FX関連記事

来週のドル円予想 イタリアの財政赤字問題でドル高円安か?

来週のドル円予想

来週のドル円は、イタリアの財政赤字問題が引き続き警戒されます

格下げリスクやイタリア国債の一段の混乱による同国銀行への打撃のほか、その前後でのEUによる拒否牽制や伊政権内での対立迷走を含めて、一喜一憂の波乱リスクが警戒されます。

今後はEUのイタリア政情不安、イギリスにおけるEU離脱問題(ハードブレグジット)があり、ドル買いがさらに進むと予想されるため、引き続きドル円のトレンドとしては、ドル高円安の流れが続くという予想です。

続きを読む

米ダウ平均 史上最高値を支えるドル安と5つの好材料とは?

ダウ平均

米ダウ平均は企業の好決算を背景に8月3日、小幅8日続伸し2万2026ドルと7日連続で史上最高値を更新。想定外のドル安や10年に一度の世界的ハイテク・ブームなどが重なり、前人未到の米ダウ平均2万2000ドル台乗せを実現しました。

米ダウ平均の史上最高値の原因となっているドル安と5つの好材料について詳しく解説します。

続きを読む

ビットコインキャッシュって将来性はどうなの?今後の見通しは?

ビットコイン分裂

新型ビットコイン「ビットコインキャッシュ」が誕生し競合する2つのバージョンのビットコインが、投資家・開発業者・マイナー(ビットコイン取引の処理をする企業や個人)を奪い合うことになりました。

「ビットコインキャッシュ」に関する現在の状況と今後の将来性と見通しについて詳しく解説します。

続きを読む

ユーロ独歩高 利上げ見通し困難でポンド安、ドル安、円高へ

利上げ見通し

イギリス為替相場においては、市場はイギリスの弱い経済指標は当面続くと予想しており、英中銀による年内の利上げは困難になったとの見方が増えています。

一方、アメリカも米景気指標は低調なものが相次いでおりFRBによる年内の追加利上を急ぐべき正当な理由が見当たらなくなっているためドル安局面へと傾斜しつつあります。外国為替市場では、日本との金利差が拡大せず、短期的には円高に傾斜しやすい流れとなっています。

このように英、米ともに金融緩和からの早期の脱却が難しいとの観測が広がり、主要先進国でその思惑が残っているのはECBのみとなりユーロ高に拍車がかかっています。

今後の、ドル円、ユーロ、ポンドに関する投資戦略について詳しく解説します。

続きを読む

米GDP成長率から為替市場はFRBの年内利上げを予想

GDP成長率

為替市場では28日発表の米4-6月期GDP速報値に対する期待が高まる中、実質国内総生産(GDP、季節調整済み)は前期比年率換算で2.6%増加となりました。GDP成長率を2.5~3%と引き続き見込み、この成長率と失業率の低下によって、連邦準備制度理事会(FRB)は年内にあと1回利上げするだろうという予想です。

米GDP成長率結果と今後のFRB利上げ予想について詳しく解説します。

続きを読む