今年は・・・このジャンルが狙い目!!


 

「新しいものは稼げる」

 

この言葉を聞いて、意味が分かる人はビジネスセンスありますよ。()

 

 

例えば・・・、

2015年だとLINEのスタンプ。スマホのアプリ。

 

これらは、個人でもできるし店舗もいらない。つまりお金があまりなくても始められる手頃さが最大の魅力なわけです。

誰でも始めることができるので無限の可能性を秘めています。

 

他に「新しいもの」と言って思い浮かぶものは何でしょうか?

 

例えば、飲食業。

 

毎年のように「新しいもの」が出てきますが、しかし逆に消えるのも早い。店舗や人件費も必要になるので正直その分リスクも高くなります。

そういえば、生キャラメル、白いたいやき・・・。一時は凄い人気でしたが、今では・・・?って感じ。

 

 

リアルの世界だと「便利屋」なんかは業者も徐々に増えてきましたが、まだまだ需要が見込めるので、いくらでもやり方次第で稼げると思います。

 

依頼で多いのは、不用品回収らしいのですが、

昔と違い、今では(特に東京都内では)不用品を処分するのが大変です。そういう時代背景から生まれた新しいビジネスです。

 

「便利屋」というぐらいなので、代行サービスの需要も多いらしく、花見や花火の場所取り、チケット発売日の行列とかも。

なので、リピート客をつかみやすいビジネスでもあり、口コミが広がりやすいビジネスでもあるわけです。

 

その特徴を生かすために、新規客を手間なく獲得できれば安泰とも言えます。(それがみんな出来ないから苦労しているわけですが・・・)

 

もし私だったら、商売のエリアを団地など高齢者の多いエリアに絞る。その方が代行などのニーズも多いからです。

 

そしてまず、団地の管理者と話して、「●月×日10時から無料で先着10名に不用品回収」というイベントを団地の庭でやらしてください。とお願いしますね。

そしたら、早速、団地の掲示板に告知ポスターを貼ります。

 

そして、当日無料で「不用品回収」した帰り際に、そのご家庭でサービス内容を分かりやくまとめたチラシを渡して「こんなこともやってますよ」というのを認識してもらう。そして「怪しい人じゃない」ってことを分かってもらう。もっと分かりやすく言うと信用をもらうってことですね。

 

そういったイベントを何度かやらせていただいて、その団地内での信用を作っていく。もちろん、最初は無料でやるのでお金は1円も儲かりません。というか赤字です。

 

でも、ここで作った信用があれば、その後、リピートで仕事も入るし、何より口コミからの新規顧客が期待できます。

 

どうみたって、「便利屋」のチラシをポストに入れてもただ「怪しい」って思うだけで、よっぽどのことが無い限り、ふつう声なんて書けませんよ。特に主婦の方は。

 

だからまず、最初は赤字でもいいから「便利屋」の良さを知ってもらう。「怪しくない人」だと分かってもらう。そして信用をもらう。

「ちゃんとした人なんだ」「怪しい仕事じゃないんだ」「けっこう便利そう」そういう評価をもらえれば、仕事はあとからいくらでもついてきます。

 

 

あと、最近だと、スーパーやコンビニで日用品の宅配をしているところも多いですよね?そういうスーパーなどの責任者に会って、チラシを宅配時に同封してもらえないか?と私だったらお願いしてみますね。ダメもとで。

 

でも、ふつうは同封してくれと言ってもOKは出ないと思うので、そこはインセンティブとして、「便利屋」への依頼があったら、売り上げの30%を紹介料としてスーパーさんにお支払いしますよ!という契約をすれば、協力してくれるかもしれません。

 

この宅配に私が注目したのには理由があります。

日用品を宅配するってことは、つまり、買い物が年齢や健康上の理由で面倒だったり、仕事が忙しくて時間が無い。という可能性が高い。つまり「代行」のビジネスのチャンスがありそうなご家庭なわけです。

 

