FX関連記事

FX関連記事

NATO首脳会議でトランプ米大統領とメルケル独首相が対立

NATO首脳会議

北大西洋条約機構(NATO)首脳会議で、トランプ米大統領とメルケル独首相が対立。険悪なムードで幕を開けた。

NATO関係者の1人は、トランプ氏が遠慮なくドイツを非難している状況で、首脳会議の成果にほとんど期待は持てないとの見方を示す。「主要7カ国(G7)首脳会議は事前のムードもかなり悪かったが、予想よりさらに悪化する形で終わった」と指摘した。

今後、トランプ大統領が貿易問題に言及した場合、ドル円、ユーロなどの為替相場に大きな影響があるかもしれません。

続きを読む

2018年ポンド急落の理由はイギリスEU離脱(ブレグジット)問題

イギリスブレグジット

テリーザ・メイ首相が7月6日に欧州連合(EU)離脱に関する提案を盛り込んだ白書をまとめて以降、大臣クラスの辞任は3人となり外国為替市場で英ポンドが急落しています。

メイ首相率いる保守党はEU離脱条件を巡って意見が割れており国内の政局が不安定化しています。メイ首相は、昨年の総選挙で過半数割れに陥って以来の危機を迎えています。

今後、ブレグジットの影響でイギリス経済とポンドが暴落する可能性とその理由について詳しく解説します。

続きを読む

アメリカでバブル崩壊?2020年アメリカ株の強気相場ついに終焉?

アメリカバブル

市場では、アメリカ株式相場がファンダメンタルズを反映した合理的な水準を超え、資産バブルの域にあるとの声が出ています。

米中「貿易摩擦」が景気減速を促すリスクがあり、世界株式が下落局面に入ったとの疑心暗鬼が一部の投資家に頭をもたげつつあります。

さらに、ここに来て、「過去100年の平均が8月高値の11月安値となっている米ダウ平均の中間選挙年サイクル」が意識されつつあります。

アメリカ資産バブルの現状と理由を詳しく解説します。

続きを読む

NATO首脳会議の見どころは?ドル円、ユーロ為替相場は今後どうなる?

NATO首脳会議

来週の北大西洋条約機構(NATO)首脳会議を控え、米国と欧州の同盟諸国の当局者らは、NATO加盟29カ国がテロと戦い、ロシアに対抗し、国防支出拡大に向け緊密に協力している姿を示すことで、首脳会議を団結の象徴として演出しようと懸命に準備している。

しかし、トランプ大統領が貿易問題に言及した場合、ドル円、ユーロなどの為替相場に大きな影響があるかもしれません。

続きを読む