2015年 5月 の投稿一覧

あなたのブログを人気ブログにする「一番搾り理論」とは?

 

あなたのブログが人気ブログになるかどうかは
実は、ブログを始める時点ですでに決まっている
という事実をご存知ですか?

もし、あなたのブログが閑古鳥状態ならば、
まず次のことをやってみてください。

それだけで、あなたのブログは今までとは
全く別のものになりますから…。

「ブログを始めるときはターゲットを絞る」

といういことを、
私が別途発行している会員制メルマガでは
以前話したことがありますが、

どうもみなさんの反応を見てると
私の伝いたいことが伝わってないなぁ~
と感じたので、
今日はもうちょっと詳しく話したいと思います。

まずはじめに、
「ブログを始めるとき」
って、どんなジャンルにするか
ってのを考えますよね?

※ブログだけでなく、メルマガを始める時も同様ですので
今から、メルマガをはじめよう!と思っている人にも
とっても役立つ内容ですから真剣に読んでくださいね。

例えば、分かりやすくするために、
そのジャンルを「サッカー」としますね。

ただ、
「サッカーが好き!」
という人はたくさんいますので、
「サッカー」で検索してみても
星の数ほどサイトが存在します。

そこで、「ターゲットを絞る」
ということを考えてみましょう。

これは、
できれば紙に書くと頭の中が整理されるので
お勧めです。

紙とペンを用意したら、
早速はじめましょう!!

まず、大きなターゲットを考えます。

「Yahooニュースなどでサッカーの話題を読む人」
が100万人いたとします。

そこから、もう少し絞り込んで考えると・・・。

「本田選手や香川選手の結果が知りたい人」
が50万人ぐらい
という感じかな?

それをさらに絞っていくと、

「バルサやレアルの結果が知りたい人」
が20万人ぐらい

「グアルディオラやシメオネの戦術が知りたい人」
が2万人ぐらい・・・

※「グアルディオラ」や「シメオネ」というのは
某クラブの監督です。

ここまで読んで、なんとなくイメージが分かったと
思うけど、
つまり、こういうことです。

まず、大きなターゲットを考えて、
そこから少し小さいターゲットの円を考える。

そして、それをさらに小さく。

さらに・・・小さく。

この繰り返しです。

これを私は「一番搾り理論
と読んでいます。

その時、一緒に仮の数字で構わないので、
●●人とターゲット想定人数を
書いておくと、ターゲットの円の大きさが
イメージできるので頭の中を整理するのに
分かりやすいですよ!

ちなみに、先程、例に挙げた
「グアルディオラやシメオネの戦術が知りたい人」
というターゲットに向けたサイトは
現状存在しませんが、

それに近いサイトは既にあって、
私はそのサイトのファンです。

そのサイトには、
コメントも良質なものが多く、
本当に熱狂的なサッカーファンが
集まっているなぁ~というのが伝わってきます。

本当にマニアックなサッカー戦術とか
テクニックについて知りたい人が集まって来ていて
とても素晴らしいコミュニティなのです。

なので、読んでいて「とても楽しい」のです。

だから、他の記事を読みたい!
今度アップされる最新記事が待ち遠しい!
という状態になり、
知らずのうちにリピーターになっていました。

もし、あなたが
ブログやメルマガを始めるなら、
目指すのはここです。

ターゲットを絞ることで、
あなたのブログに書かれた情報を読みたい読者が
集まるわけです。

つまり、熱狂的なファンですね。

では、なぜ?熱狂的なファンを獲得することが
重要なのか?

それは簡単です。

熱狂的なファンがいれば、
その後は、あなたのしたいことが何でもできるからです。

例えば、
オフ会を開いて交流することもできます。

サッカーの観戦ツアーだってできます。

あなたがお勧めのDVDや本を紹介して
アフィリエイト報酬を得ることも可能です。

サッカー雑誌から、コラムを書いてくれ
と言われるかもしれません。

将来的には、出版社からオファーを受け
本を出すことだって夢ではありません。

講演を頼まれるかもしれません。

このように、
単なる趣味の延長からはじめたブログを通じて、
貴重な友人を得ることができるかもしれません。

ビジネスに発展していくかもしれません。

その第一歩があなたのブログなのです。

でも、熱狂的なファンがいなかったらどうでしょう。

「オフ会やりま~す!」

とブログにアップしたのに、
申し込み者はゼロ・・・。

「これ、お勧めで~す」
と紹介しても誰も反応してくれない・・・。

世の中のブログはみんなそんなものです。

では、なぜそうなるのか?
理由はもう分かりますよね。。。

ブログがただの日記になっていて、
そもそも面白くない

つまり、ターゲットが絞れていないから、
そういうことになってしまうのです。

一番搾り理論

すごく重要なので、
忘れないでくださいね!!