また、お客さんからの視点でみれば、いつも利用しているスーパーからのチラシなので、「便利屋」がポストに勝手に入れたチラシよりも信用度が高い。というのは言うまでもありません・・・。

 

このように、「便利屋」の場合、ライバルとなる競合の業者がまだまだ少なく、ビジネスの内容も「代行」という世界のため「お客さんのニーズにあわせて」無限の可能性があるわけです。

 

 

逆に、「タクシーの運転手」はどうでしょう。

すでに東京都内ではタクシーの数は飽和し、一人あたりの売り上げは減少傾向です。

ビジネスの内容は当然「お客さんを目的地まで運ぶ」というものであり、これ以上でもこれ以下でもありません。みな同じことをしているライバルが多数いるわけですから、売り上げが厳しいのは当然です。

 

 ※強いて言えば、「リムジン」や「高級外車」をタクシーにして車種で差別化するという作戦はアリかと思います。あと、ある社長さんが贔屓にしている個人タクシーは、電話で呼ぶと「おしぼり」と「キンキンに冷えたビール」を出してくれるそうです。そうやって固定客を掴むという戦略はナイスですね。

 

 

このように、昔からありライバルも多く飽和した業界は稼ぐのが難しいのは当たり前です。だからこそ、ライバルも少なく、ビジネススタイルもまだ確立していない「新しいものは稼げる」わけです。

 

それに加えて、LINEのスタンプ。スマホのアプリ開発などは、個人でもできるし店舗もいらない。パソコン1つあれば誰でも始めることができるわけです。この手軽さは最高に魅力的ですよね?

接客もいらないので深夜だろうと早朝だろうと関係なし。主婦が家事の合間の時間を使って、というのでもOK

誰でも気軽に始めることができるので無限の可能性を秘めているわけです。

 

アフィリエイトをはじめとしたネットビジネスだってそうですよ。

自宅にいながらパソコン一つで月収100万とか、一見すごい怪しい話に聞こえるしすっごく胡散臭いですけど、実際にはそういう人は少ないですが存在します。そのように普通に働いていても永久に届きそうもない金額を平気で手にしている人がいるのは、ネットビジネスがまだまだ新しく仕組みの確立されていない商売だからなんですよね。

 

メルマガでのアフィリエイトの場合、商売の理にかなっているのに、まだまだ世間一般にその手法は全く認知されていない。

この世の中には、アフィリエイトという言葉自体を知らない人がまだまだたくさんいるわけです。おそらく、世間の1%ぐらいの人しか知らないんじゃないかな?と思います。

 

だから当然といえば当然なんですが、儲かるのに、やる人が少ない、(できる人が少ない)となるとそりゃ儲かって当たり前です。

 

今まで私はいろいろなネットビジネスに挑戦してきました。失敗もたくさんしました。その失敗の連続の中でヒントをつかみ、結果を出すことに成功したビジネスもあります。

 

もちろん、そのまま失敗に終わって事業化しなかったものもあります。しかし、その経験は必ず他のビジネスをやるうえで活かされてきました。

 

じゃあ今、あなたがゼロの状態に戻ったなら何をはじめますか?

と聞かれたら、即答でこう答えます。「アフィリエイト」と。

 

もちろん。一般的に知られているような「アフィリエイト」の方法じゃないですよ。()

 

私がやっている「アフィリエイト」は、既に実績のある「アフィリエイト」の手法に私独自のアレンジをした「アフィリエイト」の仕組みです。

それも「完成」というわけでなく、今でも日々実験を繰り返して改善を続けているので、言わば日々進化している「アフィリエイト」の仕組みと言った方が良いかもしれませんが・・・。

 

「アフィリエイト」に関しては興味のある方向けに「メルマガ」にて情報を公開していますので興味のある方は登録しておいてください。

これを見て、真似て、アレンジすればいくらでも可能性は広がりますよ。読んでいるだけでも毎回すごく勉強になる!と評判です。

 

 

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*