【アクセス数アップ】するブログ記事タイトルの決め方

【アクセス数アップ】するブログ記事タイトルの決め方

ブログ記事タイトル

「ブログ記事のタイトル次第でアクセス増えるってホント?」
「どういう記事書けばアクセス増えるの?」
「実はキーワードって良く分かんないんだけど…」
「検索アクセスってどうすれば増えるの?」

もしあなたが、こんな悩みを持っているなら、
この記事はとても役に立つと思いますよ。

もちろん、これは私が現時点で一番やりやすい方法であって、
ブログ記事タイトルの決め方や記事の書き方は人によって違うので
この方法が誰にでもベストな方法とは言いません。

しかし、この方法であれば、
どんなジャンルの記事でも書けますし、
検索経由で来た読者に有益な内容の記事が作成できますので
非常に応用力の高い方法だと思います。

あなたのブログ記事作成の参考に少しでも役立てば嬉しいです。



■検索されやすいブログ記事タイトルの決め方

では、早速説明しますね。

私は普段、ブログ記事作成の時は下記のステップで進めていきます。

  1. 記事のテーマ(キーワード)を決める
  2. 目次を作る
  3. 最後のまとめ(結論)の内容を決める
  4. 冒頭の内容を決める
  5. 目次の中で書けるところから書く(目次の順に書く必要はない)

これだけ読んでも分かりづらいでしょうから、
今回は具体的に、
実際に一昨日作成した記事をもとに、
最初から完成するまでの手順を追って説明していきたいと思います。

過去のブログ記事のタイトルを例に説明します

 一昨日書いたこの記事をもとに説明しますね。

 → アディダスサッカーソックスならamazonが激安でお勧め

アディダスサッカーソックスならamazonが激安でお勧め

一昨日は日曜日だったんですが、
朝から予定があり、
16時ぐらいからしか時間が空いてないってのは分かってたんです。

だから、電車で移動している時とかも、どんな記事にしようかな?
とか一生懸命考えていて、
だいたいイメージはできてたんですよ。

ただ、私は頭が悪いんで、
頭の中だけで記事の構成とか目次を考えることができないんです…。
そんな事しようとすると、
頭の中がぐちゃぐちゃになっちゃう…。

一応、記事の内容としては、

「サッカーストッキング」

というキーワードで記事を書こうと思っていたので、
16時ごろにパソコンを開けて、早速、他にどんな関連キーワードがあるかを調べました。

すると、面白いことが…。

■1、記事のテーマ(キーワード)を決める

記事を書くとき、2つのパターンがあると思うんです。

  • 書くネタが先に決まっている場合
  • キーワードを選んで、それに合った記事を書く場合

今回お話しするのは、
「書くネタが先に決まっている場合」です。

記事の内容は、だいたいこんな感じ。

「サッカーソックスがamazonで激安でいつも販売されているのを偶然発見したので紹介します」

という感じの内容です。

手順1、仮の記事タイトルを決める

今回、私の考えていた仮タイトルは、
「adidasサッカーストッキング価格最安値はamazon」
でした。

このタイトル、よ~く覚えておいてくださいね。

これから、キーワードプランナーを使って
検索されやすいタイトルを作っていくのですが…。

私が考えた仮のタイトル、
「adidasサッカーストッキング価格最安値はamazon」
がいったい、どんなタイトルに変わるのか?
それとも変わらないのか?
じっくりご覧ください。

それでは、手順に沿ってやり方を説明していきますね。

手順2、キーワード プランナーを開く

まず最初に「サッカー ストッキング」というキーワードで
どのくらいの検索ボリュームがあるのか調べました。

この時、検索数が全く表示されない場合
それは検索される可能性がないキーワードになるので、
つまり、そのキーワードを使って記事を書いても、
アクセス数につながらないので別のキーワードを探してください。

例えば、このように
 「サッカー ストッキング」で検索してみます。

サッカーソックス

すると、
 「サッカー ストッキング」が「100~1,000」の検索ボリュームに対し、
 「サッカー ソックス」が「1,000~1万」も検索ボリュームが…!

