ビットコインが2017年初めから17倍上昇!その理由は?

ビットコイン

インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」のドル建て価格が2017年12月8日の取引で史上初めて17000ドルを突破しました。年初来では17倍以上値を上げています。

急上昇の理由と、今後のビットコインの見通しについて詳しく解説します。

 

【追記】2017年12月13日



ビットコイン急騰の理由は…?

ビットコイン価格の急上昇の背景には、アジアの個人投資家の動きがあるようです。得に韓国でビットコイン取引が急拡大しているようです。

12月13日 11時09分 DJ-【焦点】ビットコイン急騰、主導するアジア個人投資家

 ビットコイン価格の目覚ましい上昇の背景には、国際金融市場の新たな勢力がある。アジアの個人投資家だ。

 先週末に米国で開始されたビットコイン先物取引が注目されているが、取引量で見たビットコインの中心地はアジアだ。中国でついた火が今年になって日本に移り、最近では韓国で盛り上がっている。

 1990年代後半のITバブルなどでは、米国の個人投資家が市場に押し寄せたのは上昇局面の終盤になってからだった。こうした過去の熱狂と違い、ビットコイン取引には個人投資家が最初に参加し、今年の1600%に及ぶ上昇に寄与した。

 世界有数のオンライン取引プラットフォームを運営するIGグループのチーフ市場ストラテジスト、クリス・ウェストン氏は「歴史上、ビットコインほど世界中でこうした天文学的上昇があった市場はほとんどない。それをけん引しているのがアジアの個人投資家だ」と述べた。「金融に精通したプロのファンドマネジャーにはほど遠い普通の個人が全てを引っ張っているようだ」  アジアでビットコインが盛り上がった要因はいろいろある。近年では中国と韓国を中心に個人の資産が増える一方で、利益を見込める投資先が見つけにくくなっている。不動産価格は高く、株式市場のバリュエーションは上昇しきっているからだ。

 話を聞いていると、アジア人はビットコインをはじめとする仮想通貨の概念を受け入れやすいようだ。特に、電子商取引やモバイル決済の世界で育った若者はこの傾向が強い。

 昨年は中国が取引の多くを占めていたが、その後、当局が規制に動いた。調査会社クリプトコンペアによると、今年11月末時点では、世界のビットコイン取引の80%近くを日本、韓国、ベトナムが占めていた。米国は約20%だったが、ここ数週間でその割合は上昇している。

 こうした数字は日によって大きく変わるが、仮想通貨のデータ会社コインヒルズによれば、先週のある時点では韓国が取引全体の25%を占め、米国を上回った。ちなみに、韓国の人口約5100万人に対し、米国は3億2300万人だ。

 仮想通貨イーサリアムを発明したビタリク・ブテリン氏は最近ソウルでのインタビューで、「アジアは全般に仮想通貨取引への関心が高い。(中略)この新しくクールなものに若者は夢中だ」と述べた。

 釜山で洗車ショップを営むリ・サンチュルさん(32)はビットコインに魅せられた多くの韓国人の1人だ。10月に投じた1億ウォン(約1000万円)がこれまでに生んだ利益で、人生が変わったと話している。

 リさんは「ビットコインに投資する前は朝から晩まで店にいた。だが今では、約束がある時は店を休んだり早く閉めたりする」と話した。ビットコイン投資を始めてから店に2人雇い、結婚記念日には妻にシャネルのハンドバッグを買った。

 リさんは「できるだけ多くのビットコインをためるのが目標だ」と述べ、将来的にビットコインが通常の通貨に取って代わることを期待していると付け加えた。

 香港では最近、金曜の夜に仮想通貨ファンのパーティーが開かれた。主催したのはビットコインのデリバティブ(金融派生商品)取引所ビットメックスだ。参加者は用意されたピザやビールを片手に、招待状に書かれた「(またも)ビットコイン史上最高の当たり年」を祝った。パーティーの参加登録者は200人近くに上り、出席者には教師、株式トレーダー、保険ブローカーもいた。

