3万円。と聞いて何を思い浮かべますか?


 

3万円。

と聞いて何を思い浮かべますか?

 

「高齢者3万円給付金」

と答えたあなた。

 

素晴らしいですね!!

最近話題になってますもんね。

 

「俺の毎月の小遣いだよ」

というパパさんも多いかも。

 

私の場合は、フィナモレのシャツかな?

さすがに、お高いシャツなので

初めて購入するときは勇気がいりますが、

最高にカッコいいシャツですよ!

(私はセールでしか買ったことありませんが、それでも高いんだよね…)

 

特にエリの形が素敵で、身頃も絞ってあるので、最近お腹ぽっちゃりが気になっているあなたでもダンディに見えるから不思議。

パパさんは休日のお出かけ用に1着持ってると重宝しますよ!!

 

他には、

友人に聞いたところ「プレステ4」かな?って言ってました。

(実際は4万円近くするみたいですが…)

 

私はゲームには詳しくないのですが、

この価格を聞いたとき

いまどきのハードってそんな高いのか…。

とア然としたもんです。

 

私の時はファミコンが14,800円だったかな?

あ~懐かしい…。

 

 

さてさて、このように3万円と聞いて思い浮かべるもの、

欲しいと思うものは人によって様々です。

 

 

私の場合、欲しいモノ!

(もしくは、貰えるもの)

と言えば、フィナモレのシャツですが()

 

実は、3万円と聞いてすぐに思い出すのは、この記憶です。

 

 

あれは・・・。

 

高校生の時です。

3年の夏休み前。

 

母親から突然こう言われました。

「●●予備校で夏期講習があるから行って来れば」

 

この夏は大学受験に備えて、

毎日図書館に行って勉強する予定でした。

 

夏期講習は5日間だったと記憶しているのですが、

もしからした7日だったのかも知れません。

ただ、私は初日に行って「つまんない」と思い、

その後、毎日、自宅を朝7時に出て

電車に20分乗り予備校のある駅まで行き、

駅周辺の繁華街で1日を過ごし

夕方自宅に帰るという日々を過ごしました。

毎日何やってたのか、はっきりと覚えていません。

毎日ゲームセンターに行ってたのか、

何をして時間をつぶしていたのか?

そう、私は予備校に行かず、

毎日ぶらぶらとやることもなく時間をつぶしていたのです。

 

心の中で、もしかしたら

「どうせ俺が予備校行きたいって言ったわけじゃないし」

という気持ちがあったのかもしれません。

 

別に親にもバレないし。

 

そう思って、

すっかり予備校のことは忘れていました。

 

しかし・・・。

 

 

その数日後、

母親に予備校をサボっていたことが

バレてしまったのです。

 

「えっ、なぜバレたの?」

 

私は不思議に思っていたのですが、

母親の手元には「予備校」からの手紙が握られていて、

そこには予備校の出席報告が

ご丁寧に書かれていたのでした。

 

そもそも私は、

予備校の夏期講習には

興味など全くありませんでした。

なので何故申し込んだのかも

はっきり覚えていません。

 

でも、1つ鮮明に覚えていること。

あの時の母親の悲しそうな顔は

今でも忘れられません。

 

私の母親は普段からあまり怒りませんでした。

 

その時も、まるで

「この紙に書かれていることは間違いだよね?あなたがサボるわけないよね?」

と私に確認しているかのようでした。

 

今思い返せば、

まさか私がそんなこと、

予備校を勝手にサボるなんてことをするわけない。

と信じてくれていたのかもしれません。

 

だから、きっと、

あんな悲しい顔をしていたのかもしれません。

 

でも、母親の悲しい顔を見て、

やっと私は最低の事をしていたことに気づきました。

 

 

私は母親に嘘をつきました。

母親の大切なお金を無駄にしてしまいました。

 

私はこんなバカなことをしてはじめて、

自分の愚かさに気づいたのです。

本当に恥ずかしい・・・。

 

私は初日に行って

「つまんない」と言う自分勝手な理由だけで、

母親の大切な3万円という大金を無駄にしたのです。

 

たぶん母は

3万円を無駄にしたこともショックだったろうけど、

それ以上に自分の息子が、

予備校を勝手にサボっていたこと。

そしてそれを隠して嘘をつき通そうとしたことに

ショックを受けたのだと思います。

 

本当にろくでもない息子です。 

母さん、ごめんなさい。

それ以来、

私にとって3万円は忘れられない記憶です。

そのことを謝りたくて

社会人になってから

毎月末に3万円を母の口座に仕送りしています。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*