という衝撃の事実に気づきます!

私は、
「ストッキング」と普段言っていたんですが、
「ソックス」の方が検索ニーズがあるということが分かりました!

キーワード プランナーに感謝です!

で、さらに画面を下にスクロールすると、

サッカーソックス1

「アディダス」というキーワードが出来てきますね。
どうやら「adidas」より、「アディダス」の方が
検索ニーズがあるようですね。

さらに、「激安」というキーワードが目につきました。

手順3、ブログ記事タイトルの付け方

私の頭で考えた最初の仮タイトルは
「adidasサッカーストッキング価格最安値はamazon」
でしたが、

キーワード プランナーで調べた結果、

  • 「ストッキング」より「ソックス」
  • 「adidas」より「アディダス」
  • 「価格最安値」より「激安」

の方が、
検索ニーズがある事が分かったので、
タイトルを変更しました。

  • 変更前:「adidasサッカーストッキング価格最安値はamazon」
  • 変更後:「アディダスサッカーソックスならamazonが激安でお勧め」

どうです?
だいぶ変わったでしょ?

ご覧のように、
変更前と後のタイトルで伝えたい内容はほとんど変わりません。

ただ、検索ニーズのより高いキーワードに変更することで、
検索からのアクセスを増やすことができるのです。

これ、すっごく重要ですから忘れないで下さいね!

■2、ブログ記事の目次を作る(小見出しを作成する)

ブログ記事の目次というか、小見出しと言う方が正しいのですが…、
コピーライティングを勉強したことがある人は分かると思いますが、
「サブキャッチ」の部分ですね。

 ※ワードプレス(WordPress)だと「h2」タグですね。

新聞や雑誌で言うと、小見出しです。

ブログだと、下記画像の枠で囲まれた箇所です。

サッカーソックス2

では、手順を説明します。

手順1、googleの関連検索を調べる

調べるといっても、やり方はすごく簡単です。

googleを開いて検索窓にキーワードを入力すると
関連のキーワード候補が下記のように表示されます。

サッカーソックス3

これは、
アディダス サッカーソックス
と入力した状態です。

手順2、キーワードの入った目次を作る

関連検索で表示されたキーワードを含んだ
目次を作ってみます。

この目次というのは「記事の小見出し」の部分のことです。
タグで言うと「h2」の部分になります。

例えば、
「赤」
は下記のように取り入れました。

サッカーソックス4

一方で、
「エンジ」
「紫」
は、今回私が書く記事の内容には合わないので、
無理には使いません。
あくまでも、自分の書く記事にあった内容だけ
取り入れればOKです。

あくまでも自然な流れで、
今回だと「サイズ」は「h2」ですが、
「キッズ」は「h3」の部分に入れた方が記事の流れとして良かったので、
無理やり「h2」には入れていません。

サッカーソックス5

こんな感じで、キーワードを含んだ目次(小見出し)を作ります。

■3、最後のまとめ(結論)の内容を決める

ここまでで、1,2の項目は終了ですね。

私の場合は、
ここから先、つまり下記の3,4,5の
順番はその時によって異なります。

  1. 記事のテーマ(キーワード)を決める
  2. 目次を作る
  3. 最後のまとめ(結論)の内容を決める
  4. 冒頭の内容を決める
  5. 目次の中で書けるところから書く(目次の順に書く必要はない)

今回の記事の場合、結論は
「アディダスのサッカーソックスを買うならamazonが激安でお勧め」
という内容を最初から考えていたので、その内容を書きました。

私の場合、
【まとめ】
という項目を最後に必ず用意して、
自分の考えや言いたい事を、自分の心からの言葉で書くことと、
記事の内容を分かりやすく簡潔にまとめて伝えることを意識しています。

これをすることで、読み手の頭の中がスッキリし、
読み手の満足度も上がるからです。

「この人の記事、分かりやすいな!」
と思ってもらえたら、もう1つ他の記事を読んでもらえるかもしれませんし、
ブックマークして、また後日ブログに来てくれるかもしれません。

■4、冒頭の内容を決める

検索した人がクリックしたくなるタイトルを作成することも重要なのですが、
クリック後に読み手が目にする「最初の数行」を真剣に考えることも重要です。

なぜなら、
読み手がこの冒頭の数行を読んで
「このページには私の知りたいことが書いてあるかも…」
と思わないと、
すぐにページを閉じてしまうからです。

あなたも経験ありませんか?

