2017年 5月 の投稿一覧

米FOMC議事録でドル円111.5から112.6円を予想

FOMC議事録

本日は4月FOMC議事録の発表、ドラギECB総裁やプラート理事などECB高官発言に注目。

4月FOMC議事録は、6月利上げは織り込み済みとして、経済見通しに注目が集まっています。従来通りの強気判断が踏襲されればドルの反発が期待されます。

その辺の状況と見通しについて詳しく解説します。

続きを読む

ドル円はFRB幹部講演や24日のFOMC議事録に注目

FOMC議事録

今週の為替市場での注目は米FRBによる金融政策の先行き動向です。

24日のFOMC議事録などでは「年内残り2回の利上げと年後半からのバランスシート縮小論議」の方向性が再確認される可能性も消えていなく、その場合は中長期でのドルの押し目買いが予想されます。

その辺の状況と見通しについて詳しく解説します。

続きを読む

北朝鮮が弾道ミサイル発射も為替市場への影響は限定的

北朝鮮弾道ミサイル発射

北朝鮮が弾道ミサイルを発射したとの報を受け、22日早朝にドル円は一時111円台を割り込むが、午前9時を過ぎるとドル円は111円60銭近辺まで上昇。

北朝鮮の再三再四繰り返される挑発行為に市場は辟易。市場の反応は限定的でした。

その辺の状況について詳しく解説します。

続きを読む

トランプ大統領の政治リスク長期化でドル円市場は静かな動きか

トランプ大統領

トランプ米大統領の政治リスクは長期化の様相を呈しており、しばらくドル円市場の動きは限定的になりそうだ。との見方が市場に出ている。

一方で、米経済の勢いは強くドル高の勢いが市場にはあるため、円高に大きく振れる可能性は少ないだろうとの見通しです。

その辺の見通しについて詳しく解説します。

続きを読む

ドル円市場は110.5~112.5円のレンジ相場を予想

ドル円レンジ相場

ドル安という基調そのものは継続しているものの、このまま円高進行との見方は少なく、しばらく、110.5円から112.5円ぐらいまでのレンジ相場になる可能性もあります。

市場では、円高に大きく振れる可能性は少ないだろうとの見通しです。 

その辺の見通しについて詳しく解説します。

続きを読む