ユーロ円上昇予想 フランス大統領選挙はマクロン候補優勢

ユーロ円フランス大統領選挙

5月7日のフランス大統領選挙の決選投票を前に、先程テレビ討論会が開催されました。
テレビ討論会の結果、視聴者の63%がマクロン氏に軍配を上げました。 

フランス大統領選挙の結果を前に、市場は反応。 ユーロ円は上昇しています。

フランス大統領選挙の結果予想と、ユーロ円の動きについて詳しく解説します。

注目のフランス大統領選挙は5月7日 ユーロ円の行方を予想

いよいよフランス大統領選挙の決選投票日である 5月7日が近付いてきました。

22日(土)の記事で フランス大統領選 第1回投票の行方 
について書いた通りフランス大統領選挙 第1回投票の結果を受け  24日はユーロ高、円全面安となりました。

24日早朝のユーロ円急騰の原因と市場の反応については
 → 【暴騰】ユーロ円、早朝から3円以上の急騰 その理由を解説
 → フランス大統領選挙の結果を受けたユーロ急騰はやり過ぎとの声も
という記事に詳しく書きましたので読んで下さい。

5月7日のフランス大統領選挙決選投票は、マクロン候補優勢と言われていました。
というのも、第1回投票で敗れた他の有力候補者が、マクロン候補を支持すると相次いで発表したからです。

その流れの中、先程テレビ討論会が開催されました。

フランス大統領選挙のテレビ討論会、視聴者はマクロン氏の勝利を予想

フランス大統領選挙のテレビ討論会の結果、視聴者の63%がマクロン氏に軍配を上げました。 

【フランス大統領選挙】 テレビ討論会、視聴者はマクロン氏に軍配

フランス大統領選挙の決選投票を7日に控え、極右「国民戦線」のマリーヌ・ル・ペン氏と中道派のエマニュエル・マクロン氏がテレビ討論会で2時間以上にわたり、お互いを攻撃し続けた。その結果、視聴者の63%がマクロン氏に軍配を上げた。

仏テレビ局BFMTVが視聴者の意見を調べたところ、63%がマクロン氏の方が「説得力があった」と回答。ほとんどのテーマについて、マクロン氏の方が高評価だった。

討論会の主な話題はテロ対策、経済、欧州との関係など。ル・ペン氏は、投資銀行出身で前経済相のマクロン氏を「野蛮なグローバル化の候補」と呼び、マクロン氏が示すフランスの姿は「全員が自分のためだけに戦う、(銀行や証券会社の)ディーリングルームのようなもの」と非難した。

これに対してマクロン氏は、ル・ペン氏が公然と嘘をつき、何ひとつ提案せず、国民の懸念を大げさに吹聴していると反論。「恐怖の巫女様が目の前に座っている」と皮肉った。

BFMTVはテレビ討論会を観た18歳以上の1314人に対して、反応を調査。第1回投票で左派ジャン=リューク・メランション候補に入れた有権者の3分の2が、マクロン氏の方が「説得力がある」と評価。共和党のフランソワ・フィヨン候補に入れた58%も、同様にマクロン氏を評価した。

さらに、どちらの候補がより正直で、有権者の価値観に近く、より良い政策を掲げているかという質問についても、マクロン氏が優位だった。

仏大統領選の決選投票に、右派と左派の二大政党から候補が出ていないのは異例。推定18%の浮動票の動向が重視される一方、マクロン氏はすでに得票率59%が予想されている。

出典:BBC

ユーロ円上昇 フランス大統領選挙はマクロン候補優勢予想

5月7日のフランス大統領選挙決選投票を前に、マクロン氏はすでに得票率59%が予想されています。

フランス大統領選挙前にもかかわらず、この結果を受け、市場は反応。 ユーロ円は上昇しています。

05月04日 17時46分 ユーロ/円を中心に円売りが継続=4日欧州外為

前経済相のマクロン候補が支持率を伸ばし、7日のフランス大統領選決選投票を巡る懸念が後退したことを受け、ユーロ/円が123.30円近辺に続伸となった。また。ユーロ/円の上昇に先導され、リスク選好による円売りが持続、ドル/円は112.80円台でドルが底堅く取引され、豪ドル/円の下落も一服、83.60円前後で揉み合いとなっている。

出典:FXニュースレター

 

ユーロ円予想 市場は既にフランス大統領選挙結果を織り込み

すでに市場では5月7日のフランス大統領選挙の結果をマクロン氏確定と予想し、ユーロ円相場に織り込み始めています。おそらく、5月7日の「フランス大統領選挙」というイベントの結果に対する ユーロ円市場を始めとする為替市場への影響は極めて少なそうです。

逆に、マクロン氏が敗れた場合のインパクトは相当強烈なものになりますが、その可能性はかなり低いと予想されています。

ユーロ関連記事

 → ユーロ高の原因は何?謎のユーロ高の2つの理由を解説します

 → 2017年ジャクソンホール会議の注目はECBドラギ総裁発言

 → ユーロ高なぜ?経済指標やECB発言無しで謎の上昇いつまで続く

 → 【急騰】ユーロ高円安、早朝から3円以上ユーロ高の原因は何?

 → ECBドラギ総裁 量的緩和段階的縮小(テーパリング)へ

 → ドラギECB総裁タカ派発言でユーロ円は1年ぶり高値更新

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → 【自信あり】ポンドドル予想 チャート推移から長期見通し判明

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*