 ある出席者は「資金を2倍にした。上がる一方だ。猛スピードで金持ちになっている」と話した。  今年のビットコイン価格を押し上げたのはアジアのこうした人たちだ。昔ながらのウォール街のプロが市場を主導することは当面ないとアナリストらはみている。

 リソルツ・ウェルス・マネジメントのジョシュア・ブラウン最高経営責任者(CEO)は今月、自身のブログに、「バンカー抜きの最初のバブルだ」と書いた。「このように一般人が『ビッグマネー』を破る現象はこれまで見たことがない・・・私たちは本格的な熱狂を手にしているが、ウォール街は相変わらず計画段階だ」

 韓国のビットコイン人気は、他のどこよりも高い価格での取引をたびたびもたらしてきた。ビットコインの価格が先週、最も広く引用されるコインデスクの数値で初めて1万7000ドルを超えた時、韓国最大の仮想通貨取引所ビッサムでは約2万5000ドルをつけていた。やはり韓国の取引所であるコインワンとコービットが表示する価格は2万ドルを超えていた。その後、こうした価格差は縮小している。

 ビットコインに特化したヘッジファンド、ビットスプレッドの創業CEOであるセドリック・ジャンソン氏は「どの市場にもローカルルールがあり、それが実にさまざまな相違を生んでいる」と述べた。

 アジアでのビットコイン熱は規制当局や政治家の警戒感を招いた。中国は今年既に仮想通貨取引所と、仮想通貨を使った資金調達の一種「イニシャル・コイン・オファリング(ICO)」を禁止した。

 11日には香港の市場監督当局が一部の仮想通貨取引所について、違法に先物商品や他の仮想通貨関連投資商品を提供している可能性があると警鐘を鳴らした。

 一方、中国人民銀行(中央銀行)の潘功勝副総裁は上海で今月開かれたイベントで投資家に警告。ビットコインについて「私たちにできることはひとつしかない。川岸から見守ることだ。ある日、目の前に浮かぶビットコインの死体を発見するだろう」と述べた。

 韓国の李洛淵首相も警戒感を示している。先月には演説で、「このまま続けさせれば事態は深刻化し、ゆがんだ、もしくは病的な現象に至ると感じている」と述べた。

 また、韓国金融委員会の崔鍾球委員長は11日、記者団に対し、政府として仮想通貨取引所を正式に承認したり、ビットコイン先物取引を導入することはないと述べた。

 40代半ばで教員からビットコイントレーダーに転じ、ソウルで定期的にビットコインに関する個人講義をしているジョセフィン・チュンさんは「あまりに多くの人が基本を知らないまま投資に飛び込んだ。その過程であまりに多くの人がだまされた」と話した。

出典:Dow Jones(THE WALL STREET JOURNAL)

 

【追記】2017年12月14日

ビットコインが急拡大の韓国で課税検討か?

韓国では、ビットコインの取引急拡大を受け規制の導入が検討され始めたようです。

12月14日 00時15分 DJ-韓国、ビットコイン取引に課税検討 取引急拡大を懸念 

 韓国政府は国民の間で仮想通貨ビットコイン取引が急拡大していることを懸念し、新たな規制の導入を検討している、13日には政府当局者や規制当局者が緊急会合を開いた。

 韓国の国務調整室が公表した規制案には、仮想通貨取引にキャピタルゲイン税を課すことや金融機関による保有・取得・投資の制限などが盛り込まれている。規則の導入時期は具体的に定められていない。

 韓国ではビットコイン取引が急拡大している。調査会社コインヒルズによると、世界のビットコイン取引に占める韓国の割合は先週、一時25%程度に達し、米国を上回った。

 ビットコイン相場は今年初めの1000ドル弱から今週には1万7000ドル超の高値を付けるまで高騰したが、背景には多くのアジア個人投資家のマネー流入がある。韓国ではビットコイン取引人気の高まりで、国内取引所での価格は他の国よりも高い水準で推移している。韓国最大の仮想通貨取引所ビッサムではビットコインが先週、2万5000ドル近くを付けた。韓国内の他の取引所2つでも価格は2万ドルを大幅に上回っている。

