FX関連記事

イギリス総選挙結果 与党保守党が過半数割れポンド安へ

イギリス総選挙結果判明

6月8日に投開票されたイギリス総選挙結果は、テリーザ・メイ首相の守党の獲得議席が過半数を割り込み「ハングパーラメント」となりました。

ポンドは予想通り下落。今後の見通しもポンド安が予想されます。

6月8日のイギリス総選挙の結果及び、今後のポンド円見通しについて詳しく解説します。

続きを読む

米FRB「資産縮小計画」テーパリングで短期金利を引き上げへ

FRB資産縮小計画

アメリカFRBはバランスシート縮小(資産縮小テーパリング)計画を明確にし短期金利を引き上げようとしている。過去に量的緩和(QE)策として大量の債券を買い入れ長期金利を押し下げた。今回はこの逆の計画である。

アメリカFRBのバランスシート縮小(資産縮小テーパリング)計画について詳しく解説します。

続きを読む

ドル円 コミー前FBI長官証言が想定外の先出しで円安に

コミーFBI長官証言

本日6月8日のコミー前FBI長官の議会証言を前に市場に事前テキストが伝わりドル円市場は円安に。

市場では本日予定のジェームズ・コミー前連邦捜査局(FBI)長官の上院情報委員会での証言に注目が集まっています。本日はイギリス総選挙もありドル円は108円からさらに下値も視野に入れておいた方がよさそうです。

その辺の見通しについて詳しく解説します。

続きを読む

ポンド予想 大変動警戒イギリス総選挙は8日即日開票

イギリス総選挙予測

本日8日の日本時間午後3時からイギリス総選挙がスタートします。

保守党が政権維持なら、ポンドはやや上昇。逆に、保守党勝利も過半数に達しない「ハング・パーラメント」の場合や、保守党の敗退(労働党の少数与党政権誕生)の場合は、ポンドは大幅下落と予想します。

6月8日のイギリス総選挙及び、ポンド円見通しについて詳しく解説します。

続きを読む

ポンド予想 イギリス総選挙で保守党厳しく為替相場急変注意

イギリス総選挙予想

イギリス総選挙に関して与党保守党の苦戦予想が強くポンド安と円高の為替相場急変動に警戒です。

メイ首相率いる与党・保守党がイギリス総選挙で過半数を確保出来るか、出来ないか。それとも敗れるのか?結果が全く見えず、明日のイギリス総選挙には大注目です。

6月8日のイギリス総選挙及び、ポンド円為替相場見通しについて詳しく解説します。

続きを読む

ドル円はトランプ大統領のコミー前FBI長官証言待ち相場か

コミーFBI長官

昨日6日の東京市場では、110.5円近辺から109.6円台へ1円近い下落。想定外の円高。

為替市場では8日に予定されるジェームズ・コミー前連邦捜査局(FBI)長官の上院情報委員会での証言に注目が集まっており、本日の相場はおとなしい展開になりそうです。ドル円は108円からさらに下値も視野に入れておいた方がよさそうです。

その辺の見通しについて詳しく解説します。

続きを読む

ポンド予想 英国議会選挙の結果が読めず 相場急変に注意

英国議会選挙世論調査

英国議会選挙に関して与党保守党の苦戦予想が目立ち始め、選挙前段階や開票速報段階でのポンド安と円高の急変動に警戒です。

ここ最近の英国議会選挙に関する予測報道にも大きなブレ があり、現時点では全く選挙結果が読めない状況です

6月8日の英国議会選挙及び、ポンド円見通しについて詳しく解説します。

続きを読む

ドル円109.6円 レンジ相場抜け円高 次は108円か

レンジ相場抜け

本日6日の東京市場では、まさかの円高。110.5円近辺から109.6円台へ1円近い下落。

レンジ相場を抜け円安に流れるとの予想は外れ、逆に円高へ。ドル円は今後108円も視野に入れる必要がありそうです。

その辺の見通しについて詳しく解説します。

続きを読む

ポンド円予想 英国議会選挙の予測報道にブレ、今週大波乱も

英国議会選挙予測

ここ最近の英国議会選挙に関する予測報道を見渡すだけでも、かなり予測内容に幅があり、現時点では全く選挙結果が読めない状況です。

メイ首相率いる与党・保守党が過半数を確保出来るか、出来ないか。についてもかなりの予測の違いがあり、今後も英国議会選挙には大注目です。

6月8日の英国議会選挙及び、ポンド円見通しについて詳しく解説します。

続きを読む