vix指数が2018年になり急上昇しているのは、なぜ?

vix指数

vix指数が2018年になり急上昇しているのは、なぜ?



VIX指数が急上昇の理由は…?

市場のボラティリティーと主要株価指数の相関性は複雑化しつつある。

今月はS&P500種株価指数が上昇したにもかかわらず、相場の予想変動率の目安となるシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー指数(VIX指数)も急速に上昇し始めた。

ストラテジストらは、こうした相関性が永遠に続くはずはないとみている。

例年と異なる?2018年のvix指数の動き…

S&P500種のオプション価格に基づき算出されるVIX指数は、投資家が神経質になり株式相場が下落する時に上昇することが多い。度々そうした動きが見られるため、株式市場の「恐怖指数」と呼ばれている。だが、今年の動きは異なっている。

珍しい現象だが、VIX指数は1月の営業日の大半で、S&P500種と同方向に動いている。

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のマーケット・データ・グループによると、同指数は今年これまでに4.9%上昇し、25日は11.58で取引を終了した。一方、S&P500種は年初来6.2%高と、1987年以来の好調な滑り出しだ。ABRダイナミック・ファンズの創業者、テイラー・ルコフ氏は、株式市場の活況と変動率の上昇が同時に出現している今月は「歴史的な月」だと語る。

VIX指数は20近辺の過去平均に比べ依然として低水準にあるとはいえ、その上昇は目をひく。昨年は史上最も落ち着いていた1年で、無風の市場に終わりが見えないかのようだった。

01月27日 07時13分 DJ-【焦点】市場のボラティリティー、復活するか 

 市場のボラティリティーと主要株価指数の相関性は複雑化しつつある。

 今月はS&P500種株価指数が上昇したにもかかわらず、相場の予想変動率の目安となるシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー指数(VIX指数)も急速に上昇し始めた。ストラテジストらは、こうした相関性が永遠に続くはずはないとみている。

 S&P500種のオプション価格に基づき算出されるVIX指数は、投資家が神経質になり株式相場が下落する時に上昇することが多い。度々そうした動きが見られるため、株式市場の「恐怖指数」と呼ばれている。だが、今年の動きは異なっている。

 珍しい現象だが、VIX指数は1月の営業日の大半で、S&P500種と同方向に動いている。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のマーケット・データ・グループによると、同指数は今年これまでに4.9%上昇し、25日は11.58で取引を終了した。一方、S&P500種は年初来6.2%高と、1987年以来の好調な滑り出しだ。

 ABRダイナミック・ファンズの創業者、テイラー・ルコフ氏は、株式市場の活況と変動率の上昇が同時に出現している今月は「歴史的な月」だと語る。

 VIX指数は20近辺の過去平均に比べ依然として低水準にあるとはいえ、その上昇は目をひく。昨年は史上最も落ち着いていた1年で、無風の市場に終わりが見えないかのようだった。

 一部では、投資家がS&P500種の上昇を見込むコールオプションに飛びつき、株高に追いつこうとしていることが背景にあるとの見方も出ている。

 相場の下落に対するヘッジはほとんどかけられていないようだ。ポートフォリオの縮小よりむしろ、株高に乗り遅れることを恐れる投資家もいるとアナリストは指摘する。

 だが複数のストラテジストが、1月のボラティリティー復活はこの先のさらなる乱気流の予兆となりうると警告し、市場の相関性は平常に跳ね返るとの見方を示している。

 シカゴに拠点を置くトゥルー・パートナー・アドバイザーの共同投資責任者、トバイアス・ヘクスター氏によると、市場は「ボラティリティーの底から抜けつつあるる」可能性がある。

出典:Dow Jones(THE WALL STREET JOURNAL)

vix指数 関連記事

 → vix指数である投資家が話題!読み通りなら300億円近い利益

 → vix指数 過去最低水準を更新するか?市場関係者は恐怖に…

 → 世界金融危機再び?VIX指数低下にヘッジファンドが警戒

投資 関連記事

 → 2017年は10年に一度の経済パニックと大暴落が起こる?

 → 「夏枯れ相場」7月後半から8月。夏の円高、通貨危機に注意

 → 2017年は世界的株安や不動産バブル崩壊からの円全面高に注意

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → 【自信あり】ポンドドル予想 チャート推移から長期見通し判明

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*