出典:Dow Jones(THE WALL STREET JOURNAL)

 

【追記】2017年12月8日

ビットコインが最高値更新 17000ドル突破

12月08日 09時12分 ビットコイン最高価格更新、17000ドルを突破

 本日早朝の取引で、仮想通貨ビットコインは、17000ドルを突破し、さらに過去最高記録を更新した。

出典:FXニュースレター

 

【追記】2017年12月7日

ビットコイン 投資家はバブルと認識

12月07日 22時58分 DJ-ビットコイン、機関投資家の64%がバブルだと認識

 仮想通貨ビットコインは連日最高値を更新し、7日には1万5000ドルの大台を突破した。しかし価格が上昇するたびにバブルの気配が濃厚になる。

 ナティクシス・インベストメント・マネジャーズが行った調査によると、回答した機関投資家の64%がビットコイン相場がバブルだと考えていることが明らかになった。

出典:Dow Jones(THE WALL STREET JOURNAL)

 

【追記】2017年12月7日

ビットコインが最高値更新 15000ドル突破

12月07日 21時47分 DJ-ビットコイン、1万5000ドル突破 上昇ペースに拍車

 仮想通貨ビットコインの価格が7日、初めて1万5000ドルを突破した。上昇の勢いは衰えず、連日最高値を更新している。

 調査サイト、コインデスクによると、ビットコインはニューヨーク時間7日午前6時(日本時間午後20時)直前に1万5000ドルの節目を上抜け、数分後に1万5058ドルの高値を付けた。ビットコインは数時間前に1万4000ドルを初めて突破したばかりだった。その後はやや押し戻され、現在は1万4800ドル前後で取引されている。

 ビットコインの上昇ペースはここにきて一段と加速し、この1週間の上昇率は40%を超えた。今回の上昇を受け、世界の投資マネーがビットコインに流れ込んでいる。

 ビットコインは今年初めからの上昇幅が1400%超に達した。

出典:Dow Jones(THE WALL STREET JOURNAL)

 

【追記】2017年12月7日

ビットコインが最高値更新 13000ドル突破

12月07日 03時27分 DJ-ビットコインが1万2000ドル突破 1万3000ドルも視野に

 ビットコインの価格は6日朝の時点で1万2000ドル(約130万円)を突破した。

 午前遅くには1万3000ドルの次なる大台へあと500ドルに迫り、午前の上昇率は7.7%に達した。年初来では1200%近い上昇となっている。

 ビットコインは今や、限られたグループの早期の投資家ばかりでなく、今年最大の値上がり率を誇る投資商品のリターンにあずかろうとする一般の個人投資家も巻き込んでいる。また、取引所3カ所がビットコイン先物を取り扱う準備を進めている。

 急速な上昇を受け、いずれ崩壊に至る投機バブルが発生しているとの懸念も強まっている。関心が高まっているにもかかわらず、ビットコインをモノの売買に使う人はほとんどいない。ビットコインの急騰を17世紀のチューリップバブルになぞらえる向きもある。

出典:Dow Jones(THE WALL STREET JOURNAL)

 

【追記】2017年11月7日

ビットコインが最高値更新 7300ドル突破

11月06日 13時00分 ビットコイン、初の7000ドル台=6日東京市場 

インターネット仮想通貨ビットコインのドル建て価格が6日12:00時点で7300ドル台と初の7000ドル台に乗せた。派生商品(デリバティブ)取引の活発化などを背景に2017年初に1000ドル前後だったビットコインの上昇率はすでに700%を超えた。

出典:FXニュースレター

 

【追記】2017年11月2日

ビットコインが最高値更新 6450ドル突破

仮想通貨ビットコインが11月1日の取引で6450ドルを突破し、最高値を更新した

ビットコインの価格は今年に入り6倍以上値上がり。9月中旬以降では2倍以上上昇している。

11月01日 18時13分 ビットコインが6450ドル突破、最高値更新=ロイター

 ロイター通信によると、仮想通貨ビットコインが1日の取引で6450ドルを突破し、最高値を更新した。米先物取引所運営大手のCMEグループは10月31日、規制当局の承認を待って、ビットコインの先物を今年第4・四半期中に立ち上げる意向を明らかにした。

