豪ドル円を3ヶ月間持っていた結果。スワップの合計は?

豪ドルスワップ

「豪ドル円」を3ヶ月間持っていた結果…。スワップの合計とともに、実際の数字をまとめましたので 「FXでの長期保有ってメリットあるの?」かどうか、 あなたの目で確かめてみて下さい。

豪ドル円スワップの合計がかなりの金額になってビックリしています…。

豪ドル円(買い)3ヶ月間でスワップの合計は?

豪ドル円スワップ 

あなたもご存じのように、FXでは外為通貨を保有していると、スワップがもらえます。
私の場合、豪ドル円を3ヶ月間持っていたところ累計スワップは、19,720円でした。

 

たった、3か月で「約2万円の収入」!正直驚きました。

 

2017年6月1日に、5(万枚)通貨買いました。上図の「建玉数量」の欄に「5」とありますが、これが豪ドル円の購入枚数です。

これを2017年8月31日に決済しました。その時の、スワップの合計が上図の「累計SW」という欄の「19,720」円です。

スワップ想定利回りは? 豪ドル円(買い)の場合

今回の豪ドル円(買い)取引の場合、

  • 豪ドル円投資金 → 175,000円(35,000円×5枚)
  • スワップの合計 → 19,720円(3ヶ月間)

なので、
スワップの1ヶ月分は、6,573円で、
1年に換算すると、78,880円となります。

ですので、
想定利回りは、45%(78,880円 ÷ 175,000円)になります。

しかし、これはあくまでも机上の空論みたいなもので、実際には、リスクヘッジとして資金余力を高めるために口座に入れておきます。

いくら口座に資金を預けておくかは、人それぞれのリスク感覚によるので、十人十色で何とも言えないのですが、私の場合は、投資金の2倍強を基準にしているので、今回の場合は、35万円程度の資金で運用しました。

ですので、
想定利回りは年間運用22.5%(78,880円 ÷ 350,000円)程度になります。

つまり、35万円を運用したら、わずか1年間で約43万円になって戻ってくることになります。

銀行に預けてもこんなに利子つかないですから超お得ですよね!

チャート推移から豪ドル円の買い時はいつ?

今回は、豪ドル円の経済指標が強い状況で、チャートも82円から87円のレンジ相場で推移していたので、82円あたりは買い時かな?と狙っていました。

豪ドル円チャート

たまたま、6月1日に安値で買い、その後、豪ドル円相場は右肩上がりに上がってくれてラッキーでした。

こちらが、その頃の過去記事です。たまたま予想が的中しました。
   ↓↓↓

豪ドル円 為替相場中長期の見通し予想

81円台を何度かつけて動きの鈍かった豪ドル円相場ですが、強めの経済指標が出てきて、見通しも明るく豪ドル相場に勢いが出てきています。 現時点では82円台。今後は上昇の見通しで非常に買いやすい局面となっています。

まさに今、82~83円台で豪ドル円を余裕資金の一部で買い建てて長期で持ちスワップを狙うのは良い戦略だと思います。
 → 豪ドル円83円台へ下落も下値ではビッドも厚く買い頃か

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資戦略プラン

FXなら相場が下がって含み損でもスワップはもらえる

FXの良いところは、相場が下がってもスワップがもらえる点です。

例えば、上記の豪ドル円の場合、7/27に89.423円で買って、現在、87円だとしても、スワップは必ずもらえます。

つまり、豪ドル円を買ったときの値段より下がってしまって、含み損が出ていても、スワップは必ずもらえるので、長期投資の観点で値段が上がるのを待って持ち続けることが可能という判断であれば、長期保有してスワップをもらい続けるのも賢い投資方法です。(もちろん、各自の投資判断によります)

でも、やっぱり買った時より値段が下がるのはいやですよね?

では、豪ドル円の買い時は…?

豪ドル円、いつ買ったら儲かる?

豪ドルが、対米ドルで約2年ぶりの高値を更新しました。

しかし、現在の豪ドル高は、オーストラリア経済のファンダメンタルズを正しく反映したものでは無く、過剰な米ドル売りの影響による強いドル安から生じた豪ドル高です。

豪ドル米ドルチャート

つまり、現在の豪ドル高相場は、オーストラリア経済のファンダメンタルズを正しく反映したものでは無く、強いドル安の影響で材料なしでも豪ドル高が続いている状況です。

豪ドル円はしばらく「休み相場」の見通し 次の豪ドル高を待つ

オーストラリア準備銀行(中央銀行)は豪ドルの通貨高が経済成長を抑制する可能性があるとして、このところ警戒感を強めています。今後、ドル安が加速し、さらに豪ドル高が進むようであれば、オーストラリア準備銀行(中央銀行)による口先介入があるかもしれません。

市場でも、豪ドルは買われすぎ…。という声が出てきており、これからドル買いの流れになったタイミングで、一気に「豪ドル安/米ドル高」の相場見通しになるでしょう。

予想としては、当面は豪ドル円の上昇が厳しそうな相場見通しなので、値ごろ感のある82円近くまでの下落相場を待ち、そのタイミングで豪ドル円の買いをすすめるのが良いと思います。

豪ドル円チャート 

【まとめ】豪ドル円を3ヶ月間持っていた結果。スワップの合計は?

「豪ドル円」のスワップはいかがでしたか?

正直、
「すごっ!」とビックリしませんでしたか?

しかも、最初に買った後は、ほったらかしです。それで、あの想定利回り22.5%には、ビックリしたのではないでしょうか…。

この結果を見ると、
やはり「FXの長期保有ってスゴイなぁ…!豪ドル円のスワップってスゴイ!」と感動してしまいます。

豪ドル円はスワップが高いので投資の考え方として、豪ドル円は高いスワップ狙いで長期運用をするのががおすすめです。

現時点で、豪ドル円(買い)のスワップは

  • 豪ドル円 買い 41円

です。

しかし、今後の豪ドル円相場の予想としては、当面は豪ドル円の上昇が厳しそうな見通しですから、値ごろ感のある82円近くまでの下落を待ち、そのタイミングで豪ドル円を買うのが良いでしょう。

豪ドル円 関連記事

 → 豪ドル予想 豪中銀の利上げ見通しで豪ドル円も上昇トレンド?

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → 【自信あり】ポンドドル予想 チャート推移から長期見通し判明

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*