今日のFXドル円予想レンジ ECB理事会後はユーロ安ドル高?

ECB理事会後

ドル円は4日、日中に、112.3円台まで下げた後、ニューヨーク市場では112.9円まで上昇。ISM非製造業指数、米ADP雇用統計と強い経済指標が続きドル高となりましたが、次期FRB議長にパウエルFRB理事が適切と報道されたことによってドル円は113円台が天井圏。

今日は、明日の雇用統計を控え落ち着いた取引が予想されていますが、私は、113.5円を目指す展開を予想します。

その他、今日の各通貨の予想レンジは、

  • ドル円予想レンジは、112.5-113.5。今日もドル買い優勢でドル高予想。ただし北朝鮮リスクには要注意。
  • ユーロドル予想レンジは、1.168-1.178ドル。今日はECB理事会後にユーロ安予想。
  • ポンドドル予想レンジは、1.320-1.330ドル。今日もポンドはドルに連動。レンジ相場予想。やや弱めの動きか?
  • 豪ドル円予想レンジは、88.0-88.8円。今日もドルに連動と予想。



ドル円は強い経済指標でドル高へ 引き続き113.5円目指す展開

ドル円は4日、日中に、112.3円台まで下げた後、ニューヨーク市場では112.9円まで上昇。ISM非製造業指数、米ADP雇用統計と強い経済指標が続きドル高となりました。

しかしながら、ムニューシン米財務長官が、次期FRB議長にパウエルFRB理事が適切と報道されたことによってドル円は113円台が天井圏となりました。

今日は、明日の雇用統計を控え落ち着いた取引が予想されていますが、私は、113.5円を目指す展開を予想します。

ただし、引き続き北朝鮮リスクには警戒が必要で、ドル円上昇の腰を折る可能性があるため今後も突発的な北朝鮮リスクによるリスク回避の円買いには注意が必要で、大きなポジションはとらないようにしたいと思います。

10月04日 21時29分 【ドル円ストラテジー情報プレミアム】 

ムニューシン米財務長官が、次期FRB議長にパウエルFRB理事が適切と報道されたことによって米10年債利回りは2.337%から2.324%に低下したことでドル円は113円台が天井圏になった。本日も米10年債利回りは2.305%付近まで低下し、ドル円は112.35付近まで下落している。

サポートレベル 112.00~10 111.50~60
レジスタンスレベル 112.70~80 113.20~30

注)上記レートはインターバンク等の提示したレートを参考にしたもので、実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。

出典:株式会社アドバンス

今日のECB理事会後はユーロ安を予想

ユーロは、レンジ相場で推移。1.18に天井を感じる状態。

今日、5日の欧州中央銀行(ECB)の10月の政策理事会で来年1月からの債券買い入れ(量的緩和=QE)減額を決定すると広く予想されていますが今回の大きな問題は、ECBが債券買い入れを縮小するかどうかではなく、買い入れ政策の終了期限を定めるかどうかです。経済指標を見る限り、ECBは買い入れの中止を発表するまでには至らず、買い入れを来年後半ないしそれ以降まで一定の水準で維持するという選択肢を排除しないと考えて良さそうです。

最近のユーロ圏の弱い経済指標を見る限り、ECBドラギ総裁からはハト派の発言が予想され、ユーロ安が予想されます。

ポンドはレンジ相場 今後はポンド安へ

ポンド相場も、昨日はレンジ相場でした。

このところ弱い経済指標が続き、相場も弱きです。ポンド買いの勢いは弱くなっており、ポンド安に向かいそうです。

豪ドル円 レンジ相場続く

豪ドル相場はドル円とあわせて推移。今日もレンジ相場が続く予想です。

【まとめ】今日のFXドル円予想レンジ ECB理事会後はユーロ安ドル高?

ドル円は4日、日中に、112.3円台まで下げた後、ニューヨーク市場では112.9円まで上昇。強い指標が続きドル高となりました。しかしながら、ムニューシン米財務長官が、次期FRB議長にパウエルFRB理事が適切と報道されたことによってドル円は113円台が天井圏となりました。

今日および今週の予想 

今日は、明日の雇用統計を控え落ち着いた取引が予想されていますが、私は、113.5円を目指す展開を予想します。さらに、週末6日に米9月雇用統計の発表がありドル高が期待できます。

ただし、引き続き北朝鮮リスクには警戒が必要で、ドル円上昇の腰を折る可能性があるため今後も突発的な北朝鮮リスクによるリスク回避の円買いには注意が必要で、大きなポジションはとらないようにしたいと思います。

その他、今日の各通貨の予想レンジは、

  • ドル円予想レンジは、112.5-113.5。今日もドル買い優勢でドル高予想。ただし北朝鮮リスクには要注意。
  • ユーロドル予想レンジは、1.168-1.178ドル。今日はECB理事会後にユーロ安予想。
  • ポンドドル予想レンジは、1.320-1.330ドル。今日もポンドはドルに連動。レンジ相場予想。やや弱めの動きか?
  • 豪ドル円予想レンジは、88.0-88.8円。今日もドルに連動と予想。

相変わらずドルは買いが強いので注目です。

FX為替相場 短期見通し FX投資のポイント

ドル円は114.5円までは手堅く買い。もしかしたら117.5円を目指す長期相場に発展する可能性もありますが、北朝鮮リスクで当面円高ドル安相場が続く可能性もありますので、仕掛けどころとポジション量には要注意ですが、すでに買い玉を仕掛けています。

ユーロ安を予想し、ユーロの売りを建てる予定です。

ポンドドルは完全に弱気相場ですね。買い材料も見当たらないので、売りを建てて長期的にスワップを狙おうと思います。

2017年10月のFX成績 いきなりポンド損切り

先日、ポンドの買い玉を残念ながら損切り。月初からいきなりマイナススタートで赤字ですが、まだまだ10月は始まったばかりなので、これから盛り返していきたいと思います。

今後は、ドル円の買い。ユーロの売り、ポンドの売りで黒字化を狙います。

【ドル円相場予想】関連記事

 → ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【豪ドル円相場予想】関連記事

 → 豪ドル円、豪ドル米ドル相場の長期見通し-日足チャートで解説

 → 豪ドル円の中長期見通しと投資運用戦略プラン

【ポンド相場予想】関連記事

 → 【自信あり】ポンドドル予想 チャート推移から長期見通し判明

【ユーロ相場予想】関連記事

 → ユーロドルの中長期見通し ユーロドルがおすすめの2つの理由

 

 

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*