エドワードグリーンのチェルシー202Eを7年履いた正直な感想…

エドワードグリーンチェルシー黒1

私がエドワードグリーンの「チェルシー 202E」を購入したのは7年前。

「靴で10万円以上なんて、あり得ないよね…?」

何度も頭の中にその言葉が浮かんでは消え、なかなか購入する勇気が持てなかった「エドワードグリーン」…。

しかし、雑誌で見かけるたびに心踊らされ「やっぱり、欲しいなぁ~」と思っていたら、ついにバーニーズのセールで偶然発見し購入!

どうせ1度きりの人生…。
最高級靴ってどんな靴なのか? 死ぬまでに一度試したいっ!
と清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入しました。

そして今、エドワードグリーンの「チェルシー 202E」を7年履いた正直な感想…をまとめました。



■靴で10万円以上? 何年も悩む…

正直言って、私がエドワードグリーンを買うまでに何年も悩んだ理由は、価格の高さです。
とにかくエドワードグリーンは高いっ! 

靴と言うと、どうしても消耗品というイメージがあり、その消耗品に10万円以上って…。高くないっ?
貴族の道楽か…?って感じがしてしまいます。

女性がプラダやルイヴィトンのバッグを購入するのは理解できます。バッグは消耗品では無いですからね…。

でも、やっぱり靴に10万円って無いよね…。

■どうせ1度の人生。最高級靴ってどんな靴なのか?死ぬまでに一度試したい!

でも、ある日、雑誌のキャッチコピーで
「男なら一生に一度は履きたい靴。エドワードグリーン」

なんて感じの文章が目に飛び込んできちゃって、それからもう物欲が止まらない…。

そしてついに購入した、
エドワードグリーンのチェルシー(CHELSEA)は…

■スワンネックステッチがとにかく美しい!

エドワードグリーンのチェルシー(CHELSEA)の代名詞とも言われる「スワンネックステッチ」
その美しさは格別でした…。

エドワードグリーンチェルシーチェスナット2

私が購入したチェルシー(CHELSEA)は「Eウィズ #202ラスト」「サイズ7.0E」。

色は、明るい茶色(チェスナットアンティーク)です。
グレーのパンツに合わせると最高に格好良いです!

■やっぱり、エドワードグリーンは凄い!

まず、購入後に自宅で早速エドワードグリーンを磨きました。

驚いたのは、軽く布で磨くだけでピカピカに輝く革質の素晴らしさ。こんな革靴は初めてです…。

そして、いよいよ玄関で足を入れるその瞬間…。
靴を履くときに「シュポッ」と足のかかとから空気が抜けるときのあの独特な音…。

そして、朝履く時は窮屈な感じがするのに、
歩いているとまるで自分の足の体温で革が伸びて足を包み込むようにジャストフィットするような感覚…。
靴に包み込まれているような極上の履き心地…。

本当にエドワードグリーンは最高です。
正直、こんなに素晴らしい革靴がこの世に存在するなんて夢にも思いませんでした…。

本当に冗談抜きで、男なら是非一度、試してみて欲しい。
こんな革靴があるんだっ!
って本当にびっくりすると思いますよ。

■はじめてのエドワードグリーン。おすすめは「チェルシー」の黒

初めてのエドワードグリーンは、ドーバー(DOVER)チェルシー(CHELSEA)で、どちらにするか迷うと思いますが、チェルシーはストレートチップなので、黒なら冠婚葬祭にも履けますし、大事な会議やプレゼン、会食など、どんな人と会う時でも失礼に当たらない最高の靴です。

目上の方と同席する際には、やはりストレートチップ、しかも黒が間違いがないです。
持っていて損はありません。

履く場面を選ばないので、購入しても履かないのでもったいない…。
なんて事も無いので、はじめてのエドワードグリーンは、
チェルシーの黒がおすすめです。

エドワードグリーンチェルシー黒1

■サンモトヤマのセールで購入

このチェルシー(CHELSEA)の
「Eウィズ #202ラスト」「サイズ7.5E」黒(ブラック)
は銀座のサンモトヤマに偶然立ち寄ったら、なんとセールになっていてゲットできました!

細かい金額は忘れてしまいましたが、定価12.5万円を7.5万円程で、40%オフで購入できました!

これはかなりのサプライズ価格でした!

