Googleの順位変動でブログのアクセス数が激減…どうすれば良い?

サークルスクエアアカウント

2017年12月12日から突然、アクセス数が減少しはじめ、12月15日にはピークの3分の2ほどのアクセス数に減少

「なんでこんな事になったの?」と最初は混乱したのですが…「サーチコンソール」のデータを分析してみると、その原因が分かりました…! なんと…



■アクセス数が33%も激減!その原因は…

NSA

今回のアクセス数33%減少の原因は3つです…。

  • 【原因1】ビッグワードの検索結果が11位以下へ大幅ダウン
  • 【原因2】検索結果2位の記事が6位へダウン
  • 【原因3】他の記事も「つられて?」アクセス数減少

つまり、Googleの順位変動です。

しかも、これら3つの要因は、実は「サーチコンソール(Google Search Console)」のデータを見ることで発見できたのです。

「サーチコンソール」で分析

今回、12月12日から突然アクセス数が減りだしたので「サーチコンソール(Google Search Console)」の画面を開き、

  • 「12月7日~12月11日」のアクセス数の合計
  • 「12月12日~12月16日」のアクセス数の合計

を比較してみました。

12月17日以降は少しずつアクセス数が増え始めたので、特にアクセス数が減った「12月12日~12月16日」の5日間の合計と、それ以前の5日間である「12月7日~12月11日」の合計を比較することで、どんな変化が起きていたのかを分析することにしました。

そして分かった「アクセス数33%減少の要因」が下記のは3つです。

  • 【原因1】ビッグワードの検索結果が11位以下へ大幅ダウン
  • 【原因2】検索結果2位の記事が6位へダウン
  • 【原因3】他の記事も「つられて?」アクセス数減少

では順番に、分析して分かったGoogle順位変動の原因・理由を詳しく書きます。

【原因1】ビッグワードの検索結果が11位以下へ大幅ダウン

これまで私のブログの「ある記事」が、なぜか?ビッグワードで5位前後に表示されていたのですが、Googleの順位変動で突然11位以下(今見ると20位になっています)になってしまい、アクセス数が大幅に減ってしまいました。

  • サーチコンソールの「月間平均検索ボリューム」数は「10万~100万」
  • Googleで平均5位→平均11位以下(検索結果2ページ目以降)へダウン

その結果、アクセス数はどうなったかと言うと…

■背中がゾクッとするような結果…

ビットコイン取引

  • 12月7日~12月11日
  • 12月12日~12月16日

までの5日間のデータを比較してみた結果、なんと!「- 66.87%」になってしまいました。つまりGoogleの順位変動で約67%もアクセス数が減少です!

正確な数字は書きませんが、イメージしやすいように例えると「10万アクセスが、3.3万アクセスに減ってしまった…」という感じです。どうですか? 結構、背中がゾクッとする結果でしょ…?

■なぜGoogleの検索順位が下がったのか?

でも、なぜ突然、Googleの検索順位に変動があったのか? 気になって、ネットで検索してみるとある情報を発見しました。

 ~下記のGoogle公式情報より、一部抜粋~

出典:Google ウェブマスター向け公式ブログ:  医療や健康に関連する検索結果の改善について

 ~以下、抜粋記事~

医療や健康に関連する検索結果の改善について
2017年12月6日水曜日

Google では、今週、日本語検索におけるページの評価方法をアップデートしました。
この変更は、医療や健康に関する検索結果の改善を意図したもので、例えば医療従事者や専門家、医療機関等から提供されるような、より信頼性が高く有益な情報が上位に表示されやすくなります。本アップデートは医療・健康に関連する検索のおよそ 60% に影響します。Google では、医療や健康だけに限らず、今後も継続的に検索の改善に取り組んで行きます。

上記のGoogleの公式情報を読むと「専門家」「信頼性」という表現がありますが、現在のGoogle検索結果を見ると私のブログの該当記事よりも「専門性の高い」サイトが上位に表示されているような気がしました。

私のブログ記事は、今回Googleから発表があった上記の「医療・健康」関連の記事とは一切関係のない、どちらかというと縁遠いジャンルですが、「専門性」という観点から考えるとGoogleの検索方針が今まで以上に「専門性」の高いサイトを上位表示する。という傾向が強くなっているのではないか?と考えられます。

■ Googleの検索順位変動に納得できる?

特に、

  • 【原因1】ビッグワードの検索結果が11位以下へ大幅ダウン

の記事に関しては、そもそも狙っていたキーワードではない「ビッグワード(月間10万~100万)」で、なぜか?5位前後に表示されてラッキーだったという感じです。

ですので、今回、11位以下へGoogleの順位変動でダウンしたのも、Googleの検索結果精度の向上に関係しているのであれば、あながち首をかしげるような検索結果ダウンではなかったかも知れません。(私の気持ちとしては非常に残念ですが…)

そう感じるのにも訳があって、
この記事に関して、他の「クエリ」では「掲載順位」が下がっているわけではないんです。実は…。

検索結果が下がったのは、そもそも『この「ビッグワード(月間10万~100万)」で5位に表示されちゃうのって、おいしいよね…。』っていう「クエリ」だったわけです。

ですので、Googleから発表があった「専門性」という言葉に納得してしまう私がいます…。

それに比べて「どうも納得できないなぁ~。」と首をかしげたくなるのが、2つ目の、

  • 【原因2】検索結果2位の記事が6位へダウン

です。

【原因2】検索結果2位の記事が6位へダウン

この記事は、先程の【原因1】の記事と異なり「ビッグワード」ではなく「1000~1万」規模の「ミドルワード」ですが、Googleでは検索結果2位に表示されており、安定して大きなアクセスを集めてくれる記事でした。

しかし、突然Google順位変動で6位以下(今見たら7位です)になってしまい、アクセス数が大幅に減ってしまいました。

  • サーチコンソールの「月間平均検索ボリューム」数は「1000~1万」
  • Googleで平均2位 → 平均6位以下へダウン

その結果、アクセス数はどうなったかと言うと…

驚きでアゴが外れそうな結果…

イギリス総選挙ハングパーラメント

  • 12月7日~12月11日
  • 12月12日~12月16日

までの5日間のデータを比較してみた結果、なんと!