 

 

 

 

 

 

悪質極まりない商法をするあいつにご注意!!

前回のメルマガを読んだ方から、

「そんな失敗をしていたなんて意外でした」
「私もがんばろう!と勇気をもらいました!」

などの返信をたくさんいただきました。

ありがとうございました。

前回は、お金に関する失敗を書いたので
ビックリしたかも・・・ですが。

失敗といっても、私の場合、お金だけでなく
ビジネス上の失敗も数知れません。

恥ずかしくて書けないようなことも多いです。

はっきり言って、
格好良い人間ではありません。

特に20代前半の頃は会社の中では
人前で格好つけようとばかりしていました。

プレゼンを格好良く決めたくて、
見た目の良い資料を作るためにパワーポイントを
毎晩寝る時間を削って勉強しまくったり、
セミナーにバンバン通って、
プレゼンの技を盗もうとしたり…。

でも、
そういう中身の伴わない上辺だけの人って、
逆に格好悪いんだなぁ~…。
って20代の後半になってやっと気づきました。

プレゼンの内容が伴ってないで、
ただ、パワーポイントで作る資料のデザインとか
ページめくるときに「キラッ」って光る視覚効果とか…。

そんなのを見て「かっちょいい~」とか

…はっきりってアホでした。(笑)

見た目だけにこだわって。
実は中身がない。

これって人間もそうですが、
商品だって同じですよね。

パッケージデザインだけ良くて、
味はまずい炭酸飲料とかね。

もう、ダメって感じ。

そういうことが分かって自分の行動を変えた途端、
周りの人の私の見る目が変わりました。

いろいろな人に助けてもらえるようになり、
成果も急激に上がるようになり、
お客さんからも評価されるようになりました。

もちろん、その時もいっぱい失敗はしました。

でも1つ言える大きな違いは、
20代前半の人前で格好つけようとばかりしていた頃は
失敗しても失敗してないような態度だったし、
どこか他人の責任みたいな振る舞いだったような気がします。

最低ですね。。。

でも、その最低な自分に気づいてからは、
失敗したらそれを認め誤り、
迅速に真剣に解決に取り組む。

例え自分のミスでなくとも、
プロジェクトメンバーの失敗は自分の失敗と考え、
一緒になって解決に取り組むようになり、
泥臭いと思える仕事も進んでやるようになりました。

で、そこで得られたのが
自分の成長を感じることだったり、
自信だったり、周りからの信頼でした。

順番はいろいろなのかもしれませんが、
同じ会社の仲間から信頼されるようになったことで
私の人生観は大きく変わったんです。

そして、この時の大きな経験は
今でもすご~く役立っています。

なぜなら、「信頼」というのは
リアルビジネスだけでなく
ネット上のビジネスでも重要。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
だからです。

「そんなの知ってるよ!」

とあなたは言うでしょうが、
世の中には結構分かってない人が多いんだな。
これが…。

例えば、

「今年の忘年会は…」
「来週の合コンは…」

こんなふうに、
店を探すときって食べログで、
レビューを読むよね?

評価が高ければその店にするし、
評価が低ければ予約しないでしょ?

Amazonで本を購入する時、
レビューを読むよね?

評価が高ければ安心して購入するし、
評価が低ければ買わないかもしれない。

そうなんだよね。

私たちは、レビューという口コミによる
「信頼」を頼りにして知らずのうちに、
購入を決めたりしている。

これをアフィリエイトに応用したのが、
レビューサイト。

数年前に、これが一気に流行りだし、
レビューサイトが乱立したんだけど、

そのうち、競争が激化し、
詐欺的な商材を好レビューして成約につなげるという
悪質極まりない商法をする輩が出現しちゃって問題に。

そして現在でもレビューサイト同士による
競争は続いていて、それら競合と差別化できない
サイトは結果が出ていない
というのが現状なんだよね。

まっ、そりゃそうだ。

「食べログ」と同じようなサイトが
いくつもあったって
ユーザーには必要ないわけで

ユーザーにとっては
「食べログ」だけで十分なわけです。

じゃぁ、アフィリエイトで成功している人って
どうしているのか?