ビットコインの価格は今年に入り6倍以上値上がり。9月中旬以降では2倍以上上昇している。

出典:FXニュースレター

 

【追記】2017年10月13日

10月12日 18時12分 ビットコインが5000ドル突破、史上初=ロイター 

ロイター通信によると、仮想通貨ビットコイン が12日の取引で一時7%上昇し、史上初めて5000ドルを突破した。ビットコインの価格はここ1カ月で約75%上昇。年初来では5倍以上値を上げている。

出典:FXニュースレター

ビットコインのドル建て価格が連日最高値を更新中

インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」のドル建て価格の上昇が続いており前週末に初の2000ドル大台に乗せた後も連日にわたり最高値を更新しています。

05月22日 14時05分 【FXトピック】ビットコイン連日で最高値更新2000台乗せ

インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」のドル建て価格の上昇が続いている。前週末に初の2000ドル大台に乗せた後も連日にわたり最高値を更新している。

ビットコイン情報サイトを運営するコインデスクによれば、荒い値動きにより短期間で利益が得られる金融商品として海外投機マネーがビットコイン取引に集中し、22日午前の取引所で1ビットコイン=2070ドル前後で堅調裡に推移している。

ドル建てビットコイン相場は3月に一時1000ドルを割り込んだが、4月19日には一時1ビットコイン=1934ドル台に乗せ、金価格が2011年9月NY先物市場でつけた1トロイオンス1920ドルを超えた。

ビッドコイン取引の8-9割は人民元の先安観を背景とした中国マネーとされ、資本規制で投資先が限られ規制の抜け穴としてビットコインに資金を移す動きが強まっている。

最近では日本の取引も増え、格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーションは年内にビットコインによる初の航空券購入を可能とし、ビックカメラは都内一部店舗でビットコイン決済サービスを試験的に始める。なお、7月からはビットコイン購入に消費税が免除され利用のハードルが低下する。

出典:FXニュースレター

ビットコインのドル建て価格が初の2000ドル大台へ

インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」のドル建て価格の上昇が続いており前週末に初の2000ドル大台に乗せた後も連日にわたり最高値を更新しています。インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」のドル建て価格が連日にわたり最高値を更新。投機的な激しい動きとなっているようです。

ビットコインのドル建て価格急上昇の原因は中国マネー

ビッドコイン取引の8~9割は人民元の先安観を背景とした中国マネーとされ、資本規制で投資先が限られ規制の抜け穴としてビットコインに資金を移す動きが強まっているようです。

ドル建てビットコイン相場は3月に一時1000ドルを割り込んだが、4月19日には一時1ビットコイン=1934ドル台に乗せとのこと。投機色が強いため資金が集まっているのでしょうが、この動きはどう考えても異常な動きと言わざるを得ません。

 

【追記】2017年8月31日

08月30日 19時34分 仮想通貨ビットコイン、初の50万円超え最高値=NHK 

NHKニュースによると、インターネット上でやり取りされる仮想通貨「ビットコイン」は、今月上旬の分裂騒動で価格が一時、乱高下したが、その後、大きな混乱がなく取り引きされていることなどから、次第に買い注文が増え、国内最大手の取引所での価格が30日、初めて50万円を超えて、最高値を更新した。

出典:FXニュースレター

 

【追記】2017年9月12日

09月12日 07時52分 ビットコイン価格が急落、中国の取引所閉鎖報道が背景=産経 

産経新聞によると、インターネット上の仮想通貨の代表格「ビットコイン(BTC)」の価格が落ち込んでいる。
中国当局が8日に仮想通貨取引所の閉鎖を決めたと報じられ、1BTC=4500ドル(約48万8千円)程度から一時4千ドルを割り込んだ。BTCは投機的な売買が多く価格が乱高下しやすい。また、11月ごろには規格の分裂騒動が再び起きる恐れも指摘され、価格がさらに下落する恐れもある。

