【2018年5月】イギリス利上げ延期でポンドドルはどうなる?

イギリス利上げ2018

イギリスのイングランド銀行(中央銀行)が2018年5月の金融政策委員会(MPC)で利上げする見通しです。

【追記】2018年5月12日
イギリスの利上げは最近の予想通り2018年5月は延期となりました。

これによりポンド安が加速しそうです。

 

【追記】2018年6月19日



■ 2018年6月のイギリス利上げは見送りと予想 次回利上げは8月か?

英イングランド銀行の金融政策委員会では、2018年6月のイギリス利上げは見送りと予想されています。

イギリスの利上げは2018年5月は延期となり、次回利上げは2018年8月になるのではないか?と予想されています。

利上げの動きはポンドの動きに影響が大きいため注目です。

 → 2018年6月のイギリス利上げは見送りと予想 次回利上げは8月か?

2018年6月のイギリス利上げは見送りと予想 次回利上げは8月か?

 

【追記】2018年5月22日

イギリス利上げ 2018年5月は延期、次回は2018年8月利上げか?

イギリスの利上げは2018年5月は延期となり、次回利上げは2018年8月になるのではないか?と予想されています。

利上げの動きはポンドの動きに影響が大きいため注目です。

 → イギリス利上げ 2018年5月は延期、次回は2018年8月利上げか?

 

■2018年5月はイギリス利上げ据え置きで、ポンド安加速か?

イギリスの利上げは最近の予想通り2018年5月は延期となりました。

英イングランド銀行(中央銀行)は10日、政策金利を0.5%で据え置いた。だが1-3月期の経済成長鈍化は一時的で、速報値から上方修正される可能性もあると指摘し、今後数年間にわたり金利を引き上げていく見通しは維持した。

これを受け、ポンド安がさらに加速し、1ポンド=1.34台をつける場面もありました。
  → 英中銀は金融政策据え置き イギリス利上げは延期でポンド安へ

 

【追記】2018年4月22日

ポンド2週間ぶり安値。イギリス中銀総裁が利上げ据え置き発言で…

欧州市場の20日朝の取引で、英ポンドがドルに対して2週間ぶり安値をつけています。

英イングランド銀行(中央銀行)のマーク・カーニー総裁が19日、経済指標の悪化を踏まえ、2018年5月にイギリスの政策金利の据え置きを検討するかもしないと述べたことでポンド安に反応。市場では2018年5月の利上げを予想する向きが多かったため、ポンド安になりました。

現在の相場は1ポンド=1.4056ドル前後。ユーロに対するポンド相場も一時、18日ぶりの安値となる1ユーロ=0.8786ポンドをつける場面があった。 
 → ポンド2週間ぶり安値。イギリス中銀総裁が政策金利据え置き発言で…

 

イギリス2018年5月に追加利上げ見通し

イギリスとEUは3月、イギリスが19年3月末に正式にEUを離脱した後に設ける「移行期間」について暫定合意しました。

EUが10月を期限としてイギリスと交渉中の「離脱協定」に盛り込むが、離脱協定で合意できなければ、移行期間の暫定合意も無効となるため、ポンドドルへが今後どうなるのか?注目です

【中銀政策見通し】英中銀、利上げで政策金利は09年以来の高さへ 

 英中銀イングランド銀行は4-6月期に政策金利を約10年ぶりの高水準に引き上げる見通しだ。

予想通り5月の金融政策委員会(MPC)で政策金利を0.75%に引き上げれば、同金利は2009年以来初めて0.5%を上回ることとなる。金融危機以降に導入された緩和策が各国で徐々に解消される中で、新たな節目を迎えることにもなる。

 マーク・カーニー総裁をはじめとするイングランド銀行幹部は、2~3年以内にインフレ率を再び目標の2%に引き下げるには借り入れコストが上昇する必要があるとしつつも、利上げは段階的かつ抑えられたペースで進めるとの考えを示している。

 英国の消費者物価指数(CPI)は2月に前年同月比2.7%上昇となった。雇用市場のスラック(需給の緩み)の縮小に伴い賃金伸び率が押し上げられ、インフレ圧力は高まるとみられている。

 イングランド銀行は潜在成長率(インフレを引き起こさない範囲で達成可能な経済成長率の上限)が、2016年の国民投票で欧州連合(EU)離脱が決まって以来低下しているとも考えている。

 投資や移民の減少を受けて潜在成長率は年率1.5%前後に下がったという同行の推計に基づけば、安定してはいるがパッとしない現在の成長率は経済がすでに過熱しつつあることを示唆している。

 イングランド銀行の政策見通しは依然、EUとの離脱交渉の進捗(しんちょく)と密接に関連している。英国とEUは3月、英国が19年3月末に正式にEUを離脱した後に設ける「移行期間」について暫定合意した。EUが10月を期限として英国と交渉中の「離脱協定」に盛り込むが、離脱協定で合意できなければ、移行期間の暫定合意も無効となる。

出典:Dow Jones(THE WALL STREET JOURNAL)

ポンド高はいつまで続く?英中銀の5月利上げで高値更新か?

イングランド銀行(英中央銀行)は8日の金融政策会合で、従来の想定よりも金利を引き上げる可能性があるとの見解を表明。

市場の引き締め観測の高まりが妥当であることを示唆しました。
 → ポンド高はいつまで続く?イギリス5月に利上げ予想で高値更新か?

ポンド高はいつまで続く?イギリス5月の利上げ延期でポンド安へ向かう?

2018年になってから急上昇しているポンドドル。

なぜ上昇したのか?理由がわからず困惑している方も多いのではないでしょうか?

情報が非常に少ない中から、私の見解をまとめました。
 → ポンドがなぜこんなに高いの?ポンド急上昇の理由は何なの?

ポンドがなぜこんなに高いの?ポンド急上昇の理由は何なの?

【まとめ】2018年5月イギリス利上げ見通しでポンドドルはどうなる?

イギリスでは2018年5月の利上げ期待で、1ポンド=1.4217ドルをつけ、7週ぶり高値を更新しました。次のターゲット予想としては、1.45ドルが意識されているようです。

 → いつ利上げ?アメリカ、ユーロ、イギリス利上げ時期に注目

 

【追記】2018年5月12日

イギリスの利上げは最近の予想通り2018年5月は延期となりました。

これによりポンド安が加速しそうです。

 

【9月13日追記】ポンドドル相場下落

下のチャートを見て下さい。

4月16日に高値 1.43761ドルを付けた後、一気に下落。一気に1.26ドル台まで下落しました。

チャート上に引いた「黄色」の補助線を下抜けている状況で、今後の展開が読めない状況です。

 ※【追記】2018年9月13日チャート更新しました

ポンドドルチャート

■ポンドドル、ポンド円 関連記事

「ポンドドル、ポンド円」関連記事まとめ(今後のポンド見通しと為替予想)

 →  なぜ突然ポンド高?理由は?謎のポンド高はいつまで続く見通し

 →  ポンドドル長期予想 チャート推移からポンドがおすすめの理由は?

 → 来週のポンド円予想 イギリス利上げ期待でポンド高の可能性も?

 →  今後のポンド見通し EU離脱交渉の先行き不安からポンド安下落

 → BOE(英中銀)カーニー総裁タカ派発言でポンド円急上昇 

 → ポンド急落の原因は何?イギリス利上げで、なぜポンド急落?

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通し 2017年から2018年のドル円は買い?

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → ポンドドル中長期見通し ポンドドルをおすすめする2つの理由

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*