期的には調整下落となる場面も意識される。

また、ポンドについては、6月の英国議会選挙での与党保守党の圧勝見通し後退が重石となってきた。保守党は高齢者に厳しい公約が批判を浴びており、次なる世論調査や実際の選挙を見極めるまではユーロの下値リスクが意識される。その分だけ5月のフランス大統領選選挙と同様、波乱なく与党勝利の観測が強まると、ポンドは再上昇となる潜在余地を秘めている。

出典:FXニュースレター

英総選挙の世論調査で保守党のリード縮小でポンド急落

26日の欧州外為市場では、ポンド急落。

6月8日の総選挙を控えた支持率でテリーザ・メイ首相率いる保守党のリードが、野党・労働党に対して縮小した。これまでの世論調査では、保守党の圧勝が予想されていた。

あわせて、ポンド/ドルも下落。英総選挙の保守党不安の影響でポンドの下落幅が目立っています。

ポンド安・円高により、全般的に円高が優勢になっています。

ポンド円予想と投資戦略プラン

4月17日の安値135円台から、5月10日の148円まで急上昇し、計12円強も上昇してきたポンド円。
現在142円台に下落し、半値戻しの相場になっています。

正直、5月17日からのトランプ大統領の疑惑問題 がなければ、今頃円安に乗ってポンド円は150円台を余裕で突破していたでしょう。

しかし、ここに来て2週間を切った6月8日の総選挙に対する不安から、ポンドは大きく下落しています。

英国議会選挙動きに要注意

ここに来て、大きく動いたポンド。
今回の世論調査では保守党のリード縮小 とのことですが、このニュースがはたして2円以上も下げるような相場か?と問われると疑問が残ります。

はっきり言って過剰な反応というのが正直な印象です。

しかし、これまでもそうだったように、ポンド円の変動は大きく過剰に反応する傾向がありますので、今後も注意が必要です。

ポンド円は仕掛けるポイントを焦ると大変なことになります。リスクオンで動き出すタイミングを見極めてから相場に乗るのが一番堅実な投資プランのような気がします。あくまでも個人的な感覚ですが…。

つまり、私の見通しでは、今は「休み」相場です。
ポンド高、安、どちらに行くのか方向感が見えないので、もう少し様子を見るのが良いと思います。

 

【まとめ】来週のポンド予想 6月8日の英国議会選挙予測次第で大荒れも

来週のポンドの動きについては、6月8日開催の英国議会選挙での与党保守党の圧勝見通しが後退したことに関する影響が続きそうです。

次回の世論調査や実際の選挙を見極めるまでは下値リスクが意識される展開が予想されるだけに、当面はポンド円の下落基調が続くかもしれません。

もし、逆に与党勝利の観測が強まると、ポンドは再上昇となる可能性もあります。

そうなれば、一気に148円。さらには、中長期的には155円が見えてくる可能性もあります。

しばらくポンド円の動きに注目です。

関連記事

 → ポンドどうなる イギリス保守党連立政権 3つのシナリオ

 → ポンド円2円急落も今後は155円へ強気の中長期見通し

 → ポンド円148円予想 米モルガン・スタンレーはポンド買い推奨

 → ポンド円146円台へ上昇 カーニー英中銀総裁のタカ派発言で

 → ポンド円140円台へ急落 カーニー英中銀総裁のハト派発言で

 → イギリス総選挙結果 与党保守党が過半数割れポンド安へ

 → イギリスEU離脱(ブレグジット)でポンド高は厳しい現実

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → 【自信あり】ポンドドル予想 チャート推移から長期見通し判明

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*