来週のドル円予想 中国建国記念日「国慶節」長期連休に警戒

国慶節

来週のドル円相場では、徐々に上昇してきたドル円の114円から115円への上昇が予想されます。来週の大きな焦点は、6日の米9月雇用統計。強い数値となればFRBによる12月の利上げ観測期待でドル円は上昇でドル高円安の流れと予想。さらに来週以降はFRBの後任議長人事の動きにも注目です。

さらに来週の為替相場では、中国市場が建国記念日の「国慶節」によって10月1-8日に長期連休となることも注目材料。過去に中国周辺市場が長期休場となる場合、アジア時間でちょっとした悪材料が浮上してくると、日本市場で集中してリスク回避の円高・株安が激化されるパターンがあり、アジア休場に伴う「リスク・ヘッジ対応」が日本での円買い・株売りを促すことも予想され10月1日から8日にかけてはアジア市場での流動性低下と相場の値動きが荒くなる可能性に注意が必要です。

引き続き、北朝鮮情勢は突発的な円高・株安材料となるため、警戒が必要です。



来週のドル円予想 中国建国記念日「国慶節」長期連休で相場急変に注意

来週の為替相場では、中国市場が建国記念日の「国慶節」によって10月1-8日に長期連休となることも注目材料となる。過去に中国周辺市場が長期休場となる場合、アジア時間でちょっとした悪材料が浮上してくると、日本市場で集中してリスク回避の円高・株安が激化されるパターンが観測されてきた。アジア休場に伴う「リスク・ヘッジ対応」が日本での円買い・株売りを促すもので、10月1-8日にかけてはアジア市場での流動性低下と相場の値動きが荒くなる可能性に注意を要する。

来週の大きな焦点は、6日の米9月雇用統計だ。ハリケーン被害などにより、雇用者数は一定の減速リスクが警戒されている。その分だけ想定以上に雇用が底堅さを示したり、懸案の賃金が「年末商戦に向けた早めの臨時雇用確保」などで増加となれば、改めて米FRBによる12月の利上げ観測が支援される。米国債金利の上昇(債券価格は下落)などにより、全般的なドル高の流れが後押しされやすい。

さらに来週にかけて、にわかに注目材料となってきたのが米FRBの後任議長人事だ。来週以降もFRB人事に関して、「現在のイエレン議長に比べれば、利上げや金融政策の正常化に前向きな人選」となればドル高、反対にイエレン議長の再任を含めて、利上げ慎重な候補が有力になればドル安という一喜一憂が想定される。

09月30日 06時55分 来週の相場展望=10月2日の週

来週10月2日-10月6日週の為替相場は、全般的なドル高や円安の地合い持続と反動修正、日柄調整やポジション調整などによる一旦のレンジ横這い化などをにらんだ展開が想定される。

ドル/円の週足テクニカルでは、ドルの下値メドとして一目均衡表の雲の上限111.37円前後、基準線110.91円、転換線110.29円前後などが意識される。
また、ドル/円の週足チャートでは、52週移動平均線111.40円前後、26週線110.97円前後、13週線110.83円前後といった重要節目ラインに関して、全て上抜け状態と各ラインの方向性が上向き化になるという基調転換が観測され始めた。過去実績として、こうした同時現象が定着してくると、各ラインなどを下値メドとしたドルの押し目買い地合いが長期化。まずは114-115円方向などを意識したドルの下限切り上がりトレンドが支援されやすい。

来週の週明けに関しての注目材料は、まず日本での衆院総選挙に向けた票読み情勢だ。前週には小池百合子東京都知事が代表を務める希望の党が、民進党と実質的な合流となる野党の大同団結が進展した。希望の党は勢いを増しており、来週にかけての世論調査などで希望の党の大躍進と、与党である自民党の苦戦、過半数割れリスクなどが報じられてくると、政治不透明感やアベノミクスの終焉警戒などに伴う日本の株安、ポジション手仕舞いやリスク回避などによる円高の波乱余地を秘めている。

