オーストラリアの利上げはいつ?2018年の見通しは?

豪ドル利上げ

オーストラリアの利上げはいつでしょうか? 2018年は利上げ無しと言われていますが、順調な経済成長を遂げているオーストラリア経済。果たして利上げと豪ドルの今後の見通しは?

 

【追記】2018年2月9日



オーストラリア利上げは2018年は無し?

オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)は、オーストラリア準備銀行(中央銀行)が年内に利上げするとの予想を撤回した。

豪中銀のフィリップ・ロウ総裁は8日夜の講演で、中銀が掲げる2~3%のインフレ目標中間点を予想外に強く強調し、金融安定化のリスクも落ち着きが増していると発言した。

ANZは、「当社は引き続き、年内に想定していた状況が実現する可能性もあると考えているが、(賃金とインフレ率が予想外に上振れしない限り)、中銀が重視している経済状況をみると年内利上げの可能性がなくなったのは明白だ」としている。

02月09日 09時12分 DJ-【市場の声】ANZ、豪中銀の年内利上げシナリオを撤回

 オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)は、オーストラリア準備銀行(中央銀行)が年内に利上げするとの予想を撤回した。

 豪中銀のフィリップ・ロウ総裁は8日夜の講演で、中銀が掲げる2~3%のインフレ目標中間点を予想外に強く強調し、金融安定化のリスクも落ち着きが増していると発言した。

 ANZはこれまで、失業率の低下、コアインフレ率の安定化、賃金の伸び加速という予想を元に18年末までに利上げが実施されると予想していた。また、低金利環境では家計債務の増加が再加速するとも考えていた。

 ANZは、「当社は引き続き、年内に想定していた状況が実現する可能性もあると考えているが、(賃金とインフレ率が予想外に上振れしない限り)、中銀が重視している経済状況をみると年内利上げの可能性がなくなったのは明白だ」としている。

出典:Dow Jones(THE WALL STREET JOURNAL)

 

【追記】2018年2月2日

オーストラリア利上げは?

世界景気の加速がオーストラリア経済に波及し、オーストラリア準備銀行(中央銀行)が政策変更に動くのはいつなのか。準備銀行の政策据え置き期間は過去最長に迫っている。

ロイターの調査によると、オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)は来週6日の理事会で、ほぼ確実に政策金利のオフィシャルキャッシュレートを過去最低の1.50%に据え置く見通し。調査対象のエコノミスト48人のうち、47人が据え置きを予想した。

02月02日 12時12分 DJ-【市場の声】豪中銀、19年末まで現状維持か=ウエストパック

市場がオーストラリア準備銀行(中央銀行)の年内利上げをほぼ100%織り込み済みだったことから、オーストラリアの2017年10-12月期消費者物価指数(CPI)は非常に重要性が高かった。だが、コア指数も総合指数も予想を下回る伸びにとどまった。

 ウエストパック銀行は、この先も消費者セクターや住宅部門における価格競争の影響でディスインフレの傾向が続くとみられ、足元のオーストラリアドル高もインフレの逆風になる見通しだとしている。

 同行は中銀が19年末まで政策を据え置くとの見方を変えていない。

出典:Dow Jones(THE WALL STREET JOURNAL)

02月02日 17時46分 豪中銀、2月6日は政策金利据え置きへ=ロイター 

ロイターの調査によると、オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)は来週6日の理事会で、ほぼ確実に政策金利のオフィシャルキャッシュレートを過去最低の1.50%に据え置く見通し。調査対象のエコノミスト48人のうち、47人が据え置きを予想した。

RBAは2016年に2回の利下げを行ったが、それ以降は不動産市場の過熱リスクと低調なインフレ率を考慮し、金利を据え置いている。ただ、このところの住宅価格動向には鈍化の兆しも見られる。

大半のエコノミストは、中銀が来年第3・四半期まで金利を据え置くと予想する一方、回答者45人のうち23人は来年12月までに少なくとも1回は利上げが行われるとみている。1人は2回の利下げを予想した。

出典:FXニュースレター

01月30日 10時46分 DJ-【市場の声】豪中銀、まだ利上げに動けず 物価低迷・豪ドル高で 

 世界景気の加速がオーストラリア経済に波及し、オーストラリア準備銀行(中央銀行)が政策変更に動くのはいつなのか。準備銀行の政策据え置き期間は過去最長に迫っている。

 だが、低インフレという問題があり、オーストラリア連邦統計局が31日発表する2017年10-12月期消費者物価指数(CPI)の伸びも再び低水準にとどまる見通しだとUBSは言う。しかも、賃金上昇率は依然として過去最低だ

 さらに、UBSによると、オーストラリアドルが足元で上昇しているため、準備銀行にとって早期利上げや引き締めバイアスを鮮明にすることのインセンティブは低い。引き締めに動けば、豪ドル相場に一段の上昇圧力がかかるからだ。

 準備銀行の今年初の政策会合は2月6日。

出典:Dow Jones(THE WALL STREET JOURNAL)

 

オーストラリア経済は順調な伸び…

オーストラリアの雇用者数が前年比で3.3%増と目覚ましい伸びを示していることから、賃金上昇率やインフレ率が加速し、オーストラリア準備銀行(中央銀行)が様子見姿勢を転換するのは時間の問題かもしれない。

ドイツ銀では、今年はオーストラリアのGDPが小幅に増加すると予想しているが、雇用の大幅増と賃金の伸び加速を同時に実現できるほどの力強さはまだないとみる。

2018年内の利上げは無い?

このため年内は準備銀行が利上げ等の政策変更に踏み切ることはない、という見立てだ。

01月22日 12時20分 DJ-【市場の声】豪GDP、好調でも利上げには力不足=ドイツ銀

 オーストラリアの雇用者数が前年比で3.3%増と目覚ましい伸びを示していることから、賃金上昇率やインフレ率が加速し、オーストラリア準備銀行(中央銀行)が様子見姿勢を転換するのは時間の問題かもしれない。

 ただ、それほど単純なことではなさそうだとドイツ銀行は指摘する。国内総生産(GDP)が大きく伸びない限り、賃金の上昇は雇用の伸びを抑え始めるはずだと言う。

 ドイツ銀では、今年はオーストラリアのGDPが小幅に増加すると予想しているが、雇用の大幅増と賃金の伸び加速を同時に実現できるほどの力強さはまだないとみる。このため年内は準備銀行が政策変更に踏み切ることはない、という見立てだ。

出典:Dow Jones(THE WALL STREET JOURNAL)

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → 【自信あり】ポンドドル予想 チャート推移から長期見通し判明

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*