ユーロドル イギリスEU離脱問題で1.10ドルまで下落の見通し?

ユーロドルチャート

ユーロ/ドルが、イギリスEU離脱問題の影響で、1ユーロ=1.10ドルまで下落の見通しが出ています。



■ユーロ/ドル イギリスEU離脱問題で1.10ドルまで下落の見通し?

ユーロドルチャート

DZバンクによると、イギリスが欧州連合(EU)と合意できないままEUを離脱(ハードブレグジット)すれば、ポンドは大きな打撃を受け、ユーロにも著しい下押し圧力がかかる。と予想しています。

予想によると、ポンド相場は当初15~20%下落し、最大で1ポンド=1.05ドルまで大幅下落となる予想。ユーロも強い圧力にさらされ、1.10ドルを割り込むと予想しています。

現在ポンドは1.3181ドル、ユーロは1.1697ドルで推移しています。

英ポンド、当初は15~20%下落も 合意なき離脱なら

DZバンクは、英国が欧州連合(EU)と合意できないままEUを離脱すれば、英ポンドは大きな打撃を受け、ユーロにも著しい下押し圧力がかかると予想している。

 DZバンクのアナリスト、ソーニャ・マーテン氏によると、このところ合意なき離脱の確率が高まっているが、依然としてリスクシナリオだという。

 そのシナリオによると、ポンド相場は当初15~20%下落。ユーロも強い圧力にさらされ、1.10ドルを割り込む見込みだ。

 足元でポンドは0.3%高の1.3181ドル、ユーロは0.3%高の1.1697ドルで推移している。

出典:Dow Jones(THE WALL STREET JOURNAL)

今後ユーロ安ドル高になる他の理由は?

今後ユーロ安ドル高になるのではないか?と予想するその他の理由は、

  • ユーロ圏の利上げは2019年まで据え置かれる見込み
  • 2017年のユーロ相場はファンダメンタルズ以上の過剰なユーロ高

という印象があり、2018年にはその過剰なユーロ高の調整局面となり、ユーロ安になるのでは?というのが予想の理由です。

実態よりも、上がりすぎの感があるユーロ。2018年のユーロ予想は、やはり長期的なユーロ安ドル高です。

では、次にチャートを見ながら、いくらぐらいまでユーロ安ドル高が進むのか理由とともに説明します。まずは、ユーロドルの値動きから見ていきましょう。

下のユーロ/ドルの日足チャートを見て下さい。

ユーロドルチャート

今後は、2018年秋に向けてややユーロ高となり、2018年末にかけて再びユーロ安となり、その後2019年1月頃には1.100ドルへ向かうのではないかと予想します。

 → ユーロ安いつまで続く?2018年末に1.10ドルへ下落の見通し?

ユーロ安いつまで続く?2018年末に1.10ドルへ下落の見通し?

今後のユーロ安がいつまで続くのか?今後のユーロドルの見通しに注目です。

 → ユーロ安はいつまで続くの?ユーロ安の原因となった4つの理由とは…

2018年ユーロ安はいつまで続くの?ユーロ安の原因と4つの理由とは…

【まとめ】今後のユーロドル見通しは?イタリア、トルコ問題でユーロ安はまだ続く?

ユーロ/ドルが、イギリスEU離脱問題の影響で、1ユーロ=1.10ドルまで下落の見通しが出ています。

今後のユーロドル相場に注目です。

 

■ユーロ関連記事

 → 「ユーロドル、ユーロ円」関連記事まとめ(今後のユーロ見通しと為替予想)

「ユーロドル、ユーロ円」関連記事まとめ(今後のユーロ見通しと為替予想)

 → 来週のユーロドル予想

 → ユーロ高の原因は何?謎のユーロ高の2つの理由を解説します

 → 2017年ジャクソンホール会議の注目はECBドラギ総裁発言

 → ユーロ高なぜ?経済指標やECB発言無しで謎の上昇いつまで続く

 → ECBドラギ総裁 量的緩和段階的縮小(テーパリング)へ

 → ドラギECB総裁タカ派発言でユーロ円は1年ぶり高値更新

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → ポンドドル中長期見通し ポンドドルをおすすめする2つの理由

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*