検索してクリックしたページの冒頭を読んで、
「あれっ、なんか違うな?このページじゃないな…?」
と感じて、ページを閉じたことありますよね?

そうならないために、
冒頭の数行で、
検索した人のキーワードから、その人が何の情報を求めているのか?
を想像して、「その答えがここにありますよ!」
と書いておく必要があります。

例えば、

  • 「アディダス サッカーソックス」
  • 「サッカーソックス 激安」

などのキーワードでの検索を想定して

サッカーソックス6

記事の冒頭の文章を下記のようにしました。

もし、アディダスのサッカーソックス(ストッキング)を買うなら
amazonでの販売価格が激安なのでお勧めです。

たまに、売れ筋ではない白やオレンジの場合、
amazonより2~3円安く売っているサイトを見かけますが、
サイズ切れの場合が多く、
実質、アディダスのサッカーソックスを激安で買うなら
amazonが一番です。

どうですか?
これなら、そのまま画面をスクロールして読み続けてくれますよね?  

■5、目次の中で書けるところから書く(目次の順に書く必要はない)

書きながら、目次の並びなどは柔軟に変更していきます。

あくまでも読み手が読みやすい流れを意識して書きます。
書いていて内容が被ってしまった場合は、
目次を統廃合することも良くあります。

最後に、全体をチェックします 

だいたい、ここまでで1時間かかりました。

まぁ、これで記事作成の80%は完了です。

次に、文中に入れる画像を準備します。

画像作成の手順

記事内容によっては、画像がない場合もあるので、
その時はこの作業はいらないですね。

具体的な作業手順としては、
「WinShot」というフリーソフトで画像を切り抜き、
「ウェブアートデザイナー」というソフトで、
簡単な加工をしています。

画像ソフト関連は、フリーソフトで機能十分のものがそろっていますので、
お好きなものを探してみてください。

私の場合、こんな感じで、
枠をつけたり、矢印や文字を記載して分かりやすくします。
 ↓↓↓

サッカーソックス2

アイキャッチの画像も、この時に用意します。

アイキャッチ画像におすすめは、「ぱくたそ」というサイトです。私もアイキャッチ画像で使わせていただいています!

フリー画像とは思えない高クオリティの写真がフリーで使用できます。

ブログ記事の内容を推敲する

場合によりますが、
だいたいこの時点で「公開」します。

プレビューして完璧に仕上げてから「公開」という方が多いと思うんですが、
私の場合、先に「公開」してから緊張感のある状態で、
パパっと短時間で推敲を済ませたいので、
あえて先に「公開」します。

「公開」すると、
もし「誤字・脱字」とか変な日本語があったら恥ずかしい!
という気持ちになるので、
集中して文字校正をすることができます。
おすすめですよ!

これで完了です。

画像作成と推敲で1時間ぐらいかかるので、
トータル2時間ぐらいです。(もうちょっとかかったかな?)

■ 80%の出来でアップ(公開)する

100%満足行く記事にするまで公開しない!」という気持ちで頑張っていると、いつまでも記事を公開できなくなります。

それよりも、80%ぐらいの出来で公開してしまいましょう。

そして少しでも早く、ネット上に公開してアクセスを待ちましょう。

その後、クエリをチェックするタイミングでリライト(更新)の必要性が出てきますので、そこから記事の内容を100%に近づけていけば良いのです。

将来リライトする頃には、あなたの知識量も今より増えていますので、内容の濃い記事が書けるようになりますしね。

とにかく、ある程度の記事が書けたら、どんどんアップ(公開)しましょう!