そこにヒントがあるわけです。

キーワードは「信頼」。

なぜなら、あなたのことを、
「信頼」してくれたお客さんは
また、あなたから商品を買ってくれます。

だから、どうやったら
お客様に「信頼してもらえるのかなぁ~」
ということを考えてみればいいんです。

単純に言えば、

お客様に満足いただければ、
次も、あなたから商品を買ってくれます。

それは、単純に「良い商品を勧める」
ことだけではありません。

※もちろん「良い商品を勧める」のは当然のことで、
それにプラスアルファで何が必要か?
という話を今してるんです。(笑)

具体的にどうすればいいか分かりますか?

1日時間をとるので、
通勤の電車の中とか、
昼休みにランチの順番待ちしている時にでも
少し考えてみて下さいね。

それでは、また次回!

楽しみにしていてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

広告費100万円を使って販売開始、その結果は…?

 

失敗して泣いてもいい。

そこで下を向かずに
勇気を振り絞って挑戦を続ければ、いつか涙も笑い話になる。

だから、くよくよしていても
しょうがないんですよ。

私はよく、何でも成功している人と思われているようですが、
そんなことはありません。

何度も失敗しました。

お金を無駄にしてきたし、

「あぁ~お金だまし取られた…。」

という経験も実は何度もしています。

これまで何度もメルマガなどで話してきてますが、
私は今までいろいろな研究をしてきました。

ネットで調べたり、
本を読んだり、
セミナーに行ったり、
そこで得た知識を実際に
ほとんどというぐらいテストしてきました。

中には、全く役に立たないような知識をもあったし、
そんなものが、有料で販売されていたりします。

いろいろ無駄なお金も使いましたし、
これで完璧!!
と意気込んで、広告費を100万円ぐらい使って販売した商品が
10万円分ぐらいしか売れずに、
頭の中が真っ白になったこともありました。

あの時はきっと調子に乗ってたんでしょうね…。

当時は冷静にやっていたつもりだったし、
自信もたっぷりだったんですが、

今考えれば、「その自信が過信」であり、
「落とし穴」だったんでしょうね。

私が別途発行している会員制メルマガでは
以前話したことがありますが、

広告を使うときは、できるだけお金をかけずに
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
スモールスタートすべし!!!

と口を酸っぱくしてアドバイスしているのは
私自身の痛い体験によるものなんです。

失って気づく。

まぁ、そういうことですね。

でも、100万円は痛かったなぁ~。。。

これ本音です。(笑)

でも、高い授業料にはなりましたが、
あれ以来、広告に対する感覚というか
センサーはかなり鋭くなりました。

トータルで見れば、
その後に700%強のリターンをたたき出す
広告に出会ったり、

ピークはだいぶ過ぎましたが、
それでも5年間ほど継続して300%以上の
成果を出し続けている広告もあります。

別に自慢をしたいのではありません。

私が言いたいのは、
失敗してもそこで諦めないで続ければ、
いつか花は咲くということです。

失敗して諦めたら、
それまでにかけたお金、時間を失います。

それだけじゃありません。

その挑戦に関わってくれた人が多ければ多いほど、
例えば、取引先、パートナー、上司、同僚…。
あなたの事を陰ながら見守ってくれた人。

全ての人たちの好意も無駄にすることになるかもしれません。

だから、失敗しても全てを投げ出すようなことを
しないでください。

例えば、あなたがブログを始めたとします。

でも、思うように上手くいかず、
アクセスも集まらない。
記事も書けない。

だからと言って、
あなたは何も得るものがなかったのでしょうか?

いいえ、違います。

ブログを始めたことで、
どんなブログサービスがあって、
どういう仕組みでアクセスが集まって、
検索エンジンとの関わりとか、
どうやって収入を得ることができるのか?とか
なぜ、芸能人はアメブロが多いのか?とか

今まであなたが知らなかったことが
学べます。

それって、あなたの隣の家の奥さんは知りません。
あなたの会社の隣の席の人も知りません。

そういう新しい情報や知識をあなたは得たのです。
素晴らしい成長じゃないですか!!!

