新しいオプトインの仕組みを思いつきました


これオプトインの仕組みとして

効果的かも!っていう発見があったので

いちおう共有したいと思います。

 

※まだ、何もテストしてないし結果も出てないですが・・・

 アイディアの共有として!()

 

 

アメブロを見ていて、

こんなページに遭遇したんですが、

 

アメブロ この記事はアメンバーさん限定です

 

 

具体的には、

あるスポーツのブログで、

試合の詳細レポートのページを見たくて

クリックしたら

このページが表示されたんです。

 

私は思わず、見たい!!!

と思い、すぐにメンバー申請しました。

 

 

そのとき「あっ!」と思ったのですが、

これオプトインに使えるかも。ってビビッてきたわけです。()

 

 

イメージとしてはこんな感じ。

この図のような「メンバー申請」の画面を

オプトイン画面にするんです。

「詳細はこちらに登録するとメールで届きますよ!」

って感じかな。

 

 

こうすると、

確実に濃い見込み客層のリストが手に入り、

メルマガでいつでも情報発信できますね。

 

 

こんな感じで、普段ぼーーーっとブログ見てますが、

たまに・・・は、こんなアイディアに思い当ることもあります。()

 

 

アフィリエイトをしている人のブログで多いのが、

無料オファーでメルマガ登録をごり押ししているパターン。

 

一時期、情報商材のノウハウとして流行したので、

今でも定番中の定番です。

もちろん、効果も実証済みですし王道の方法です。

 

ただ、最近は見慣れてしまった感があり、新鮮味がありません。

読者もバカではないので、オファーだけ手に入れてメルマガは即解除。というパターンが結構増えているのも事実。

 

あなたも経験ありませんか?

 

いくつかの無料オファーをまとめて請求。

バラバラとメールが届くけど、「この人誰?」状態。。。

 

とりあえず、無料オファーだけダウンロードして、おしまい。

その後は、一切届いたメルマガ読んでません!

 

ってな感じじゃありませんか?()

 

 

例えば、雑誌でも同じようなことが起きています。

 

数年前から女性ファッション誌では、トートバッグやポーチが付録についたりして少しでも販売を増やそうという戦略が流行しました。そしてそれは、一定の効果があったため男性誌でも同じ現象が広まりました。

 

女性向けファッション雑誌sweet(スウィート)

 

しかし、付録欲しさに雑誌を購入した人は、リピーター(定期購入者)にはなりません。なぜなら、雑誌は中身が面白く、また次回も読みたい!と思わなければリピーター(定期購入者)にはならないからです。

 

一方、ジャンプなどの漫画雑誌では、付録などつける必要はありません。

なぜなら、中身のコンテンツ(漫画)で勝負しているからです。

 

掲載されている漫画。例えば、ワンピースの続きが見たい!!!からリピーター(定期購入者)になっているからです。あなたもそうですよね?

 

 

つまり、

このオプトインの方法の場合は、付録で読者の興味を引いているのではなく、

次の記事が読みたい!という読者の気持ちに火をつけているので、読者はこのような行動をおこします。

 

●次の記事が読みたい!

   ↓

●そのためにはメルマガ登録

   ↓

●メルマガを楽しみに待つ

 

どうですか?

こうすることでメルマガの精読率が一気に上るのです。

 

無料オファーでリスト登録を促すやり方よりも効果が高い。

というのは、これを見ればすぐに分かりますよね?

 

無料オファーが欲しい読者は、付録が欲しくてファッション誌を買うのと同じ。

しかし、この場合は、付録ではなくコンテンツ。つまり、ワンピースの続きが読みたくて購入しているからリピーター(定期購入者)になる。

 

これはつまり、顧客の心理として、無料オファーもらったらメルマガは即解除。という行動に繋がる。しかし、今回のようにコンテンツ(記事内容)興味での登録なら、メルマガは解除されない。というわけです。

 

「続きが読みたい!」という読者の心理の流れに沿って、自発的にメルマガ登録するわけですから当然といえば当然なんですが。

 

 

このように、ちょっと、その辺を意識してオプトインの仕組みを考えるだけで

ライバルと大きく差をつけられますよ!

 

ぜひ、やってみてくださいね。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*