衆議院解散・総選挙は株価上昇ジンクスあり!今後の株はどうなる?

衆議院解散

衆議院解散・総選挙の時は2005年の郵政解散以降、衆議院解散から投開票日にかけては日本株の株価が上昇するジンクスが目立っており、10月後半にかけては日本の株高とリスク選好の円安持続が期待されやすい。 さて、今年2017年の衆議院解散・総選挙の株価はどうなるでしょうか?



衆議院解散・総選挙は日本株の株価上昇、円安のジンクス。今後の日経平均株価は?

日本では前週末以降、28日召集の臨時国会冒頭での衆議院解散と、10月22日の衆議院総選挙のシナリオが急浮上してきました。
2005年の郵政解散以降、衆議院解散から衆議院総選挙の投開票日にかけては日本株の株価が上昇するジンクスが目立っており、10月後半にかけては日本の株価上昇と円安持続が期待されやすく、今後の株価はどうなるのか注目です。

まだ最終的な選挙の有無や与党公約などには不透明感が残るものの、実際に衆議院解散総選挙となれば、1)投開票日までの政策的な株安・円高阻止の強化思惑、2)現状段階での与党勝利見通しによる政治安定化への期待感、3)万一の政治不安定化リスクや先行きの消費増税に配慮した日銀の緩和長期化、4)衆議院総選挙で安倍政権が信認を得た場合の黒田緩和路線の長期継続化、などにより、為替相場では円安要因となりやすく、株式市場では日本株の株価上昇の要因となりやすため、今後の日経平均株価がどうなるのか?株価上昇期待が高まります。

09月19日 20時28分 衆議院解散・総選挙、2005年以降は株価高傾向=リスク選好の円安支援 

日本では前週末以降、28日召集の臨時国会冒頭での衆議院解散と、10月22日の衆議院総選挙のシナリオが急浮上してきた。
2005年の郵政解散以降、衆議院解散から投開票日にかけては日本株の株価が上昇するジンクスが目立っており、10月後半にかけては日本の株高とリスク選好の円安持続が期待されやすい。

まだ最終的な選挙の有無や与党公約などには不透明感が残るものの、実際に衆議院総選挙となれば、1)投開票日までの政策的な株安・円高阻止の強化思惑、2)現状段階での与党勝利見通しによる政治安定化への期待感、3)万一の政治不安定化リスクや先行きの消費増税に配慮した日銀の緩和長期化、4)衆議院総選挙で安倍政権が信認を得た場合の黒田緩和路線の長期継続化、などにより、円安・株高の地合いが支援される可能性を秘めている。

出典:FXニュースレター

09月19日 19時53分 20-21日に日銀会合、米FOMC後のドル安や円高の影響緩和 

今週の為替相場で注目されるのは、米FRBが19-20日に開催するFOMCだ。すでにバランスシートの縮小開始は織り込まれており、注目は今後の利上げ時期やペースとなっている。

もっとも19-20日のFOMCで「万一のドル安や円高のリスク」があったとしても、20-21日には日銀の金融政策決定会合が控えている。日銀による異次元緩和の堅持方針が、米国、ユーロ圏、カナダ、英国など各国中銀による利上げや緩和出口準備との逆ベクトルを再認識させ、中長期スパンでの円の戻り売り(外貨の押し目買い)地合いが支援される。

とくに日本では前週末以降、10月22日の衆議院総選挙シナリオが浮上してきた。
政権与党内では公約として、2019年10月の消費税10%の増税断行と、増税分を子育て支援や教育無償化などの財源に充てることなどが検討されている。日銀への影響としては、「消費増税に伴う景気悪化の回避に向けた緩和長期化」や「衆議院総選挙での安倍政権の勝利見通しによる来年4月以降の黒田緩和路線の継続」、「将来不安の減殺による日銀緩和の期待インフレ刺激効果表出」などが想起され、株式市場では日本株の株価高、為替相場では円安要因となりやすい。

出典:FXニュースレター

【まとめ】衆議院解散・総選挙は日本株の株価上昇と円安のジンクス。今後の経平均株価はどうなる?

