中国がビットコイン取引所を閉鎖、今後ビットコインはどうなる?

ビットコイン取引所

中国では国内の取引所が仮想通貨ビットコインの取引サービスを禁じる規則の草案が作成された。中国当局は数カ月前から検討を重ねており、先週は、企業が仮想通貨の発行を通じて資金調達をするイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を禁止した。



中国がビットコイン取引所を閉鎖、今後ビットコインはどうなる?

中国人民銀行(中央銀行)が中心となって、国内のビットコイン取引所が仮想通貨の取引サービスを提供することを禁じる規則の草案が作成された。中国当局は数カ月前から検討を重ねており、先週は、企業が仮想通貨の発行を通じて資金調達をするイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を禁止した。

09月11日 21時51分 中国、ビットコイン取引所を閉鎖へ=WSJ 

11日付けの米ウォールストリート・ジャーナル紙によると、中国当局は、国内のビットコイン取引所を閉鎖する計画だ。同国での仮想通貨取引にとって大きな打撃となる。

関係筋によると、中国人民銀行(中央銀行)が中心となって、国内のビットコイン取引所が仮想通貨の取引サービスを提供することを禁じる規則の草案が作成された。中国当局は数カ月前から検討を重ねており、先週は、企業が仮想通貨の発行を通じて資金調達をするイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を禁止した。

出典:FXニュースレター

中国がイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を禁止

先週、中国が禁止した「イニシャル・コイン・オファリング(ICO)」に関する記事は下記です。

09月04日 18時33分 中国、仮想通貨による資金調達を禁止 違法行為と判断=ロイター 

ロイター通信によると、中国は4日、新たなデジタル通貨をローンチして資金調達する「イニシャル・コイン・オファリング(新規仮想通貨公開=ICO)」について違法行為と判断し、個人や団体に禁止令を出した。

ICOは規制当局に監視されることなく、独自の仮想通貨(トークン)を発行することにより大規模で迅速な資金調達が可能で、中国内外のデジタル通貨の発行者にとって巨額の利益を得る手段となっている。

中国人民銀行や証券業および銀行業の規制当局、その他の政府機関が出した共同声明によると、ICOによる資金調達を完了した個人または団体は調達資金の返済に向け準備を進めるべきと指摘した。

出典:FXニュースレター

中国のビットコイン大手取引所は困惑

中国当局が国内でビットコインなど仮想通貨の取引所閉鎖を計画していると報じられたことについて、ビットコイン大手取引所は依然政府からの説明を待っていることを明らかにした。報道を受け、ビットコインは8日の取引で6.6%下落した。

09月11日 19時09分 中国のビットコイン仮想通貨取引所大手、閉鎖報道後も政府説明なし=ロイター 

ロイター通信によると、中国当局が国内でビットコインなど仮想通貨の取引所閉鎖を計画していると報じられたことについて、大手取引所は依然政府からの説明を待っていることを明らかにした。

「OKコイン」と「火幣」の広報担当者はロイターに、経済誌「財新」の報道以降、何も情報はないと述べた。報道を受け、ビットコインは8日の取引で6.6%下落した。

「財新」は、当局が中国の主要ビットコイン取引所閉鎖を計画していると伝えた。ブルームバーグとウォールストリート・ジャーナル紙は11日、中国政府はすべての仮想通貨の商業取引を禁止する計画を策定中と報じている。

出典:FXニュースレター

ビットコイン価格が急落 中国のビットコイン仮想通貨取引所の閉鎖報道に反応

日本時間8日前後、ビットコイン価格は4500ドル前後で推移していたが、同10日は一時約3976ドルに急落した。11日は4200ドル程度で取引されている。
8日に中国のニュースサイト「財新ネット」が中国当局が仮想通貨ビットコインを扱う同国内のビットコイン取引所の閉鎖を命じることを決めたと報じ、資金流入が減るとの思惑から売りが重なったとみられる。

09月12日 07時52分 ビットコイン価格が急落、中国の取引所閉鎖報道が背景=産経 

産経新聞によると、インターネット上の仮想通貨の代表格「ビットコイン(BTC)」の価格が落ち込んでいる。
中国当局が8日に仮想通貨取引所の閉鎖を決めたと報じられ、1BTC=4500ドル(約48万8千円)程度から一時4千ドルを割り込んだ。BTCは投機的な売買が多く価格が乱高下しやすい。また、11月ごろには規格の分裂騒動が再び起きる恐れも指摘され、価格がさらに下落する恐れもある。

米情報サイト「コインデスク」によると日本時間8日前後、BTC価格は4500ドル前後で推移していたが、同10日は一時約3976ドルに急落した。11日は4200ドル程度で取引されている。
8日に中国のニュースサイト「財新ネット」が中国当局が仮想通貨を扱う同国内の取引所の閉鎖を命じることを決めたと報じ、資金流入が減るとの思惑から売りが重なったとみられる。

