悪質極まりない商法をするあいつにご注意!!


前回のメルマガを読んだ方から、

「そんな失敗をしていたなんて意外でした」
「私もがんばろう!と勇気をもらいました!」

などの返信をたくさんいただきました。

ありがとうございました。

前回は、お金に関する失敗を書いたので
ビックリしたかも・・・ですが。

失敗といっても、私の場合、お金だけでなく
ビジネス上の失敗も数知れません。

恥ずかしくて書けないようなことも多いです。

はっきり言って、
格好良い人間ではありません。

特に20代前半の頃は会社の中では
人前で格好つけようとばかりしていました。

プレゼンを格好良く決めたくて、
見た目の良い資料を作るためにパワーポイントを
毎晩寝る時間を削って勉強しまくったり、
セミナーにバンバン通って、
プレゼンの技を盗もうとしたり…。

でも、
そういう中身の伴わない上辺だけの人って、
逆に格好悪いんだなぁ~…。
って20代の後半になってやっと気づきました。

プレゼンの内容が伴ってないで、
ただ、パワーポイントで作る資料のデザインとか
ページめくるときに「キラッ」って光る視覚効果とか…。

そんなのを見て「かっちょいい~」とか

…はっきりってアホでした。(笑)

見た目だけにこだわって。
実は中身がない。

これって人間もそうですが、
商品だって同じですよね。

パッケージデザインだけ良くて、
味はまずい炭酸飲料とかね。

もう、ダメって感じ。

そういうことが分かって自分の行動を変えた途端、
周りの人の私の見る目が変わりました。

いろいろな人に助けてもらえるようになり、
成果も急激に上がるようになり、
お客さんからも評価されるようになりました。

もちろん、その時もいっぱい失敗はしました。

でも1つ言える大きな違いは、
20代前半の人前で格好つけようとばかりしていた頃は
失敗しても失敗してないような態度だったし、
どこか他人の責任みたいな振る舞いだったような気がします。

最低ですね。。。

でも、その最低な自分に気づいてからは、
失敗したらそれを認め誤り、
迅速に真剣に解決に取り組む。

例え自分のミスでなくとも、
プロジェクトメンバーの失敗は自分の失敗と考え、
一緒になって解決に取り組むようになり、
泥臭いと思える仕事も進んでやるようになりました。

で、そこで得られたのが
自分の成長を感じることだったり、
自信だったり、周りからの信頼でした。

順番はいろいろなのかもしれませんが、
同じ会社の仲間から信頼されるようになったことで
私の人生観は大きく変わったんです。

そして、この時の大きな経験は
今でもすご~く役立っています。

なぜなら、「信頼」というのは
リアルビジネスだけでなく
ネット上のビジネスでも重要。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
だからです。

「そんなの知ってるよ!」

とあなたは言うでしょうが、
世の中には結構分かってない人が多いんだな。
これが…。

例えば、

「今年の忘年会は…」
「来週の合コンは…」

こんなふうに、
店を探すときって食べログで、
レビューを読むよね?

評価が高ければその店にするし、
評価が低ければ予約しないでしょ?

Amazonで本を購入する時、
レビューを読むよね?

評価が高ければ安心して購入するし、
評価が低ければ買わないかもしれない。

そうなんだよね。

私たちは、レビューという口コミによる
「信頼」を頼りにして知らずのうちに、
購入を決めたりしている。

これをアフィリエイトに応用したのが、
レビューサイト。

数年前に、これが一気に流行りだし、
レビューサイトが乱立したんだけど、

そのうち、競争が激化し、
詐欺的な商材を好レビューして成約につなげるという
悪質極まりない商法をする輩が出現しちゃって問題に。

そして現在でもレビューサイト同士による
競争は続いていて、それら競合と差別化できない
サイトは結果が出ていない
というのが現状なんだよね。

まっ、そりゃそうだ。

「食べログ」と同じようなサイトが
いくつもあったって
ユーザーには必要ないわけで

ユーザーにとっては
「食べログ」だけで十分なわけです。

じゃぁ、アフィリエイトで成功している人って
どうしているのか?

そこにヒントがあるわけです。

キーワードは「信頼」。

なぜなら、あなたのことを、
「信頼」してくれたお客さんは
また、あなたから商品を買ってくれます。

だから、どうやったら
お客様に「信頼してもらえるのかなぁ~」
ということを考えてみればいいんです。

単純に言えば、

お客様に満足いただければ、
次も、あなたから商品を買ってくれます。

それは、単純に「良い商品を勧める」
ことだけではありません。

※もちろん「良い商品を勧める」のは当然のことで、
それにプラスアルファで何が必要か?
という話を今してるんです。(笑)

具体的にどうすればいいか分かりますか?

1日時間をとるので、
通勤の電車の中とか、
昼休みにランチの順番待ちしている時にでも
少し考えてみて下さいね。

それでは、また次回!

楽しみにしていてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*