エクセルグラフに凡例を追加(消去した凡例を復活させたい!)

エクセル折れ線グラフ追加11

エクセル(Excel)でグラフを作成すると凡例が自動で作成されますが、万が一、削除してしまった場合、凡例を追加・復活させる方法があります。手順をエクセル画面を使って図解でまとめました。

この手順通りすすめれば誰でも簡単に凡例を追加・復活できますのでお試しください。



一度消した凡例を追加・復活

一度削除してしまった凡例を追加・復活させる方法を説明します。

グラフエリアで1回クリック

エクセルのグラフ上(グラフエリア)で1回クリックします。

エクセル折れ線グラフ追加1

 

上部メニューに「グラフ ツール」が出現します

エクセル折れ線グラフ追加2

 

「グラフツール」の「レイアウト」→「凡例」→「凡例を上に配置」をクリック

 ※例えば、凡例をグラフの右に追加したい場合は「凡例を右に配置」を選択してください。

エクセル折れ線グラフ追加11

 

「凡例」が追加(復活)!

すると、下記のように「凡例」がグラフ上部に追加(復活)されました!

エクセル折れ線グラフ追加12

 

【まとめ】エクセルグラフに凡例を追加(復活)

どうですか?エクセルグラフに凡例を追加(復活)する方法、簡単だったでしょ?

さらに「凡例を変更したい!」場合は、下記の5つの方法があります。

  1. 凡例の名前(凡例の系列名)を変更したい
  2. 凡例の位置を動かしたい
  3. 凡例のサイズ(大きさ)や文字並びを変更したい
  4. 凡例の文字サイズやフォント、色を変更したい
  5. 凡例の表示を消したい

やり方をこちらの記事に分かりやすくまとめたので、こちらの手順を参考にして、凡例を見やすい位置に移動したり、サイズの大きさを変更したり、文字のサイズや色も変更してみて下さいね。
 → エクセルで作ったグラフの凡例をいろいろ変更したい…

エクセル(excel)で作ったグラフの凡例を自由に変更したい

 

エクセル(Excel)グラフ作成 関連記事

 → 【図解】小学6年生でもできる「エクセルで2軸グラフ」作成

 → 検索しても見つからないエクセルグラフ作成のマル秘テク11

 → 【仕事で使える】エクセル2軸グラフ作成して上司から高評価

 → 【プロ直伝】エクセルでのグラフの作り方 完全マニュアル

 → エクセル2010でプロ級の折れ線グラフが簡単に作成できる

 → エクセルで折れ線グラフが一瞬で作成できるなんて知ってた?

 → エクセルの折れ線グラフに新しいグラフを1つ追加する方法

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*