急遽、日本国内では28日召集の臨時国会冒頭での衆議院解散と、2017年10月22日の衆議院総選挙のシナリオが急浮上してきました。

2005年の郵政解散以降、衆議院解散から衆議院総選挙の投開票日にかけては日本株の株価が上昇するジンクスが目立っており、2017年10月後半にかけては日本の株高とリスク選好の円安持続が期待されやすく、今後どうなるのか注目が集まります。

実際に衆議院解散・総選挙となれば、1)投開票日までの政策的な株安・円高阻止の強化思惑、2)現状段階での与党勝利見通しによる政治安定化への期待感、3)万一の政治不安定化リスクや先行きの消費増税に配慮した日銀の緩和長期化、4)衆議院総選挙で安倍政権が信認を得た場合の黒田緩和路線の長期継続化、などにより、為替相場では円安要因となりやすく、株式市場では日本株の株価上昇の要因となりやすため、今後の日経平均株価がどうなるのか?株価上昇期待が高まります。

衆議院解散・総選挙=株価上昇って噂は本当なのでしょうか?早速調べた結果をまとめました。驚きの結果をご覧ください!
 → 衆議院解散・総選挙と株価の関係は?選挙=株価上昇って本当?

 

【追記】2017年10月4日

衆議院総選挙 世論調査に一喜一憂の展開

日本では10月22日に衆議院総選挙が実施されますが世論調査などに一喜一憂の不安定さが続いています。基本的には自民党が苦戦でもアベノミクスが継続される見込みとなれば、円安・日本株価上昇の地合いとなる予想。反対に自民党劣勢の見通しが強まると、アベノミクス終了警戒による円高・日本株価上昇下落の波乱余地の可能性があります。今後株価がどうなるのか?要注目です。

10月03日 22時20分 日本の衆院選を巡る不透明感が続く、世論調査などに一喜一憂

日本では10月22日に衆院総選挙が実施されるが、当面は世論調査などに一喜一憂の不安定さが続く。基本的には自民苦戦でもアベノミクスが継続される見込みとなれば、円安・株高の地合いを支援。反対に自民劣勢の見通しが強まると、アベノミクス終焉警戒による円高・株安の波乱余地をはらんでいる。

前週には小池百合子東京都知事が率いる希望の党に民進党が実質合流となり、自民・公明党の圧倒的な優勢観測が後退した。しかし、その後の週末には希望の党の「リベラル系排除」に批判が高まったほか、小池都知事の国政転出の可能性にも否定的な世論調査が目立ち始めた。反対に排除される民進側のリベラル勢力や無所属転身議員に「判官びいき」の世論・メディア支持が高まり、希望の党への追い風は弱まる複雑な構図となってきた。

今後は野党内で仕切り直し的な候補者の棲み分け協力が進めば、希望の党など野党勢力の優勢へと作用。反対に希望の党による排除が遺恨を残し、野党間での選挙区調整が混乱したり、野党どうしの非難応酬が激化すると、無党派層の「政治絶望」による投票率の大幅低下を招く。
しかも野党は選挙に強い民進党・実力者が「無所属」となることで、比例区での野党総得票数の減少につながり、比例復活議員を減少させる可能性もはらむ。その場合は組織票が盤石な自民・公明党が、現有議席を減らしながらも過半数は維持させることになる。

出典:FXニュースレター

日本株、日経平均株価 関連記事

 → 海外投資家の日経先物売りで日経平均下落 背景に3つの要因

 → アベノミクスの円安メリットが家計金融資産110兆円増加?

 → 日本株にPER割安感も海外投資家が買わない本当の理由とは…

 → 日経平均株価2万円台へ期待 ドル円113.4円の攻防へ

 → 衆議院解散・総選挙は日本株価上昇のジンクス。今後の日経平均株価は?

 → 衆議院解散・総選挙と株価の関係は?選挙=株価上昇って本当?

夏の円高(夏枯れ相場) 関連記事

 → 「夏枯れ相場」7月後半から8月。夏の円高、通貨危機に注意

 → 実は、毎年8月は円高底値だった?過去4年も夏の円高が続く理由

 → 夏枯れ相場が終わり年末に向けて円安開始?

関連記事

 → 2017年は10年に一度の経済パニックと大暴落が起こる?

 → 「夏枯れ相場」7月後半から8月。夏の円高、通貨危機に注意

 → 2017年は世界的株安や不動産バブル崩壊からの円全面高に注意

 → ハリケーン「ハービー」被害額は?ダウやドル円為替の影響は?

 → vix指数である投資家が話題!読み通りなら300億円近い利益

 → ジャクソンホール会議って何?どこで誰が何について話し合うの?

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → 【自信あり】ポンドドル予想 チャート推移から長期見通し判明

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*