そして、それが1年後に役立つかもしれません。

次、ブログを始める時だけでなく
メルマガやSNSや物販など、
あらゆるネット上でのビジネスに役立つスキルなのです。

だから、ブログで思い通りの成果が出なかったからと言って、
諦めないでください。

アフィリエイトをして結果がでなくても
諦めないでください。

あなたの経験は、絶対に将来役に立ちます。

今は時間的に苦しいかもしれませんね。

どうしても、モチベーションが上がらない時もあります。

体がだるくて、それどころでは無いよ!
という状況かもしれません。

でも、あきらめて全てを投げ出すようなことは
しないでください。

勇気を振り絞って挑戦を続ければ、
いつかこの苦労も笑い話になる。

だから、少しずつでいいんです。

コツコツでいいから、
あなたのペースでいいから

毎日1mmでもいいから
成長できた!
と思えたらそれで十分です。

一緒に、みんなでがんばりましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セールスしてないのに、 あなたのサイトからモノが売れだす! バンバン、アフィリエイト報酬があがる方法

 

セールスしてないのに、
あなたのサイトからモノが売れだす!
バンバン、アフィリエイト報酬があがる。

こんな状態になったら最高でしょ?

多くの人が、そんな状態を夢見ているけど、
実際には、何も戦略もないから、
そんなことは夢物語で終わっちゃうんだよね。

でも、これから話すことを知っているだけで、
あなたも将来、
一切、ブログやメルマガでセールスしてないのに、
モノが売れだす!
毎日のように、アフィリエイト報酬があがる。

そんな世界が現実のものとなる。

だから、これから話す内容を
しっかり読んで、頭に叩き込んでくださいね。

突然だけど、
この言葉を聞いたことってある?

「売った後が仕事のはじまり」

これはリアルビジネスだけでなく、
ネットで商品を販売している人や
アフィリエイトの世界でも
実は、同じなんですよ。

なぜなら、商売というのは信用が大事であり、
「その人がお勧めしてくれるから安心して買う」

という状態になった時、
私たちは、もはやセールスをする必要がなくなるから
なんだよね。

つまり・・・

お客様のアフターフォローをして
あなたがお客様に信頼されるようになるまでが
私たちが力を思いっきり注ぐべき時ってこと。

お客様が
「損な買い物したな・・・」
とか
「あいつに変なもん買わされたな・・・」
と思ったら最後、
もう二度とあなたのところには
戻ってきてくれないよね?

だから、私たちは、
お客様が
「お得な買い物したな・・・」
とか
「あなたから買って良かった・・・」

と思ってもらえるような努力をしなくては
ならない。

お客様に満足いただければ、
次も、あなたを信じてオススメ商品を
買っていただけるわけだし。

そういうお客様を一人でも増やすことに
全力投球するべきで、

時間も、頭もフル回転して、
「どうやったらお客さんに喜んでもらえるかな・・・」

ってことを考えるように
すればいいんです。

私の場合、以前いたIT業界でこんなことがありました。

IT業界のシステム構築というのは、
4~5年ぐらいのサイクルがあって、
住宅に例えると、
新築の家を、4~5年ごとに建て替えるような
感じになるんだよね。

だから、現システムを構築した会社が有利???

って当然思うよね?

でも、
そうは簡単にいかないのが、IT業界・・・(笑)

4~5年の付き合いの中で、
「サポートが悪い」
「値段が高い」
「技術者のスキルが…」

などなど、
不満がいっぱいでてくるわけで、
お客様側と、請け負ったIT企業の担当者間の関係が
こじれて最悪・・・。

というのも「あるある」なんだよね。

でも、
「これってどうにかならないんですかね…?」

って当時、尊敬する上司のYさんに聞いた時に
教えてもらったのが、

「売った後が仕事のはじまり」

という言葉。

お客さんの担当者のところに用事が無くても
月に何度か顔を出して
「何か困ったことありませんか?」
って聞いて回ったり、

トラブルの時には迅速に駆けつけて、
こちらに非がなくても決して逃げないで真摯に対応する。
そういう姿勢が大事なんだよ。

って教えてもらったんです。

まぁ、私はバカなんで、
「あぁ~、そういうもんなんっスかねぇ~・・・」
とか言いながら、

その言葉の本質を当時は全く理解して
いなかったんだけど(恥ずかしい…)

まぁ一応、素直な方なんで、
尊敬する上司のYさんの教えを忠実にまもっていたわけ。

そうしたら、
最初に担当していた2000万円の案件の更新が決まり、

その時の担当者さんが異動して、
新規事業のIT選定の際に指名してもらえて、
1億円の案件が決まり
(なんと、この案件は最終的に4年間で13億円の受注に大化け!)