一方で前週末の最新世論調査では、民進党と希望の党の合流や小池都知事の国政転出シナリオに対し、批判的な声が優勢になっていた。希望の党が最初こそ勢いを加速させたあと、10月22日衆院総選挙に向けて失速となれば、日本での政治混迷リスクが後退。アベノミクスの継続や日銀緩和の長期化思惑などにより、改めて日本の株高とリスク選好の円安地合いが支援されやすい。

同時に来週にかけて、にわかに注目材料となってきたのが米FRBの後任議長人事だ。イエレン現議長の任期が来年2月に迫るなか、前週末にはトランプ米大統領が複数の後任候補者と面談したことが報じられている。今後2-3週間以内には、候補者が決定される方向性となってきた。
前週末のNY市場では「米大統領と財務長官がウォルシュ元FRB理事と面談」との報道が、米国債金利の上昇(債券価格は下落)とドル高、利ざや改善期待による金融株上昇というう市場反応が観測された。来週以降もFRB人事に関して、「現在のイエレン議長に比べれば、利上げや金融政策の正常化に前向きな人選」となればドル高、反対にイエレン議長の再任を含めて、利上げ慎重な候補が有力になればドル安という一喜一憂が想定される。

来週の為替相場では、中国市場が建国記念日の「国慶節」によって10月1-8日に長期連休となることも注目材料となる。北朝鮮が一定の中国配慮により、威嚇行動や挑発発言を自粛してくると、日本ではリスク選好による円安と株高の地合いが支援される。
ただし、中国など中国周辺市場が長期休場となる場合、アジア時間でちょっとした悪材料が浮上してくると、過去には日本市場で集中してリスク回避の円高・株安が激化されるパターンが観測されてきた。アジア休場に伴う「リスク・ヘッジ対応」が日本での円買い・株売りを促すもので、10月1-8日にかけてはアジア市場での流動性低下と相場の値動きが荒くなる可能性に注意を要する。

来週の大きな焦点は、6日の米9月雇用統計だ。ハリケーン被害などにより、雇用者数は一定の減速リスクが警戒されている。その分だけ想定以上に雇用が底堅さを示したり、懸案の賃金が「年末商戦に向けた早めの臨時雇用確保」などで増加となれば、改めて米FRBによる12月の利上げ観測が支援される。米国債金利の上昇(債券価格は下落)などにより、全般的なドル高の流れが後押しされやすい。

ただし、米国市場では前週にかけて米債金利の上昇とドル高が進展してきたが、一段と加速されると米国株の調整下落や米国経済への先行き悪影響、新興国での通貨安(ドル高)や資本流出、株安などの打撃を誘発させていく。
ただでさえ米国では年末決算が迫るなか、米国の輸出企業や多国籍企業などによる海外収益の本国送金、あるいは金融機関や各種ファンドなどによる新興国向け投資を含めた海外運用の利益回収などが焦点になってきた。

ただでさえ米FRBによる12月利上げ観測が高まるなか、いずれもドル転などを通じた米国回帰(リパトリエーション)により、ドル高の要因となりやすい。裏表で対ドルでの新興国通貨安や欧州通貨安、資源国通貨安を促す可能性を秘めている。対円でも各通貨の上値抑制や下落要因となる余地をはらむ。
さらにその中で米国や新興国などで調整株安が進展するようなら、リスク回避がクロス円を中心とした円高を加速。ドル/円でのドル高とクロス円での円高の綱引き相場に移行する波乱シナリオにも注意を要しよう。

出典:FXニュースレター 

10月02日 23時28分 FRB議長の後任が2-3週内に内定へ、関連ニュースに一喜一憂も 

今週以降の為替相場で、注目材料となっているのが米FRBの後任議長人事だ。イエレン現議長の任期が来年2月に迫るなか、前週末にはトランプ米大統領が複数の後任候補者と面談したことが報じられている。今後2-3週間以内には、候補者が決定される方向性となってきた。

