ユーロドル見通し 年末に1.13ドルへ大幅下落でユーロ安?

ユーロドル

市場のトレーダーらは現在、ユーロ買い・ドル売りへと極端に傾いており、チャートはヘッド&ショルダー(三尊)パターンのトップを形成しつつあるとみられ、最近付けた安値を割り込むようだと、ユーロは1.13ドルに向けて下落する可能性がある。



ユーロドル 年末に1.13ドルへ大幅下落でユーロ安の見通し

銀行系のアナリストはユーロの長期見通しを強気にシフトしており、欧州中央銀行(ECB)の量的緩和(QE)縮小はほぼ織り込み済みのうえ、欧米間の政治リスクにも差があまりなくなっており、ユーロは利回りがドルより低い状態から抜けだしつつあると考えているようです。

しかし、ユーロのチャートはヘッド&ショルダー(三尊)パターンのトップを形成しつつあり、今後、安値を割り込むようだと、ユーロドルは1ユーロ=1.13ドルに向けて下落する可能性があるとみている。

10月18日 09時15分 DJ-【市場の声】ユーロ、1.13ドルに向け下落の可能性=AmpGFX

 外国為替市場では今年に入ってから、大半の期間を費やしてユーロの構造的なショート(売り持ち)が解消されてきた。

 だが、為替投資顧問会社アンプリファイング・グローバルFXキャピタル(AmpGFX)の為替ストラテジストのグレッグ・ギブス氏によると、銀行系のアナリストはユーロの長期見通しを強気にシフトしており、欧州中央銀行(ECB)の量的緩和(QE)縮小はほぼ織り込み済みのうえ、欧米間の政治リスクにも差があまりなくなっており、ユーロは利回りがドルより低い状態から抜けだしつつある。

 トレーダーらは現在、ユーロ買い・ドル売りへと極端に傾いており、チャートはヘッド&ショルダー(三尊)パターンのトップを形成しつつあるとみられる。ギブス氏は、最近付けた安値を割り込むようだと、ユーロは1.13ドルに向けて下落する可能性があるとみている。

出典:Dow Jones

ユーロ関連記事

 → ユーロ高の原因は何?謎のユーロ高の2つの理由を解説します

 → 2017年ジャクソンホール会議の注目はECBドラギ総裁発言

 → ユーロ高なぜ?経済指標やECB発言無しで謎の上昇いつまで続く

 → 【急騰】ユーロ高円安、早朝から3円以上ユーロ高の原因は何?

 → ECBドラギ総裁 量的緩和段階的縮小(テーパリング)へ

 → ドラギECB総裁タカ派発言でユーロ円は1年ぶり高値更新

世界経済 関連記事

 → 2017年は10年に一度の経済パニックと大暴落が起こる?

 → 「夏枯れ相場」7月後半から8月。夏の円高、通貨危機に注意

 → 2017年は世界的株安や不動産バブル崩壊からの円全面高に注意

 → ハリケーン「ハービー」被害額は?ダウやドル円為替の影響は?

 → vix指数である投資家が話題!読み通りなら300億円近い利益

 → ジャクソンホール会議って何?どこで誰が何について話し合うの?

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → 【自信あり】ポンドドル予想 チャート推移から長期見通し判明

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*