ユーロ高でも欧州株が持ちこたえられる理由

欧州株

米格付け大手ムーディーズは30日、ユーロ高が内需回復の阻害要因にはならないはずだと指摘し、2017年の域内成長見通しを2.1%、18年を1.9%にそれぞれ引き上げた。最近発表されたユーロ圏景況感指数でもユーロ高が足かせになっている様子は示されなかった。

通貨高にもかかわらず、企業利益の成長予想は小幅に下方修正されたにすぎない。調査会社ファクトセットはStoxx欧州600指数を構成する企業の利益が17年に12.5%、18年に8.2%増加すると見込んでいる。

ここ数週間、ユーロの上昇スピードと上昇幅が株価の重しになってきたことは疑いない。しかし、通貨高の主因がユーロ圏の明るい景気見通しにあるとすれば、為替に対する投資家の不安は行き過ぎだったということが明らかになるはずだ。

欧州の経済見通しは引き続き良好?

米格付け大手ムーディーズは30日、ユーロ高が内需回復の阻害要因にはならないはずだと指摘し、2017年の域内成長見通しを2.1%、18年を1.9%にそれぞれ引き上げた。最近発表されたユーロ圏景況感指数でもユーロ高が足かせになっている様子は示されなかった。

通貨高にもかかわらず、企業利益の成長予想は小幅に下方修正されたにすぎない。調査会社ファクトセットはStoxx欧州600指数を構成する企業の利益が17年に12.5%、18年に8.2%増加すると見込んでいる。

ここ数週間、ユーロの上昇スピードと上昇幅が株価の重しになってきたことは疑いない。しかし、通貨高の主因がユーロ圏の明るい景気見通しにあるとすれば、為替に対する投資家の不安は行き過ぎだったということが明らかになるはずだ。

09月01日 14時45分 DJ-【コラム】ユーロ高でも欧州株が持ちこたえられる理由

通貨ユーロが上昇すれば欧州株は下落する。本当にそうだろうか。

 欧州主要企業600社で構成するStoxx欧州600指数の全体的な値動きから判断すれば、確かにその通りだ。今年の出だしは幸先の良いものだったが、5月以降はユーロ高に弾みが付くとともに同指数は失速。欧州大陸では経済に関する好材料が続出しているが、年初からの同指数の上昇率は3.2%にとどまっている。しかし、表面を見ただけで全体を理解することはできない。

 ユーロ相場は対ドルで年初から13%上昇し、企業が海外で稼いだ利益に打撃を与えるとの懸念が浮上している。一方、これは欧州以外の投資家にとってリターンを押し上げる要因となる。ドル建てのStoxx欧州600指数は年初から16.5%上昇しており、S&P500種株価指数の9.8%を優に上回っている。

 しかし、注目すべき対象はユーロ高だけではない。内需もユーロ圏の強さを生み出す重要な源泉で、大手輸出企業の間でもそうだ。例えば、ドイツ連邦統計局が8月25日に発表した4-6月期(第2四半期)の国内総生産(GDP)改定値では内需が前期比1%増加した。ただし、純輸出の減少が重荷となって全体では0.6%増にとどまった。

 欧州の経済見通しは引き続き良好だ。米格付け大手ムーディーズは30日、ユーロ高が内需回復の阻害要因にはならないはずだと指摘し、2017年の域内成長見通しを2.1%、18年を1.9%にそれぞれ引き上げた。最近発表されたユーロ圏景況感指数でもユーロ高が足かせになっている様子は示されなかった。通貨高にもかかわらず、企業利益の成長予想は小幅に下方修正されたにすぎない。調査会社ファクトセットはStoxx欧州600指数を構成する企業の利益が17年に12.5%、18年に8.2%増加すると見込んでいる。

 出遅れ銘柄の一部にも買いが入っている。ユーロ高の一因は欧州中央銀行(ECB)が異例の金融政策を緩やかに解除するだろうとの見方だが、これが利回り曲線(イールドカーブ)のスティープ化(長短金利差が大きくなる)につながるのなら、金融銘柄にとって良いニュースとなるはずだ。スイスの金融大手UBSが指摘したように、ユーロ圏の銀行は景気循環へのエクスポージャーと域内重視という2つの好材料を併せ持っている。Stoxx欧州600銀行株指数の年初からの上昇率は11.7%と、Stoxx欧州600指数を上回っている。

 ここ数週間、ユーロの上昇スピードと上昇幅が株価の重しになってきたことは疑いない。しかし、通貨高の主因がユーロ圏の明るい景気見通しにあるとすれば、為替に対する投資家の不安は行き過ぎだったということが明らかになるはずだ。

 出典:Dow Jones

アメリカ、世界の株式 関連記事

 → アメリカで資産バブル崩壊の恐れ FRBイエレン議長発言

 → 最高値更新のアメリカ株バブルがついに崩壊する2つの理由とは?

 → 米ダウ平均 史上最高値を支えるドル安と5つの好材料とは?

 → ニューヨークダウ平均株価 史上最高値更新の理由は3つ

 → スイス銀行株が年初来2倍の高値へ 大人気の理由とは?

FRB、FOMC関連記事

 → FRBバランスシート縮小で円安ドル高の為替相場へ

 → 米FRB「資産縮小計画」テーパリングで短期金利を引き上げへ

 → FRBのFOMC声明とイエレン議長会見 7つの要点

 → 【注目】FOMC利上げ後には円高ドル安が進むジンクスあり

 → アメリカ利上げする?低失業率で低インフレ率では利上げ無理?

関連記事

 → 2017年は10年に一度の経済パニックと大暴落が起こる?

 → 「夏枯れ相場」7月後半から8月。夏の円高、通貨危機に注意

 → 2017年は世界的株安や不動産バブル崩壊からの円全面高に注意

 → ハリケーン「ハービー」被害額は?ダウやドル円為替の影響は?

 → vix指数である投資家が話題!読み通りなら300億円近い利益

 → ジャクソンホール会議って何?どこで誰が何について話し合うの?

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → 【自信あり】ポンドドル予想 チャート推移から長期見通し判明

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*