出典:FXニュースレター

 

【追記】2017年9月15日

09月14日 23時18分 BTCチャイナが30日から取引停止へ 当局の懸念表明受け=ロイター 

ロイター通信によると、中国のビットコイン仮想通貨取引所大手、「BTCチャイナ」は14日、すべての取引を30日から停止すると明らかにした。中国当局が4日付通達で、仮想通貨を巡る投資リスクに懸念を表明するなどしたことを踏まえて決めたという。公式ミニブログで公表した。

14日から、新規ユーザー登録を停止する。共同創業者のボビー・リー氏はロイターの取材に、運営する国際取引所の取引に今回の動きに伴う影響は出ないと説明した。

ビットコインなど仮想通貨相場は、今回の方針公表を受けて下落した。1233GMT(日本時間午後9時33分)時点で、BTCチャイナでビットコインは18%値下がりした。米国取引所「ビットスタンプ」では、ビットコインが6%超下落した。

出典:FXニュースレター

 

【追記】2017年10月26日

10月26日 16時47分 DJ-【焦点】ビットコイン相場はこう予想できる ある専門家の主張 

 仮想通貨ビットコインは臆病な人には向かない。テクニカル分析もそうだ。だが、あるアナリストはビットコインの年初からの急騰を説明する上で、テクニカル分析が役に立つと確信している。

 イーグル・ベイ・キャピタルの創業者で「オール・スター・チャート(All Star Charts)」ブログの執筆者でもあるJ・C・パレッツ氏は、フィボナッチ数列こそがビットコインの値動きを読み解く鍵だと考えている。

 同氏は25日にブログで「(フィボナッチ数列から導かれる相場水準と実際の)水準が完全に一致するため、一部の人にとっては、これが単なる通常の動きだとは信じがたい」と述べた。

 テクニカルアナリストはさまざまな資産の値動きを分析する際にフィボナッチ数列に頼ることが多い。一方、フィボナッチ数列については、アナリストが自分が描きたい筋書き通りにチャートをゆがめるためのごまかしの道具にすぎないと批判する向きもある。

 パレッツ氏の前ではフィボナッチ数列への批判はご法度だ。同氏は今月初めの会合で、ビットコインとテクニカル分析について25日のブログと同じ内容の発言をしていた。米フォーチュン誌によると、同氏は会合でビットコインの最近の大きな値動きに言及し、「ここまで明確に(相場の)説明が付くとはフィボナッチ(数列)はすごい」と話した。

 ビットコインの価格は数日前に6000ドルを突破し、現在は5700ドル前後で取引されている。パレッツ氏の運勢判断チャートによると、さらに下がれば押し目買いの好機だ。同氏はブログでビットコイン相場について「(チャートを見る限り)相場が最もたどりやすい道筋は『上昇方向』というのが私の見立てだ」と書いている。

出典:Dow Jones

 

【追記】2017年11月2日

ビットコインが最高値更新 6450ドル突破

仮想通貨ビットコインが11月1日の取引で6450ドルを突破し、最高値を更新した

ビットコインの価格は今年に入り6倍以上値上がり。9月中旬以降では2倍以上上昇している。

11月01日 18時13分 ビットコインが6450ドル突破、最高値更新=ロイター

 ロイター通信によると、仮想通貨ビットコインが1日の取引で6450ドルを突破し、最高値を更新した。米先物取引所運営大手のCMEグループは10月31日、規制当局の承認を待って、ビットコインの先物を今年第4・四半期中に立ち上げる意向を明らかにした。

ビットコインの価格は今年に入り6倍以上値上がり。9月中旬以降では2倍以上上昇している。

出典:FXニュースレター

ビットコイン関連記事

 → ビットコインのドル建て価格が連日最高値を更新中

 → ビットコイン相場急落 最高値3000ドル台から10%以上下落

 → ビットコインとイーサリアムの相場乱高下の原因は?

 → ビットコイン取引を一時停止 ビットコイン分裂のおそれ

 → ビットコイン分裂 新通貨「ビットコインキャッシュ」誕生

 → ブロックチェーンへの投資にスーパーブルームが新規コイン公開

 → ビットコインキャッシュは税金がかかるかも?受領課税に要注意

 → ビットコイン相場価格が急上昇している理由。今後はどうなる?

関連記事

 → 2017年は10年に一度の経済パニックと大暴落が起こる?

 → 「夏枯れ相場」7月後半から8月。夏の円高、通貨危機に注意

 → 2017年は世界的株安や不動産バブル崩壊からの円全面高に注意

 → ハリケーン「ハービー」被害額は?ダウやドル円為替の影響は?

 → vix指数である投資家が話題!読み通りなら300億円近い利益

 → ジャクソンホール会議って何?どこで誰が何について話し合うの?

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → 【自信あり】ポンドドル予想 チャート推移から長期見通し判明

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*