「 – 79.58%」になってしまいました。つまりGoogle順位変動で約80%もアクセス数が減少です!

正確な数字は書きませんが、イメージしやすいように例えると、

「10万アクセスが、たった2万アクセスになってしまった…」 という感じです。

いやぁ~、ビックリしすぎて、アゴが外れるかと思いました…。

アクセス数が激減…ちょっと納得いかない…?

しかし、先程の

  • 【原因1】ビッグワードの検索結果が11位以下へ大幅ダウン

の時とは違い、なんでGoogle検索での掲載順位が6位以下に落ちたのか?が納得いきません。 というのも、私の記事に代わって上位になった記事を見ると「?」という感じの内容の記事だからです。

「なんで?この記事より下に落ちるんだ?」というのが正直な気持ち。「専門性」という理由も該当しません…。

まぁでも、そういう結果なのだからしかたないかなぁ…。

この記事に関しては、そのうちまた検索上位に復活するのでは?と思いますので、その時が来たらまた追記したいと思います!

強いて理由を上げるとすれば、11月末に大幅に記事内容を更新したのですが、その影響かな…?と。

ただし、もちろん記事の中身が薄くなったわけでなく、検索してくれた方にとってより有意義な内容になっているのですが、その評価がまだ現時点では適切に行われていないだけなのかもしれませんので、まぁ、首を長くして上位復活を待ちましょうかね…!

【理由3】他の記事も「つられて?」アクセス数減少

上記の2つの記事はアクセス数の多い記事でしたのでアクセス数減少のインパクトが非常に大きかったのですが、その他の(アクセス数がほどほどの)記事も全体的にアクセス数が減少しました。

ページや個々の「クエリ」の掲載順位はいつもと変わらないのに、アクセス数だけが2~3割減っている。という記事が多かったです。

しかし、これらの記事に関しては、アクセス数がダウンし始めた期間である、

  • 12月12日~12月16日

の後の、12月17日以降は、そのような傾向はなく12月11日以前のアクセス数に戻ってきています。

しかしながら、大きなアクセス減少というインパクトを残した

  • 【原因1】ビッグワードの検索結果が11位以下へ大幅ダウン
  • 【原因2】検索結果2位の記事が6位へダウン

に関しては、いまだにアクセスアップの気配もなく「サーチコンソール」の「掲載順位」もアクセスダウン後の順位から変化がありません…。

【まとめ】ブログのアクセス数が激減し困ったら…今すぐ何すれば良い?

12月12日から突然、アクセス数が減りはじめ、12月15日にはピークの3分の2ほどのアクセス数に減少してしまったわけですが、「サーチコンソール」のデータを調べて分析してみると、今回のアクセス数33%減少の下記の3つの原因のうち、

  • 【原因1】ビッグワードの検索結果が11位以下へ大幅ダウン
  • 【原因2】検索結果2位の記事が6位へダウン
  • 【原因3】他の記事も「つられて?」アクセス数減少

1)でアクセス数が約67%減少
2)でアクセス数が約80%減少

となり、大きなインパクトとなりました。

しかしながら、逆にアクセス数を増やしている記事もあり、トータルでは「アクセス数33%減少」に留まったのだと思います。

焦らずに、冷静に原因を分析しよう!

今回、アクセス数が激減し、はっきり言って焦りました…。しかし、ただ頭を抱えて悩んでいてもはじまりません。 焦りから来る恐怖感は原因が分からないから襲ってくるのであって、実は、原因が分かってしまえば、頭の中が整理されるので、冷静に「じゃぁ、これからどうしようか?」と前を向いて考えることができるものです。

ですので、もしあなたが急なアクセス数ダウンに襲われたら「サーチコンソール」などのデータを見て、どの記事の、どのクエリのアクセス数が減ったのか?という事実をまずは見つけて、その後、冷静に原因を分析してみましょう。

「サーチコンソール」のデータはブログのアクセスアップに役立つので、是非この記事を読んで活用してみて下さい。
 → 君はいくつ知ってる?グーグルサーチコンソール凄い機能4つ

私の場合、原因が分かったので、今はこの事実を受け止め「今、やるべきこと」はブログの記事の更新と、新記事を粛々と作成していくだけです。

そうやって、新たなエースとなる記事を生み出していくだけです。頑張りましょう!

■ ブログ アクセスアップ関連記事

 → 【月間2万→10万PVへ】ブログがアクセスアップした7つの方法

 → ブログ100記事で検索からアクセス数増えるって噂は本当?

 → ブログ記事更新すると何日ぐらいでアクセス数は増えるの?

 → 私が実践して効果大だったブログアクセスアップ3つの方法

 → ブログでどんな記事を書いたらアクセス10倍に増えるか分かった!

 → ブログのアクセス数が激減し困ったら…今すぐ何すれば良い?

 → ブログ100記事書いて変わったこと悪い事も正直に書きます

■ Google 検索上位表示テクニック 関連記事

 → 初心者必見!過去記事更新で続々と検索上位表示される2テク

 → どうすれば1円も払わずに検索上位表示されるか知ってる?

 → Googleに1秒でも早くインデックス登録される方法

 → ブログ初心者必見!Fetch as Googleでインデックス登録を早める方法

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*