前週末のNY市場では「米大統領と財務長官がウォルシュ元FRB理事と面談」との報道が、米国債金利の上昇(債券価格は下落)とドル高、利ざや改善期待による金融株上昇というう市場反応が観測された。
今週以降もFRB人事に関して、「現在のイエレン議長に比べれば、利上げや金融政策の正常化に前向きな人選」となればドル高、反対にイエレン議長の再任を含めて、利上げ慎重な候補が有力になればドル安という一喜一憂が想定される。

出典:FXニュースレター 

【まとめ】来週のドル円予想 中国建国記念日「国慶節」長期連休で相場急変に注意

ドル円の週足チャートでは、52週移動平均線111.40円前後、26週線110.97円前後、13週線110.83円前後といった重要節目ラインに関して、全て上抜け状態と各ラインの方向性が上向き化になるという基調転換が観測され始めた。過去実績として、こうした同時現象が定着してくると、各ラインなどを下値メドとしたドルの押し目買い地合いが長期化。まずは114-115円方向などを意識したドルの下限切り上がりトレンドが支援されやすい。

来週は中国建国記念日「国慶節」長期連休 アジア市場の急変動注意

来週の為替相場では、中国市場が建国記念日の「国慶節」によって10月1-8日に長期連休となることも注目材料となる。北朝鮮が一定の中国配慮により、威嚇行動や挑発発言を自粛してくると、日本ではリスク選好による円安と株高の地合いが支援される。
ただし、中国など中国周辺市場が長期休場となる場合、アジア時間でちょっとした悪材料が浮上してくると、過去には日本市場で集中してリスク回避の円高・株安が激化されるパターンが観測されてきた。アジア休場に伴う「リスク・ヘッジ対応」が日本での円買い・株売りを促すもので、10月1-8日にかけてはアジア市場での流動性低下と相場の値動きが荒くなる可能性に注意を要する。

来週の注目経済指標はアメリカ雇用統計

 さらに来週の大きな焦点は、6日の米9月雇用統計だ。ハリケーン被害などにより、雇用者数は一定の減速リスクが警戒されている。その分だけ想定以上に雇用が底堅さを示したり、懸案の賃金が「年末商戦に向けた早めの臨時雇用確保」などで増加となれば、改めて米FRBによる12月の利上げ観測が支援される。米国債金利の上昇(債券価格は下落)などにより、全般的なドル高の流れが後押しされやすい。

来週以降、アメリカFRB後任人事に注目

同時に来週にかけて、にわかに注目材料となってきたのが米FRBの後任議長人事だ。イエレン現議長の任期が来年2月に迫るなか、前週末にはトランプ米大統領が複数の後任候補者と面談したことが報じられている。今後2-3週間以内には、候補者が決定される方向性となってきた。 前週末のNY市場では「米大統領と財務長官がウォルシュ元FRB理事と面談」との報道が、米国債金利の上昇(債券価格は下落)とドル高、利ざや改善期待による金融株上昇というう市場反応が観測された。来週以降もFRB人事に関して、「現在のイエレン議長に比べれば、利上げや金融政策の正常化に前向きな人選」となればドル高、反対にイエレン議長の再任を含めて、利上げ慎重な候補が有力になればドル安という一喜一憂が想定される。

FRB、FOMC関連記事

 → FRBバランスシート縮小で円安ドル高の為替相場へ

 → 米FRB「資産縮小計画」テーパリングで短期金利を引き上げへ

 → FRBのFOMC声明とイエレン議長会見 7つの要点

 → 【注目】FOMC利上げ後には円高ドル安が進むジンクスあり

 → アメリカ利上げする?低失業率で低インフレ率では利上げ無理?

世界経済 関連記事

 → 2017年は10年に一度の経済パニックと大暴落が起こる?

 → 「夏枯れ相場」7月後半から8月。夏の円高、通貨危機に注意

 → 2017年は世界的株安や不動産バブル崩壊からの円全面高に注意

 → ハリケーン「ハービー」被害額は?ダウやドル円為替の影響は?

 → vix指数である投資家が話題!読み通りなら300億円近い利益

 → ジャクソンホール会議って何?どこで誰が何について話し合うの?

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → 【自信あり】ポンドドル予想 チャート推移から長期見通し判明

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*