2017年 6月 の投稿一覧

【注目】FOMC利上げ後には円高ドル安が進むジンクスあり

FOMC利上げ

FOMCの過去実績として、利上げ決定後にはドル安や日本で株安と円高が進むジンクスが目立っており、今回も円高ドル安の方向性が予想されます。

現在の米国では、景気減速やインフレ再低下、トランプ政権の政策停滞が懸念され始め、FOMC声明やイエレン議長会見での慎重スタンス(ハト派)がドル安要因として警戒されやすい状況です。

今後のドル円相場の見通しについて詳しく解説します。

続きを読む

英ポンドドル予想 政治不安で一段安も。ポンドドルの売りに注目

イギリス政治不安

英ポンド売り継続でポンド/ドルは1.2720ドル台。市場では1.2500ドルを目指すとの予想の声が出ています。

株式市場からも英国の明るさを語る材料は出てきてないため長期的に英ポンド/ドルの売りを持つには良いタイミングかも知れません。

今後の英ポンドドルの見通しと予想について詳しく解説します。

続きを読む

ドル円予想 14日にFOMCなど重要イベント集中で急変か

ドル円FOMC

今週は、14日(水)に主要イベントが集中。5月の消費者物価指数(CPI)、小売売上高、連邦公開市場委員会(FOMC)が金融政策を決定します。

トランプ大統領のロシアゲート疑惑が円高リスク ですが、12日、13日、14日の東京市場(日中)までは落ち着いた相場が続くことが予想されます。

その辺の見通しについて詳しく解説します。

続きを読む

ドル円の円高リスク トランプ大統領のロシアゲート疑惑問題

トランプ大統領疑惑

コミーFBI前長官による議会証言は、事前の証言文書の公表で市場は既に相場に織り込み、結果的にノーサプライズでした。

しかし、これでトランプ大統領のロシアゲート疑惑  が終わったわけではありません。まだまだこれからサプライズが起こる可能性があります。円高に振れるニュースなので、まだまだ円高リスクはあります。注意してください。

その辺の見通しについて詳しく解説します。

続きを読む

2017年は10年に一度の経済パニックと大暴落が起こる?

大暴落

近年、西暦の末尾に7の付く年は経済パニック(金融危機)と夏枯れ相場や株価暴落と大波乱の歴史があります。

  • 1987年のNY株式市場「ブラックマンデー」
  • 1997年のタイ・バーツ暴落(アジア通貨危機
  • 2007年BNPパリバ・ショック

今年2017年も相場の急変動や株価暴落などの経済パニック(金融危機)、特に夏枯れ相場、七夕天井に要注意です。

続きを読む