アクセス増に重要なのは新記事作成より更新

たまに勘違いしている人がいるのですが、
記事を11記事作成するだけで ブログがアクセスアップするわけではありません

実は、ブログのPVを増やすのに重要なのは、

  • 過去に作成した記事を後日更新する事

なのです。
 (※実は、これをやっていないブロガーが圧倒的に多い!)

過去記事の更新により、Googleで検索上位に表示されるようになり、アクセスアップにつながるのですが、ネット上では、その重要性を訴えている人がいません。 (私が知らないだけなのかも知れませんが…)

更新のやり方についてはこちらの記事に詳しくまとめましたので是非参考にしてみて下さい。
 → 【月間2万→10万PVへ】ブログがアクセスアップした7つの方法

【月間2万→10万PVへ】ブログがアクセスアップした7つの方法

【まとめ】検索されやすいブログ記事タイトルの決め方

いかがでしたか?

最初に私が考えた仮タイトル
「adidasサッカーストッキング価格最安値はamazon」

「アディダスサッカーソックスならamazonが激安でお勧め」
というタイトルに変わっていくところは面白かったでしょ?

このように、
「キーワード プランナー」と「googleの関連検索」
使用することで、
実際に検索されているキーワードが分かります。

そのキーワードをブログ記事のタイトルや、
目次(小見出し)に入れることで、
検索効果が高まりアクセスが期待できます。

検索されているキーワードをもとに目次(小見出し)を作るので、
あなたが書く記事の内容も、必然的に、キーワードに対する答えに なりますよね?

読み手にとっては、
「検索するキーワード=知りたい内容」
ですから、
この方法を使って書いたあなたの記事は、
読み手が知りたがっている内容の書かれた「良い記事」になる可能性が高いのです。

もちろん、記事の書き方は人それぞれですし、やりやすい、やりにくいもあります。
ですから、この方法が万人にとって最適な方法とは言いませんが、
「キーワードプランナー」と「googleの関連検索」を使って
キーワードのニーズを調べる方法は、非常に検索効果が高いと思いますので
是非参考にしてみてください。

【追記】2017年3月3日

「キーワード プランナー」の裏技的使い方をまとめました。
これは知らないと損ですよ!

 → ライバルに5年差つける!キーワードプランナー裏技的使い方

この方法が、あなたの記事作成やアクセスアップに少しでも役立てば嬉しいです。
もし何か良い結果が出たら、ぜひ教えて下さいね。
楽しみにしています。

【追記】2017年2月13日
あわせて読みたい!

「クリックされやすいタイトル」を付ける方法です。
簡単なので是非試してみて下さい。
→ 思わずクリックしたくなるブログタイトルをサクッと作る方法

ブログ アクセスアップ関連記事

 → 【月間2万→10万PVへ】ブログがアクセスアップした7つの方法

 → ブログ100記事で検索からアクセス数増えるって噂は本当?

 → ブログ記事更新すると何日ぐらいでアクセス数は増えるの?

 → 私が実践して効果大だったブログアクセスアップ3つの方法

 → ブログでどんな記事を書いたらアクセス10倍に増えるか分かった!

 → ブログのアクセス数が激減し困ったら…今すぐ何すれば良い?

 → 【アクセス数アップ】Facebookとブログ連携(連動)しよう

ブログ記事の書き方

 → ブログでどんな記事を書いたら人に喜ばれるか分かった!

 → 文章苦手でも1000文字のブログ記事が簡単に書ける方法

 → シェアされる記事を作成したいなら五郎丸ポーズを真似しろ!

 → アメトークの加地Pから学んだ、ブログ記事作成のコツ

ブログネタに困ったら…

 → 数えたら1、2…10個もネタが!ブログネタに困ったらこれ

 → 困った!どうしよう…ブログネタ探しに困ったらコレ読んで

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*