そして、その方の紹介で関連子会社のIT担当の方から
5億円の新規案件を、ほぼ競合無しで受注したり…。

「売った後が仕事のはじまり」

の教えを忠実に守ることで、

リピート購入(2000万円の案件の更新)があり、

さらに、
リピート購入(4年間で13億円の新規案件)が決まり

そして、
口コミ販売(5億円の新規案件)

に繋がったのです。

この経験で、一番驚いたのは、
紹介で受注につながった5億円の新規案件。

通常、これだけの金額規模だと
競合多数でコンペになるんだけど、
お客様側で選定の時間が殆どなかった
という理由で、紹介(口コミ)で
受注が決まっちゃったんだよね。

この時は、さすがに上司や同僚だけでなく、
全然知らない隣の部署の人からも
どうやって受注したの??

と問い合わせがハンパなかったなぁー(笑)

この時の経験を
今のネット販売やアフィリエイトでも
いかしています。

考え方は、
リアルビジネスでもネットでも同じなんだよね!

すっごくシンプル。

気を付けていることは

お客様が
「お得な買い物したな・・・」
とか
「あなたから買って良かった・・・」

と思ってもらえるようにすること。

常にそのことばっかり考えてる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お客様に満足いただければ、
次も、私から買っていただけます。

だからいつも
「どうやったらお客さんに喜んでもらえるかな・・・」

ってことばかり考えてるんです。

ただ、頭で考えても疲れて何も浮かばないこともあるし、
そもそも、私は天才ではないので、
そんな時には、あることをして、

「お客さんに喜んでもらえること」

を簡単に見つけています。

ちょっと長くなったんで、
その方法は、また次回に話しますね。

 

 

 

 

 

 

 

「泉谷しげる」さんを見て思い出すこと

あれは確か20代の頃だったかな?

取引先に、
顔が「泉谷しげる」さんにそっくりで、
キャラもおんなじ感じで
いつも真っ赤な顔して怒鳴っている。

そんな方がいたんです。

打ち合わせの時とか
本当に怖くって、
いつも怒られていた・・・

テレビで「泉谷しげる」さんを見ると
いまだにその方を思い出すんですね。

もう、半分トラウマ・・・(笑)

その後、プロジェクトも終了し、
5年ぐらい会っていなかったのですが、
異動の異動で私が出入りしている部署のワンフロア下に
戻られたという噂。

でも、本当に怖い方なので、
取引がなくなった後に会いにいくのは
正直「ちょっと嫌だな」って思ってたんだけど、
同じビルにいるわけだし、
どこかでまた会うかもしれないし・・・。

ということで、
半分ビビりながら、
特に用事もないのに挨拶に行ったんです。

そしたら、
実際にあってみると、あら不思議。

いままで見たことないような優しい笑顔で
「来てくれて、ありがとう~~」
ってニコニコしながら言ってくれて。

あれは本当に驚いたな~。

それから、何度か時間があるときに
会いに行ったんだよね。

ホントに何も用事がなかったので
最近お忙しいですか?とか
お子さんは元気ですか?とか
最近ゴルフやってますか?とか

ただ、そんな雑談だけしに。

でも、いつもすっごいニコニコして、

「忙しいところわざわざ来てくれてありがとう!」

と言って、すっごく喜んでくれる。

当時はなんで、こんなにも喜んでくれるのかな?
と不思議に思っていたんだけど、
最近になってから、ようやく答えが分かりました。

つい先日。

2年前に仕事をしたAさんが
突然、私の事務所にやってきたんです。

別に仕事の用事があるわけでもないのに、
「ちょっと近くまで来たんで…」
って言って、
わざわざ自分に会いに来てくれたんです。

お互いの近況を話したり、
たわいのない雑談をしただけなんですが、
Aさんが帰った後、すごく嬉しい気持ちになったんです。

「わざわざ自分に会いに来てくれた」

そのことが、とっても嬉しくて、
心にジーンときたんです。

きっと、あの「泉谷しげる」さん似の部長さんも
同じ気持ちだったのかもな・・・。

インターネット社会になって、
人と人とのつきあいが薄くなってきているなぁ~
と実感することの多くなった現代ですが、
やはり、仕事の場において
特に大きな(金額が動く)案件であればあるほど
最後に重視されるのは人間関係であるので、
個人の信用力というのは
ますます重要だなぁ~と感じました。

 
実は、この話には続きがあって、

その5年後…、

この「泉谷しげる」似のおじさんのお力で
10億以上の案件を受注することになるんですが、
その話はまた次の機会に。