米情報サイト「コインデスク」によると日本時間8日前後、BTC価格は4500ドル前後で推移していたが、同10日は一時約3976ドルに急落した。11日は4200ドル程度で取引されている。
8日に中国のニュースサイト「財新ネット」が中国当局が仮想通貨を扱う同国内の取引所の閉鎖を命じることを決めたと報じ、資金流入が減るとの思惑から売りが重なったとみられる。

出典:FXニュースレター

 

【追記】2017年10月26日

10月26日 16時47分 DJ-【焦点】ビットコイン相場はこう予想できる ある専門家の主張 

 仮想通貨ビットコインは臆病な人には向かない。テクニカル分析もそうだ。だが、あるアナリストはビットコインの年初からの急騰を説明する上で、テクニカル分析が役に立つと確信している。

 イーグル・ベイ・キャピタルの創業者で「オール・スター・チャート(All Star Charts)」ブログの執筆者でもあるJ・C・パレッツ氏は、フィボナッチ数列こそがビットコインの値動きを読み解く鍵だと考えている。

 同氏は25日にブログで「(フィボナッチ数列から導かれる相場水準と実際の)水準が完全に一致するため、一部の人にとっては、これが単なる通常の動きだとは信じがたい」と述べた。

 テクニカルアナリストはさまざまな資産の値動きを分析する際にフィボナッチ数列に頼ることが多い。一方、フィボナッチ数列については、アナリストが自分が描きたい筋書き通りにチャートをゆがめるためのごまかしの道具にすぎないと批判する向きもある。

 パレッツ氏の前ではフィボナッチ数列への批判はご法度だ。同氏は今月初めの会合で、ビットコインとテクニカル分析について25日のブログと同じ内容の発言をしていた。米フォーチュン誌によると、同氏は会合でビットコインの最近の大きな値動きに言及し、「ここまで明確に(相場の)説明が付くとはフィボナッチ(数列)はすごい」と話した。

 ビットコインの価格は数日前に6000ドルを突破し、現在は5700ドル前後で取引されている。パレッツ氏の運勢判断チャートによると、さらに下がれば押し目買いの好機だ。同氏はブログでビットコイン相場について「(チャートを見る限り)相場が最もたどりやすい道筋は『上昇方向』というのが私の見立てだ」と書いている。

出典:Dow Jones

ビットコインのドル建て相場 今後の見通し

今後の仮想通貨ビットコインの予定としては、7月からはビットコイン購入時に消費税が免除されるようになるため、ますます利用のハードルが低下し市場が活性化されることが予想されます。

11月1日の取引では、6450ドルを突破し、最高値を更新した

ビットコインの価格は今年に入り6倍以上値上がり。9月中旬以降では2倍以上上昇しています。

ビットコイン関連記事

 → ビットコインのドル建て価格が連日最高値を更新中

 → ビットコイン相場急落 最高値3000ドル台から10%以上下落

 → ビットコインとイーサリアムの相場乱高下の原因は?

 → ビットコイン取引を一時停止 ビットコイン分裂のおそれ

 → ビットコイン分裂 新通貨「ビットコインキャッシュ」誕生

 → ブロックチェーンへの投資にスーパーブルームが新規コイン公開

 → ビットコインキャッシュは税金がかかるかも?受領課税に要注意

 → ビットコイン相場価格が急上昇している理由。今後はどうなる?

関連記事

 → 2017年は10年に一度の経済パニックと大暴落が起こる?

 → 「夏枯れ相場」7月後半から8月。夏の円高、通貨危機に注意

 → 2017年は世界的株安や不動産バブル崩壊からの円全面高に注意

 → ハリケーン「ハービー」被害額は?ダウやドル円為替の影響は?

 → vix指数である投資家が話題!読み通りなら300億円近い利益

 → ジャクソンホール会議って何?どこで誰が何について話し合うの?

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → 【自信あり】ポンドドル予想 チャート推移から長期見通し判明

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*