なぜFRBイエレン議長はバランスシート縮小を急ぐのか?

FRBバランスシート縮小

FRBイエレン議長バランスシート縮小をなぜ急ぐのか?その答えは、株式・債券相場がミニバブルの様相を呈しているためです。

いったいどういうことなのか?理由を詳しく解説します。

株式・債券相場がミニバブルでFRBはバランスシート縮小を急ぐ

5日公表された6月13・14日開催分の連邦公開市場委員会(FOMC)議事録によると、市場の過熱が次の危機の種をまくかもしれないとの懸念がFRB内で高まりつつあるようだ。その対策としてバランスシート縮小を考えているようだ。

07月06日 16時13分 DJ-【焦点】FRB内に広がる資産バブルへの警戒感

 米連邦準備制度理事会(FRB)の金融緩和策は、米国株の8年に及ぶ上昇相場を支えてきた。

 5日公表された6月13・14日開催分の連邦公開市場委員会(FOMC)議事録によると、市場の過熱が次の危機の種をまくかもしれないとの懸念がFRB内で高まりつつあるようだ。

 この点は注目に値する。FRBは何年もの間、政策を変更する場合の基準として経済指標の動向を重視してきた。ただ、労働市場が堅調で金融環境も安定する中、株式・債券相場がミニバブルの様相を呈しているため、FRBはインフレ指標がこれ以上改善しなくても金融緩和の解消をより意識的に進める可能性がある。

 今回の議事録はサプライズがほぼなく、FRBが今年3回目の利上げや大規模なバランスシートの年内縮小に動く可能性に含みを持たせた。それでも投資家は、FOMC委員らの金融市場に関する発言がここ最近の会合よりも単刀直入になっていることに留意すべきだ。議事録によると、一部の委員は「投資家のリスク許容度(の高まり)が資産価格の上昇を助長している可能性がある」と指摘。また、「市場のボラティリティー(変動率)や株式プレミアムの低さが金融安定に対するリスクを高めかねないと懸念を表明した」委員もいたという。

 アムハースト・ピアポント証券のチーフエコノミスト、スティーブン・スタンリー氏は、これだけ資産価格に注目しているのなら、FRBがバランスシート縮小を早期に始める可能性は高いと指摘。それどころか、資産バブルを早めにつぶすことに注力するようになれば、FRBは経済指標の動向から妥当と考えられる水準よりも高い水準まで緩やかな利上げを続ける新たな口実を得ることになると述べた。

 FRB幹部らは6月下旬の講演で資産価格の上昇に警戒感を示していたが、今回の議事録の内容もそれと一致するものだった。

 FRBのスタンレー・フィッシャー副議長は国際通貨基金(IMF)の会合で講演した際、リスクテイクの拡大を示す兆候として、株価バリュエーションの上昇、社債スプレッドの狭さ、シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー指数(VIX)の極端な低さを挙げた。

 FRBのジャネット・イエレン議長は別の講演で、資産のバリュエーションは「幾分高い」と語った。サンフランシスコ地区連銀のジョン・ウィリアムズ総裁はオーストラリアのニュースメディアに対し、「超低金利下の金融システム内でやや行き過ぎと思われるリスクテイク」が起きている兆しがあると語った。

 マーケットフィールド・アセット・マネジメントのマイケル・シャオール会長兼最高経営責任者(CEO)は議事録の内容を踏まえ、FRBの政策と金融環境との関係はすでにある段階にまで進展していると指摘。その段階について、資産価格が急上昇する過程を目にした投資家は、それを緩和策の効果でなくむしろ引き締め策の前兆とみなすようになっていると述べた。

 シャオール氏は、大規模な金融緩和という「壮大な実験を始めた当初は(株価指数や信用スプレッドなどの尺度でみて)金融市場の健全性を高めるというのが金融政策の明確な目標だった」とした上で、「FOMCが『市場の敵』とみなされる段階にはまだ達していないが、株式・債券相場の上昇によって向こう数カ月の利上げペースが加速するかもしれない」と話した。

出典:Dow Jones

【まとめ】なぜFRBイエレン議長はバランスシート縮小を急ぐのか?

FRBは何年もの間、政策を変更する場合の基準として経済指標の動向を重視してきた。ただ、労働市場が堅調で金融環境も安定する中、株式・債券相場がミニバブルの様相を呈しているため、FRBはインフレ指標がこれ以上改善しなくても金融緩和の解消をより意識的に進める可能性がある。

FOMC議事録によると、一部の委員は「投資家のリスク許容度(の高まり)が資産価格の上昇を助長している可能性がある」と指摘。また、「市場のボラティリティー(変動率)や株式プレミアムの低さが金融安定に対するリスクを高めかねないと懸念を表明した」委員もいたという。FRB幹部らは6月下旬の講演で資産価格の上昇に警戒感を示していたが、今回の議事録の内容もそれと一致するものだった。

FRBは膨らみだした資産バブルを早めにつぶすために、バランスシート縮小を早期に始める可能性が高い。

FRB、FOMC関連記事

 → FRBバランスシート縮小で円安ドル高の為替相場へ

 → 米FRB「資産縮小計画」テーパリングで短期金利を引き上げへ

 → FRBのFOMC声明とイエレン議長会見 7つの要点

 → 【注目】FOMC利上げ後には円高ドル安が進むジンクスあり

関連記事

 → 2017年は10年に一度の経済パニックと大暴落が起こる?

 → 夏の円高、通貨危機に注意。7月後半から8月は「夏枯れ相場」

 → 2017年は世界的株安や不動産バブル崩壊からの円全面高に注意

 → 米ナスダック指数が過去最高値を更新 その秘密とは

 → vix指数である投資家が話題!読み通りなら300億円近い利益

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → 【自信あり】ポンドドル予想 チャート推移から長期見通し判明

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*