エドワードグリーンチェルシー黒2

 バーニーズニューヨークのセールで購入

先程紹介した、
チェルシー(CHELSEA)の「Eウィズ #202ラスト」「サイズ7.0E」明るい茶色(チェスナットアンティーク)は、
バーニーズニューヨークのセールで購入しました。

エドワードグリーンチェルシーチェスナット2

 

細かい金額は忘れてしまいましたが、
定価13万円を9万円程で、30%オフで購入できました!

感謝です!

エドワードグリーンチェルシーチェスナット3

エドワードグリーンのサイズ感について

私の場合、チェルシーの1足目は 「サイズ 7.0E」を購入しました。
しかし「サイズ 7.0E」を履いていると横幅が窮屈で1日中、外を歩き回ると夕方には左足の小指の外側が擦れて足の皮がむけてしまいました。

ですので、チェルシーの2足目の黒は「サイズ 7.5E」にしました。

このような失敗経験から、エドワードグリーンを購入する際の、おすすめラストやウィズ、サイズ感について、まとめました。
是非、サイズ選びの際の参考にしてみて下さいね!

 → 【失敗談】エドワードグリーンを買う時に悩む…サイズ目安は?

 → 【体験談】エドワードグリーンはラストが違うと履き心地はどう違う?

エドワードグリーンのシューツリーについて

エドワードグリーンの純正シューツリーは、2013年当時で17,850円しました。

さすがに高いな…と思い、はじめてチェルシーを買った時は、伊勢丹のシューリペアで聞いたところ、純正でなくてもこちらで十分!と言われ「9,500円」のシューツリーを購入。(それでも高いですが…)

しかし、ドーバーを買ったこの時は、何故か金銭感覚が狂っていたのか…はたまた、エドワードグリーンのシューツリーが欲しい!というどうしようもない物欲にまみれたのか記憶は定かではありませんが、17,850円で購入しちゃいました。
(一応、三越伊勢丹の株主優待で10%オフで購入しましたが…そういう問題ではない?)

ちなみに、エドワードグリーンのシューツリーは、202ラストも、606ラストも同じシューツリーだそうです。

下の写真にチラッと見えているのが、エドワードグリーンの純正シューツリーです。

エドワードグリーンチェルシー黒1

機能的に、そこまでのコスパはないと思うので、
冷静に考えると、なんて無駄な買い物…と思ってしまうのですが、
「なんか…、純正欲しいよね…かっこいいよね…」
っていう自己満足感の欲求を抑えきれず…。購入してしまいました。

ですので、
冷静な今は、友人に「純正のシューツリーでしょ!」って勧める気にはなりません。

「9,500円で、十分っしょ!」って言ってます。(笑)

【まとめ】エドワードグリーンのチェルシー202Eを7年履いた正直な感想…

エドワードグリーンのチェルシー(CHELSEA)の代名詞とも言われる「スワンネックステッチ」。
その美しさは格別です…。

さらに、素晴らしい革質。かかとに吸い付いて離れないヒールカップのクオリティ、まるでスニーカーのように足にくっついて反り返るソールの柔軟性、柔らかさ…。この体験は他の靴ではできない…。

なんで、こんなに足にフィットするのか謎です。

革が良いからなのか?靴底の素材の良さなのか?コルクなのか?縫い方、つまり技術なのか?
素人の私にはまったく謎ですが、
ただただ、本当に素晴らしい靴…なんです。

ただ問題は価格ですよね…とにかくエドワードグリーンは高いっ! 

聞くところによると、本革の値上げがあり、3~4年前ぐらいから毎年のように値上げを繰り返し当時から1.3~1.4倍ぐらいの価格になってしまったイメージです。
 → エドワードグリーンの価格が再値上げ!6年間で価格が2倍って本当?

ですので、セールで少しでも安く手に入れたいものですね。
 → エドワードグリーン最新セール情報をまとめました

 → 【セール】エドワードグリーン取り扱い店舗でセールやってます!

エドワードグリーン 関連記事

 → エドワードグリーンのドーバー606Eを5年履いた正直な感想…

お得な買い物情報

 → ラコステ(LACOSTE)のポロシャツを安く買う3つの方法

 → ジョンスメドレーを安く買う方法 個人輸入が簡単で激安

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*