ユーロドル今後どうなる?2019年半ばに1.08ドルへ下落の可能性?

ユーロドル日足チャート

ユーロドルの今後の見通しとして、2019年半ばには1.08ドル台へ下落するのでは?とのユーロ安の予想が出ています。



■ユーロドル今後どうなる?2019年半ばに1.08ドルへ下落の可能性?

オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)の予想では、ユーロは2019年半ばまでに現在の1.14ドル近辺から1.08ドルへ下落すると見込んでいます。

その理由として、足元の金利動向や貿易をめぐる不透明感、弱い経済指標が今後数カ月ユーロの重荷になること。

また、政治面では、3月のイギリスの欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)問題、5月の欧州議会選挙などがユーロ下落リスクとなる。さらには、フランスで続いている大規模な抗議デモやイタリアの予算案問題ドル安の影響もユーロ安リスクになると予想しています。

ユーロ、来年半ばまでに1.08ドルへ下落か

オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)は、足元の金利動向や通商面の不透明感が今後数カ月は引き続きユーロの重荷になるとの見方を示した。

 同行はユーロが2019年半ばまでに足元の1.14ドル近辺から1.08ドルへ下落すると見込む。「貿易を巡る不透明感が引き続きユーロ圏の成長の足かせになる」と指摘した。

 政治面では、3月の英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)や5月の欧州議会選挙など、来年は多くのイベントがある。

 また、フランスで続いている大規模な抗議デモやイタリアの予算案問題が、財政緊縮継続への機運が低下していることを示しているのは明らかだと同行は言う。

出典:Dow Jones(THE WALL STREET JOURNAL)

■ユーロドル チャートも今後はユーロ安を予測

また、日足チャートでもユーロドルは長期の下落レンジチャートが続いており、ユーロ安リスクが警戒されています。

ユーロドル日足チャート

上図のユーロ/ドルの日足チャートを見て下さい。

2019年1月には1.100ドルへ向かうのではないかと予想します。

■ユーロ円予想

ユーロ円チャート

ユーロドルの下落が予想される中、ユーロ円も下落相場が予想されます。

ユーロ円の場合、ドル円相場の影響が大きいので、ユーロ/ドル相場と全く同じ動きにはなりませんが、ユーロドルの下落相場が続くようであれば、当面の高値は132~133円程度と見て、今後中長期的には、125円割れの展開になると予想します。

【まとめ】ユーロドル今後どうなる?2019年半ばに1.08ドルへ下落の可能性?

ユーロドルの今後の見通しとして、2019年半ばには1.08ドル台へ下落するのでは?とのユーロ安の予想が出ています。

今後のユーロドル相場に注目です。

■ユーロ関連記事

 → 「ユーロドル、ユーロ円」関連記事まとめ(今後のユーロ見通しと為替予想)

「ユーロドル、ユーロ円」関連記事まとめ(今後のユーロ見通しと為替予想)

 → 来週のユーロドル予想

 → ユーロ高の原因は何?謎のユーロ高の2つの理由を解説します

 → ユーロ高なぜ?経済指標やECB発言無しで謎の上昇いつまで続く

 → ユーロ安いつまで続く?今後 1.10ドルへ下落の見通し?

 → ユーロ利上げは2019年10月以降の予想で今後もユーロ安の見通しか?

 → 2020年は2年に一度のユーロドル相場の大暴落が起こる?

 → ユーロが急落 今後ユーロドル売りを強くおすすめする2つの理由

 → 今後のユーロドル見通しは?イタリア、トルコ問題でユーロ安はまだ続く?

 → ユーロ安の原因は何?突然ユーロ安となった3つの理由とは?

 → 2019年ユーロ安はいつまで続くの?ユーロ安の原因と4つの理由とは…

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → ポンドドル中長期見通し ポンドドルをおすすめする2つの理由

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの予想と中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*