なぜ忙しいサラリーマンでも成功するのか?


 

私は1年以上にわたり

何百人と言う人に教えてきたけど

やめてく人はたくさんいました。

 

「あ~、あともうちょっと頑張れば…」

っていうタイミングで諦めちゃう人を

本当にたくさんみてきました。

 

「みんな並の努力はする。あと一歩やるか、あと一回、あと一時間やるかどうかが勝負」

 

これは「野村克也」さんが

「野村の流儀」という本に書かれていた言葉です。

 野村克也野村の流儀

本当にその通りだと思います。

 

 

でも、何で途中で諦めちゃうのか?

これまで一生懸命頑張ってきたのに…。

ほんとにあと少しだったのに。

 

それぐらい、続けさせることって難しいんです。

 

では、どうすれば続けさせることができるのか?

というと、答えは結局

 

『実績を出させてあげる』

 

ことなんだと思います。

 

 

やめていく最大の理由は、

稼げないからです。

 

稼げるなら、やめません。

 

サラリーマンやっている人が多いですが、

夜しか時間無くても、

稼げてる人は絶対にやめません。

 

むしろ、楽しくって楽しくって

ウキウキしてますよ。みんな。

 

自分の力でお金稼げるって、

想像している以上に楽しいんですよ。

 

そして、あっという間に

稼げる金額が増えていくので

そりゃ楽しいに決まってます。

 

そのうち本業のサラリーマンの年収

超えちゃったりするんですから。

 

そうなると、

心にゆとりができる。

自分にも自信がつきます。

 

いつ会社クビになってもOKですからね。

 

すぐできる人、時間がかかる人、遠回りしちゃう人。

いろいろいます。

 

1を教えれば、10まで一気にいっちゃう人もいるし、

1から2。2から3。と丁寧に階段を1段ずつ上がりたい

という人もいます。

 

これ来週までにやっておいてください。

と言った宿題を、

その日のうちに終わらしちゃう人もいます。

 

時間のある人もいるし、無い人もいる。

 

そこを比べてもしょうがいないですよ。

 

あの人は私より後ではじめたのに、

もう稼いでいる。。。

 

なんてことを嫉妬したって、何にもなりません。

だから、そんなことやめましょうよ。

 

重要なのは自分が前向きにチャレンジできているか?

これです。

 

上手くいかなくて、

自分だけ結果が出なくて落ち込むことだってあるよ。

 

自分以外の選手が全員ヒット打って、10-0で大勝したのに、

自分だけヒット1本も打てない。

そんな日だってあるよ。

 

だけど、一生懸命練習して、マメが潰れるまで素振りして、

打席に立てば、いつかはヒットが打てるよね?

 

でも、打席に立つのをやめたら、

もう一生ヒットを打つことすらできなくなるんだよ。

 

やじゃない?

 

 

だから

「やめるんじゃないぞ!絶対にあきらめるな!」

私はそう何度も言い続けています。

 

 

経験上、結果を出す人っていうのは、

自分で分からないことはどんどん調べます。

調べれば分かるようなことを

私にわざわざ聞いてきません。

 

やる前から、

「分からない」とか「できない」とかは言いません。

まず行動してみる。

出来ることを精いっぱい頑張って、

壁にぶつかったら、質問してくる。

 

そうやって、あきらめないで何度でも打席に立つんです。

たしかに打席に立たなければ

アウトになってがっかりすることはないかもしれない。

でもヒットを打つ喜びを味わうことはできないんだよ。

 

だから、

私は何度も言い続けています。

「やめるんじゃないぞ!絶対にあきらめるな!」と。

 

あきらめなければ、

いつか必ずヒットは打てます!!

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*