為替市場はドル円111.80をターゲットにもみ合い相場

ドル円ターゲット

市場では、

  • 円全面安リスクオンの流れか?
  • ドル円は次は111.80がターゲット

という声が出ています。

本日の為替市場はドル円111.80をターゲットにもみ合い相場が続いていますが、
現時点では「円高に向かう要素が無い」という強気の声も出てきており、
円安ムードが強くなっているようです。

その辺を詳しく解説します。

 



為替市場はドル円111.80をターゲットにもみ合い相場

一昨日25日は、ドル円110円台の上値の重さが意識され仕掛けづらい相場 
でしたが、昨日26日の米市場では111円まで一気に進み、
円安の流れが意識されてきました。
 → 円全面安リスクオンの流れか?ドル円111.80がターゲット

しかし本日の為替市場は、ドル円111.80円を意識したもみ合い相場となっております。

04月27日 09時30分 ケンティッシュ・ブレーク 概況編

予想レンジ
ドル円     110.50~111.80
ユーロ円    120.50~122.00
ユーロドル   1.0850~1.0980
豪ドル円    82.50~83.80

トランプ大統領就任から100日を前にして、ようやく税制改革案の骨組みが発表される運びとなり、事前予想通りに法人税を現行の35%から15%に引き下げるが、国境調整税は先延ばしされるなど、相対的には米財政事情に配慮した内容とも言える。反面、トランプ大統領令が相次いで頓挫する中、実効性には疑問符を残しており、今後も税制改革案の進捗状況に注目せざるを得ないだろう。その中、北朝鮮問題は引き続き米朝双方が一歩も引き下がる様相を見せておらず、未だに一触即発の状況には変わりがないが、中国が北朝鮮への経済制裁を如何に促進するかに関心が高まっており、相対的なリスク回避の動きが和らぐと共に、ドルの買戻しは一旦小休止の展開を見せ始めている。

一方、ドル円は急ピッチのドル買いを踏まえて、実需や利益確定売りが随所に散見されており、徐々にドル円111円台の上値の重さが意識されている。本日の日銀金融政策決定会合では現状の金融政策維持が予想されており、相場を動意づかせる材料には乏しく、引き続北朝鮮戦問題を睨みながらもみ合い相場が予想されるだけに、直近のレンジ幅110.50~111.50円重視で臨むことが一考であろう。

他方、ユーロドルは仏大統領選挙の一服したことを受けて、底堅い展開ではあるが、依然として、ドル主導の展開を余儀なくされており、ドル円と同様に直近のレンジ幅での攻防と見なした方が無難であろう。

出典:アセットクラス&WEBコンサルティングLLC

 

フランス大統領選を受けてユーロ円急騰!円全面安

22日(土)の記事で フランス大統領選 第1回投票の行方 
について書いた通り、選挙の結果を受け、
 24日はユーロ高、円全面安となりました。

24日早朝のユーロ円の急騰に関する原因は
【暴騰】ユーロ円、早朝から3円以上の急騰 その理由を解説
という記事に詳しく書きましたので読んでみて下さい。

 

【今後の展望】リスクオンで円安トレンドか?

市場ではリスクオンの円安に向かう流れが見えてきました。

市場の声でも「円高に行く要素が無い」
と言う声も出てきており、円安に向かうのではという声が増えてきました。

しかしながら、金融機関の予想はこれに反し、
先週末(4月21日)時点ではドル円の先行き見通しを円高方向に修正する金融機関が相次いでいるようでした。

流れが変わった?リスクオンの円安が加速するのか?

24日のユーロ円急騰は、やりすぎでは?という声も出ています。
市場では、想定通りの選挙結果なのに3円も急騰するのはおかしいのでは?
という反応のようです。(詳しくは下記記事にまとめました)

 → フランス大統領選の結果を受けたユーロ急騰はやり過ぎとの声も

ですので、今後数日かけて、3円を取り戻す相場になる可能性もありますが、
昨晩からリスクオンの円安の動きが強いです。

一昨日25日の日本市場では、
ドル円は110円台の上値の重さが意識され仕掛けづらい相場でしたが、
米市場では一気に111円台へ突入しました。

この動きを受け、市場では

  • 円全面安リスクオンの流れか?
  • ドル円は次は111.80がターゲット

という声が出て来ています。

もしかしたら、一気に流れが変わったかもしれません。

今後のFX豪ドル見通しと投資戦略プラン

一方、豪ドル円のトレンドは先日の記事
豪ドルの見通し好転、IMFの世界成長予想引き上げ
の通り、買いトレンドです。

しかし、円全面安の流れの中、豪ドルの弱さが気になります。

 

円安なのに豪ドル円弱い。先週の81円台が気になる…

基本的な豪ドル円への投資プランは変わりません。

今後も安値を更新したらコツコツ買い建てるのが良いでしょう。
例えば、81円、80円と下値を刻む毎にコツコツ買い建てていくようなプランです。

今後のプランとしては安値77円もリスクとして見据えたうえで、
資金配分すると良いと思います。

 

【まとめ】為替市場はドル円111.80をターゲットにもみ合い相場

市場では、

  • 円全面安リスクオンの流れか?
  • ドル円は次は111.80がターゲット

という声が出ています。

本日の為替市場はドル円111.80をターゲットにもみ合い相場が続いていますが、
現時点では「円高に向かう要素が無い」という強気の声を出てきており、
円安ムードが強くなっているようです。

さてさて、もうすぐGWです。

GW中も海外市場は動きますから急な変動に備えて、できれば今週中に建玉を整理しておきたいところですね。もし、建玉が整理しきれなかった場合は、急な為替変動に備えて損切設定などは忘れずに。

以前私は損切設定を忘れて大目玉を食らいました。GWの苦い思い出です…。

 

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*