英ポンドドル予想 政治不安で一段安も。ポンドドルの売りに注目

イギリス政治不安

英ポンド売り継続でポンド/ドルは1.2720ドル台。市場では1.2500ドルを目指すとの予想の声が出ています。

株式市場からも英国の明るさを語る材料は出てきてないため長期的に英ポンド/ドルの売りを持つには良いタイミングかも知れません。

今後の英ポンドドルの見通しと予想について詳しく解説します。

メイ首相の保守党は連立政権。政治不安でポンドドル一段安予想

ポンドドルは現在、1.2750ドル前後にとどまっているが、アフマド氏によると、売りの勢いが強まれば1.2500ドルを目指す可能性もあると予想しています。

06月12日 17時35分 DJ-【市場の声】英ポンド、政治不安で一段安も

FXTMのジャミール・アフマド氏は、英国では先週の総選挙で最悪のシナリオが現実となり不透明性がさらに高まったとの考えを示した。
 
 投資家が次に何が起こるかの手掛かりを模索する中、英ポンドの「下落圧力が大きくなっているようだ」と指摘。選挙結果は多くの人にとってサプライズとなったが、今の段階で確かなのは英国の政治不安が強まることだとの考えを示した。
 
 ポンドは、出口調査の結果発表直後に付けた1.2750ドル前後にとどまっているが、アフマド氏によると、売りの勢いが強まれば1.2500ドルを目指す可能性もある。

出典:Dow Jones

イギリスではEU離脱交渉の不安強まりポンド安ドル高を予想

ロイター通信によると、英国のデービス欧州連合(EU)離脱担当相は、EU離脱交渉で取引がまとまらない可能性があり、交渉から撤退する選択肢を残しておくことが重要だと述べた。ポンド安ドル高が予想されます。

06月12日 17時33分 EUとの交渉、取引まとまらず撤退の可能性も 英離脱担当相=ロイター

ロイター通信によると、英国のデービス欧州連合(EU)離脱担当相は、離脱交渉で取引がまとまらない可能性はあり、交渉から撤退する選択肢を残しておくことが重要だと述べた。BBCラジオのインタビューに答えた。

デービス担当相は、政府として取引がまとまらなかった場合に備えた緊急対応計画(コンティンジェンシー・プラン)を立案中であるとし、交渉からの撤退は英国にとって最善の取引を引き出すための重要な選択肢であると主張。「その選択肢を持たずに交渉に臨めば、良い結果は得られないだろう」と述べた。

ただ、交渉はまとまるだろうとも話した。

出典:FXニュースレター

ポンド円全面安 139円台へ下落 今後の予想は?

ポンド売りが継続され、ポンド/ドルは1.2720ドル台、ポンド/円は140.10円台へ。

06月12日 17時18分 ポンド軟調持続、ポンド/円は140.10円台へ=12日欧州外為

ポンド売りが継続され、ポンド/ドルは1.2720ドル台、ポンド/円は140.10円台、また、ユーロ/ポンドは0.8817ポンド前後でポンドが日中安値を更新した。

ロイター通信によると、英国の企業信頼感が8日の総選挙後に急低下したことが、12日に公表された英経営者協会(IOD)の調査で明らかになった。

IODが企業経営者700人近くを対象に行った調査によると、向こう12カ月の景気見通しについて楽観的と答えた経営者が20%だったのに対し、ある程度悲観的、または非常に悲観的との回答は57%に上り、楽観的との回答から悲観的との回答を引いた信頼感指数はマイナス37となった。5月の調査ではマイナス3だったことから、34ポイント低下したことになる。

出典:FXニュースレター

 

今後のポンドドル相場の見通しと予想

これまで私は、6月8日の選挙結果前に仕掛けるのはギャンブル性が高くハイリスク と言ってきました。8日に投開票されたイギリス総選挙は、テリーザ・メイ首相が解散総選挙を発表した4月時点の世論調査では首相率いる保守党の圧勝が予想されていましたが、ほぼ開票が終了した段階で 保守党の獲得議席が過半数を割り込み「ハングパーラメント」となることが確定しました。

英国のテリーザ・メイ首相は9日、北アイルランドの民主統一党(DUP)との連立で「理解」を得たとのこと。つまりこれで、DUPの10議席と合わせれば、定数650の議会下院で過半数に届くということです。

しかし、政府はこの状況では強力な決断を下すことができず、今後の政局には大きな困難が予想されます。このような要因から、イギリス総選挙が終わった現在、ポンド安ドル高の流れとなっています。

ポンド投資戦略 ポンド/ドルの売りに注目 予想1.2100ドル

今後のポンドの投資戦略としては、ポンド円で売りを建玉しても良いですが、私のおすすめは「ポンド/ドル」の売りです。ポンド安の勢いが強く、長期的には米国の利上げ期待などから「ドル高」の期待も高い今、「ポンド/ドル」の売りがおすすめです。

1.2500ドルを目指すという声が市場に出ていますが、私の予想は1.2100ドルです。

スワップも豪ドル円と同じぐらいあり中長期の保持にもおすすめ。是非、注目してみて下さい。

 

【まとめ】ポンドドル予想 政治不安で一段安も。ポンド/ドルの売りに注目

ポンド売りが継続され、ポンド/ドルは1.2720ドル台。今後、売りの勢いが強まれば1.2500ドルを目指す可能性もあるという予想の声が聞こえています。

株式相場からも英国の明るさを語る材料は出てきてないため長期的にポンド/ドルの売りを持つには良いタイミングかも知れません。

関連記事

 → ポンドどうなる イギリス保守党連立政権 3つのシナリオ

 → ポンド円2円急落も今後は155円へ強気の中長期見通し

 → ポンド円148円予想 米モルガン・スタンレーはポンド買い推奨

 → ポンド円146円台へ上昇 カーニー英中銀総裁のタカ派発言で

 → ポンド円140円台へ急落 カーニー英中銀総裁のハト派発言で

 → イギリス総選挙結果 与党保守党が過半数割れポンド安へ

 → イギリスEU離脱(ブレグジット)でポンド高は厳しい現実

 

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*