「Googleではこのログインをブロックしました」というメールが届いたら…

不正アクセス1

もし、Googleからあなたに、

  • 他のユーザーがあなたのパスワードを使用しました
  • Googleではこのログインをブロックしました

という内容のメールが届いたら、すぐにGoogleアカウントの不正アクセス対策をしましょう。(対策手順を下記にまとめました。)

なぜなら、あなたのGoogleアカウントに「不正アクセス」があった疑いがあるからです。



「他のユーザーがあなたのパスワードを使用しました。Googleではこのログインをブロックしました。」

突然、こんなメールが来てびっくりしました!

「Googleではこのログインをブロックしました」

というメールです…。

いったい何のこと?

不正アクセス1

※上図が見えない方のために、本文を下記に記載します。

他のユーザーがあなたのパスワードを使用しました。Googleではこのログインをブロックしました。

このアクティビティに心当たりがありますか?心当たりがない場合は、第三者があなたのパスワードを不正に使用している可能性があります。

上の図の赤枠の中を見て下さい。

「東京都新宿区」とあります。

私、1月1日に新宿からアクセスなんてしてないです…。

これがまさに、「不正アクセスの証拠」のようです…。

今すぐ!不正アクセス対策をしましょう

このままにしておいて、また不正アクセス攻撃を受けたら怖いので、
二度と不正アクセスを受けないように私は下記の2つの対策をとることにしました。

  1. パスワードを変更
  2. Google アカウント 2段階認証

あなたも今すぐ対策することをおすすすめします!

簡単なので今すぐやってしまいましょう!

■1、パスワードを変更

まずは、パスワードを変更しました。他のwebサイトやアプリケーションなどで使っていないパスワードで、絶対に暗記できないような複雑な文字の羅列にして手帳に控えました。
 → 【図解】Googleアカウントのパスワードを変更する方法

■2、Google アカウント 2段階認証

Googleで推奨されているセキュリティ機能である 「2段階認証」を設定しました。実はこの「2段階認証」という機能。 以前から知っていたんですが、 そこまでセキュリティ強化しなくても大丈夫でしょ! と思って設定していませんでした。

やってみたら意外に簡単でビックリ。 これなら、もっと前からやっておけば良かった!と反省です…。

「2段階認証」は絶対にやっておいた方がいいですよ!

私みたいに不正アクセス受けたら最悪ですからね…。手順をまとめましたので、こちらを見ながら今すぐにでも設定することをおすすめします。
 → これで安心!Googleアカウント2段階認証の設定手順

こちらも参考になるので是非読んでおいて下さい。
 → 【解決!】Google2段階認証の確認コードが届かない時

 → Googleバックアップコード(8桁)の取得とログイン方法

 → Google確認コードってSMS(メール)届いたけど、何これ?

 Googleアカウントへの不正アクセスを確認する方法

Gmailはなんと、グーグルアカウントに 不正なアクセスをされていないかを調べる方法があるんです。

具体的には、自分のメールアカウントへのアクセス情報をチェックします。その際に、見慣れない「IPアドレス」からのアクセスがあった場合、 不正アクセスの可能性が高いです。

では、確認の手順を説明します。

Gmailにログイン後、Gmail画面の右下にある

「アカウントアクティビティの詳細」をクリック

Gmailアカウントアクティビティへのリンク

ログイン履歴が確認できます

「このアカウントのアクティビティ」という画面になります。この中の「最近のアクティビティ」に表示されている情報が、あなたのGoogleアカウントのログイン履歴です。

情報としては、あなたのGoogleアカウントへログインした、

  • 端末(PCあるいはスマホ、あとブラウザの情報)
  • IPアドレス
  • 日時

の履歴が表示されます。Gmailアカウントアクティビティ

上記画像の赤枠内にある「ロケーション(IPアドレス)」欄に、 もし見慣れない「IPアドレス」からのアクセスがあった場合、 不正アクセスの可能性が高いです。

画面の一番下(赤枠内)に 「このパソコンは IP アドレス ****** を使用しています。(日本)」 というような表示があります。

上記の画像では「 ****** 」にはモザイクを入れてますが、 実際の画面ではここに数字の羅列が並んでいます。(例、 123.456.789.012 )
この数字の羅列があなたが今使用しているIPアドレスになります。ですので「ロケーション(IPアドレス)」欄のモザイクを入れた箇所には、 これと同じ番号が表記されているはずです。

もし「ロケーション(IPアドレス)」欄に見慣れない「IPアドレス」からのアクセスがあった場合、 不正アクセスの可能性が高いということです。

どこに不正アクセスの証拠は残るの?

次にお見せする画像は、私が不正アクセスを受けた証拠となる貴重な画像です。

下記画像の赤枠内にある 「日本(114.164.****)」欄の「IPアドレス」が 不正アクセスです。

不正アクセス2

その下にある2件「日本(153.228.****)」は 私の普段使っている「IPアドレス」です。

Googleアカウントのログイン履歴に不正アクセスの証拠が…

つまり、下記の画像にある「東京都新宿区」からのアクセス。 これが、「日本(114.164.****)」の「IPアドレス」です。

不正アクセス1

他のユーザーがあなたのパスワードを使用しました。Googleではこのログインをブロックしました。

このアクティビティに心当たりがありますか?心当たりがない場合は、第三者があなたのパスワードを不正に使用している可能性があります。

私が実際に受けた不正アクセス。その一部始終をまとめた記事はこちらです。
 → Gmailに不正アクセスのメール来たら至急対策すべきこと

 【まとめ】「Googleではこのログインをブロックしました。」

もし、Googleからあなたに、

  • 他のユーザーがあなたのパスワードを使用しました
  • Googleではこのログインをブロックしました

という内容のメールが届いたら、すぐに下記2つの不正アクセス対策をしましょう

  1. パスワードを変更
  2. Google アカウント 2段階認証

あなたも今すぐ「不正アクセス対策」をすることをおすすめします。

 ※「Googleアカウント2段階認証」は不正アクセスを受ける前に(例えば今すぐにでも)できる事前対策になるので、まだ設定されていない方は、簡単なので今すぐ設定されることをおすすめします!

Gmail 関連記事

 → Gmailでパスワードを忘れた場合でもログインできる方法

 → Gmailでパスワード合っていてもログインできない時の解決策

 → Gmailで「メールがブロックされました」の原因と対処法

 → Gmailでメールの一斉配信テスト。30名までならOK

 → 【解決】AndroidのGmailアプリにログインできない時

Googleアカウント 関連記事

 → Googleアカウントに突然ログインできない時の解決策

 → 【恐怖!】Googleアカウント不正アクセス乗っ取り事件

 → Googleアカウントのログインページ変更

 → 「覚えている最後のパスワードを入力してください」の対処法

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*