ビットコインとイーサリアムの相場乱高下の原因は?

ビットコインイーサリアム

仮想通貨ビットコインのドル建て価格は4月1日に1079ドルだったが、それから2カ月で価格は3倍近くに上昇。「イーサ(Ether)」のドル建て価格は6月12日に395ドルの高値を付け、前年比で50倍近くになった。

ビットコインとイーサリアムの相場乱高下の原因について詳しく解説します。



ビットコインとイーサリアム相場が激しく乱高下した原因は?

仮想通貨ビットコインはそもそも変動の激しいものだが、そのビットコインにとっても4-6月期(第2四半期)の荒れ方は尋常ではなかった。ビットコインのドル建て価格は4月1日に1079ドルだったが、それから2カ月で価格は3倍近くに上昇。ビットコインは6月11日に過去最高値となる3019ドルを付けた後、数日間で27%下落。6月末の終値は2557.39ドルとなり、4-6月期中に価格が2倍以上となった。1-3月期末の価格は1079.75ドルでした。

07月04日 11時21分 DJ-【焦点】ビットコインとイーサ、大荒れの背景とは

 仮想通貨ビットコインはそもそも変動の激しいものだが、そのビットコインにとっても4-6月期(第2四半期)の荒れ方は尋常ではなかった。

 ビットコインのドル建て価格は4月1日に1079ドルだったが、日本と韓国での急速な関心の高まりなどを受け、それから2カ月で価格は3倍近くに上昇した。ビットコインは6月11日に過去最高値となる3019ドルを付けた後、数日間で27%下落した。
 
 6月末の終値は2557.39ドルとなり、4-6月期中に価格が2倍以上となった。1-3月期末の価格は1079.75ドルだった。
 
 ビットコインほど成熟していない仮想通貨「イーサ(Ether)」のドル建て価格は、フラッシュ・クラッシュ(瞬時の急落)に見舞われる前の6月12日に395ドルの高値を付け、前年比で50倍近くになった。四半期末の終値は304.24ドルだった。
 
 4-6月期にはビットコインやイーサ、その他の規模の小さい仮想通貨に対する疑問が数多く浮上した。10年近い歴史を持つビットコインのコミュニティーでさえ、最もうまくネットワーク能力を拡張する方法を考えあぐねているのだ。現在は1秒間の取引回数が7回に制限されており、これが取引スピードの低下と手数料の上昇を招いている。こうした行き詰まりについては、ビットコインを2分割することで今夏にも解消されるかもしれない。

 イーサをサポートするプラットフォーム「イーサリアム(Ethereum)」も取引処理能力に関する独自の問題を抱えている。イーサの急落は、この生まれて間もないネットワークの処理能力を超える需要が生じることによって発生した。取引処理の遅れは数時間、あるいは数日に及ぶ場合さえあった。米仮想通貨取引所のGDAXでは数百万ドル規模の売り注文が出され、「ストップロス注文」を巻き込みながらフラッシュ・クラッシュが起きたことから一部の投資家は証拠金取引の強制決済を迫られた。イーサの価格は一時的に0.10ドルまで下落した。

 ビットコインとイーサはいずれも、新規株式公開(IPO)ならぬ「イニシャル・コイン・オファリング(ICO)」と呼ばれるプロセスにより数カ月中に価値が押し上げられる可能性がある。クラウドファンディングと株式発行を組み合わせたICOは、新興企業がベンチャーキャピタルによる資金調達を迂回(うかい)し、実質的に短時間で数百万ドルを調達する手段となってきた。

 こうした新興企業の中には実際の商品を生産している業者もあるが、単なる書類上の会社もある。ICOに関する基準や規制は存在せず、発行される株式の価値にも大きな差がある。
 
 多くのICOではイーサリアムのプラットフォームが利用されている。イーサリアムのソフトウエアを利用すれば比較的容易にデジタルトークンを作り出すことができるため、新興企業はこのプラットフォームを大いに活用してきた。今年5月には企業決算などの予想市場を運営するグノーシスがICOで1250万ドルを調達。6月にはデジタル認証技術を開発する新興企業シビックが3300万ドルを調達した。さらに、同月にはICO取引の総合プラットフォームを構築するバンコールという会社が1億5000万ドルの資金を集めた。

 こうしたICOが普及するにつれ、ビットコインとイーサの価格も押し上げられてきた。ICOでこれらの仮想通貨による資金調達が行われてきたからだ。数カ月後にはさらなるICOが見込まれる中、規制当局と投資家はこの新たな資産にさらに注目するかもしれない。
 
 調査会社クリプトコンペアのチャールズ・ヘイター最高経営責任者(CEO)は「何らかの根本的な変化が起こっており、これら(仮想通貨)の価格に大きな期待が寄せられている」とした上で、投資家は「銅が金に生まれ変わると考えている」と述べた。

出典:Dow Jones

■ビットコイン関連記事

今後の予定としては、7月からはビットコイン購入時に消費税が免除されるようになるため、ますます利用のハードルが低下し市場が活性化されることが予想されます。これからビットコイン相場の注目がさらに集まるでしょう。

「ビットコイン、仮想通貨、ICO」関連記事まとめ(2018年の見通し)

「ビットコイン、仮想通貨、ICO」関連記事まとめ(2018年の見通し)

今後ビットコインはどうなる?将来性や2018年の見通しは?

ビットコインのバブルに警戒。リスクが大きく投資失敗の危険性大!

ビットコインが2017年初めから17倍上昇!その理由は?

ビットコインキャッシュは今後税金がかかるかも?受領課税に要注意

ビットコインキャッシュって将来性はどうなの?今後の見通しは?

ビットコインは「詐欺」でいずれ破綻すると「あの人」が予想

ビットコイン先物取引のメリットとリスクは?誰でもできるの?

ビットコインとイーサリアムの相場乱高下の原因は?

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*